レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 知識層と極右勢力との戦いはまだまだ続く

知識層と極右勢力との戦いはまだまだ続く

外圧に弱いと言われる日本ですが、テロ特措法が失効する程度で首相が辞任に追い込まれるものなんでしょうか?
どうも週刊現代の報じている安倍晋三脱税発覚説が辞任の大きな原因のような気がします。

自民党総裁選は麻生太郎と福田康夫の一騎打ちですが、下馬評では福田康夫の圧勝だとか。
私としては福田康夫のほうが望ましいのですが、自民党政権がまだ続くのかと思うとげんなりです。
心ある自民党の政治家は離党してほしい。
あんな不正がはびこっている自民党に党籍を置くこと自体が公共心のない行為です。

最近の内閣支持率を見ると、気になるのが自民党は20%くらいのコアな支持率があるのと逆に50%超のコアな不支持率があることです。
不支持率50%以上が常態化しているということは自民党安倍政権は国民の間ではとっくに不信任されているということです。
20%のコアな自民党支持者が知能程度の低い極右勢力でしょう。
国民が知識層と極右層にきれいに二分化されている気がします。
犯罪者の集まりということがばれた自民党を支持する奴はあほです。

今までは日本人はどちらかというと極右層が主流、マジョリティでした。
よく極右団体のことを右翼団体といいますが、日本では知的な保守層というものはほとんどおらず極右≒右翼だったということです。
日本でも最近はだんだん知識層が増えてきて、極右層を逆転し始めている気がします。
日本の戦後教育が花開いた成果です。
最近極右(麻生太郎は典型的な極右)が日教組を叩くのはこのまま科学的な優れた教育を国民に受けさせて、国民が賢くなるのを恐れているからです。
日本が発展するためには国民の知的レベルの向上は欠かせません。
このまま極右勢力の減少トレンドが続いていってほしいものです。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

政府は莫大なエネルギー浪費・環境破壊の物流システムを見直すべき

長大な貨物列車(1970年代)※画像クリックで拡大9月1日の私の記事の最後に、予告として9月15日は「社会的格差に対して、これを解消するために秘策を提案してみたい」と記していましたが、標記の内容に変更します。すみません。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析