レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 なぜだめ人間はひとのわるぐちばかりいってしまうのか?

なぜだめ人間はひとのわるぐちばかりいってしまうのか?

日本ではだめなやつは人の悪口、陰口をよくいうってよく言われる。
だめなやつは他人のことがきになってしょうがない。
だから人のあら、欠点がきになってしまうのだろう。
おなじようにだめなやつは、他人をよくねたむ。
他人のことをきにしてばかりいて肝心の自分の欠点はおるすになってしまうのも問題だ。

徳のあるひとは自分のことをしっかりやるので忙しい。
自分のことをしっかりやって生きるというのはなかなか大変なのだ。
彼らはいい意味で他人のことを気にしていない。
自分がよく生きることができればそれが他人にとっても一番いいのだ。

だめなやつは自分の外のことにあやつられる。
他人やら金やら名誉やらに右往左往する。
徳のある人は心のままに生きる。
他人や名誉や金など外のことにわずらわされず自分の人生を生きることができる。

禅では自分のことをしっかりやることを大事にする。
禅の公案集無門関には毎日「主人公生きているか」「他人にだまされていないか」と自問自答する禅僧の話がでてくる。
昔から他人や金、名誉などの外物にとらわれて生きている人は多かったのかもしれない。
そういうだめなやつは他人をそねみねたみながら、びくびくとして毎日をすごしていたのでしょう。
現代にいきるわれわれもたまには「主人公生きているか」「他人にだまされていないか」と自分の心に問いかけてもいい。
自分の心を見失ってしまうことほど悲しいことはない。
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析