レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 「国家神道と日本人」レビュー
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家神道と日本人」レビュー

国家神道と日本人 (岩波新書) | 島薗 進を読みました。興味深い本で楽しかったです。政治と同様、日本社会でタブー視される宗教。戦前の国営宗教国家神道とそれがアメリカによって廃止された後どうやって生き残っているかということが書いてあります。国家神道は天皇も含みます。
第4章国家神道はどのように広められたのか?、国家体制をめぐる「顕教」と「密教」はなかでも興味深い箇所だった。天皇崇拝を国民に強制する国家神道には大衆用とエリート用が二つあったという話だ。大衆用(顕教)は天皇への絶対的な服従を大衆に求める。一方エリート用(密教)はそうではない。天皇はあくまで飾りであり、名目にすぎないとされた。伊藤博文が天皇を自分の操り人形のように言っていた話があるが、まさに支配階級はそう思っていたのだろう。今の日本でも認証官と呼ばれる高級官吏たちはそういう意識をひきついでいる。支配者層は天皇を利用し、支配される大衆は天皇への忠誠として時に命を捨てることも要求された。
また天皇が現在も祭祀をおこなっておりこれが政教分離に反するのではないかという指摘も興味深かった。これなどは記者クラブメディアが報道しないゆえに国民が気づけない日本の問題点である。天皇家だけではなく、総理大臣、国会議員、最高裁判事などもこの皇室祭祀に参加しているが、日本のマスコミは報道しないそうである。たしかに私もマスコミがこれを報道しているのを聞いたことがない。
本の内容は島田裕巳の本よりはかたいがけっして読みづらい箇所は少なく楽しく読めました。日本人の精神が歴史的にどう変わっていたのか興味ある方にも歴史の本として楽しく読めると思います。島薗進さんの別の本も読んでみたいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。