レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 とらわれてはいけない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらわれてはいけない

ドイツではいまだに激しいナチス規制を行って国民の表現の自由を規制しているようだ。
最近ではP&Gの洗剤のラベルに18と88という数が表示されていたとして出荷停止になったと報道していた。
ナチスの後継団体ネオナチにとって18と88は特別な意味のある数字のようだ。
私にはこの規制は馬鹿げているようにみえる。

私はこの話を聞いて演歌を思い出した。
ナチス規制と日本の演歌、縁がないようだがあるのである。
わたしがおもいだしたのは、千昌夫さんの望郷酒場だ。
「おやじみたいなヨー 酒呑みなどにならぬつもりが なっていた.」である。
酒ぐせのわるいおやじが嫌いでおやじみたいにならないつもりでいてもおやじのようになっていたということだろうか。
私はこの歌詞にすごい共感している。

ナチスやネオナチが仮に完全な救いようのない悪だとして、それを規制することは善なのだろうか?
私はそうは思わない、同じ過ちをくりかえしているだけだある。
これが人間のおもしろいところである。
嫌いな人間がいるとしてその人間に反抗したからといって人生豊かにならないのだ。
むしろ嫌いな人間にとらわれた不幸な人生をおくるだろう。
嫌いなおやじに反抗してみても、おやじとはまたちがったアホになるだけなのだ
馬鹿の反対も馬鹿だったりする。

私は最近岩波書店の中村元・紀野一義訳注の「般若心経 金剛般若経」を読んでいる。
この本は日本語でお経が読めるすぐれものです。
お経はくりかえしなにごとかにとらわれてはいけないと説いている。
ドイツのナチス規制を見ていてそれを思い出しました。
はげしい規制、差別よりも寛容こそ大切ではないだろうか。
とらわれてはいけない、合掌
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。