レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 アメリカでもあった国旗敬礼拒否

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでもあった国旗敬礼拒否

日本で昨今起きていた国旗国歌問題。
東京都や大阪府で国旗や国歌君が代を公立学校の教職員に強制できるかどうかでもめましたね。
この助兵衛の随筆でも最初にとりあげた思い出の問題です。

アメリカでも似たような問題が過去に起きていたことを最近知りました。
「アメリカ生まれのキリスト教」という本を読んで偶然知ったのです。
エホバの証人の信者ウォルター・ゴビティスが国旗敬礼拒否訴訟を1940年に起こしました。
彼の息子二人が国旗への敬礼拒否により通っていた公立校より放校処分にされたのを不服として地区の教育長を相手に訴訟を起こしたのです。
この時は合衆国最高裁判所までいって負けましたが、1943年にエホバの証人のバネットさんが起こした訴訟では最終的に勝ちました。
今でもアメリカの公立学校の生徒に国旗敬礼の強制はできないようです。
今アメリカでは公務員である教員には国歌や国旗への敬礼を強制できるのかな?そこはわかりません。
第二次世界大戦中、アメリカ政府がナショナリズムをたかめることにやっきになっていたであろう時にこういった信教の自由や思想良心の自由を重んじる判決がでるというのはアメリカすごいなと感じます。
エホバの証人は攻撃的な新興宗教で、他宗派のの教会の前でその教会を非難するパンフレットを配っていたりしたのでアメリカで相当な弾圧を受けました。
しかし国旗敬礼の強制問題では多くのアメリカの宗教団体が共闘したようです。
以下に「アメリカ生まれのキリスト教」から一部引用します。

米国政府の国旗に対する態度は、ゴビティスに対する判決によって明確となった。これに対して、日頃、常に相反している他宗派のクリスチャン、法曹界、および報道関係者の人々が最高裁の決定を不服として、機会あるごとに、信教自由の立場より反対を表明したのは非常に興味深い。
アメリカ生まれのキリスト教 生駒考彰



アメリカという国は国民がいい心で住めるためにできていると聞いたことがあります。
つまりアメリカが自由の国であるのは宗教者が政府から弾圧をうけずに生活できるためです。
日本でも国旗国歌問題でキリスト教のカソリックの人々は反対したようです。
しかしそういった宗教的な抗議というのは日本人に大きなムーブメントをおこせませんでした。
われわれ日本人はアメリカ人にくらべて心のケアが足りないのではないかと思います。
私は心をおそろかにする人生ほどつまらないものはないと思います。
日本は国民がいい心で住めるような国になっているでしょうか?
安倍首相が2013年12月26日靖国神社を参拝して多くの外国から批判をあびました。
しかし日本国内では靖国神社をどうするべきかという議論があまりもりあがっていません。
ケネディアメリカ大使の和歌山県のイルカ漁への抗議に関しては不当なものだという意見が多数を占めるようです。
イルカ漁はあきらかに日本の伝統であり目に見えるたしかなものだからでしょう。
日本人は心の問題にたいして鈍感であり無関心なようです。
私は心の問題こそ人間にとって根源的であり大事なものだと考えています。


参考文献
「アメリカ生まれのキリスト教」 生駒考彰
朝日新聞 「踏み絵」としての斉唱、国旗・国歌法 成立10年 磯村健太郎
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

怒りさんへ!!

国旗・国歌の問題は国として、国民として当然敬意を払うのが普通なのでしょうが、日本は旧軍国時代をすぐ想定され敏感になっています。本来は右左は関係なく国を愛する為の象徴的行為なのだと思いますネー。

自然にそうなることが理想なのですが、国の強制が問題がありますねー。しかも罰則まである東京はおかしいです。

米国は多民族社会ですので、カトリックよりプロテスタントが多いようです。オバマさんもそうだと思います。

日本は国家神道の時代があったので高齢者や右翼的な人は国旗
掲揚や歌うことには賛成しますが、日教組が反対したので複雑となりました。共産党ですねー。ここは国家的判断で妥協してせめて象徴の天皇を畏敬して普通に国歌と君が代を歌ってもよいと思うのですねー。汗)私はどちらかというと左翼的な男ですが事この問題に関しては国家愛が強いのですね~~^^汗)ではまた。!

荒野さんへ

荒野さんこんばんわ。いつもブログ拝見しております。

日本の国旗国歌問題で日本人としてなさけなかったのは日本人としてどうあるべきかという議論がほとんどなかったように感じられたことです。
日本の国旗国歌問題はアメリカと中国の代理人、工作員のような政治的な人々の殴り合いで終わってしまいました。
アメリカのようにはっきりと国旗国歌を強制しないように国家に対して制約させるよう日本人が運動をおこすべきだったと思います。
靖国問題でも同じですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。