レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 私の悟り体験

私の悟り体験

私が悟りを開いたと感じた出来事を書きます。
それは2009年4月ごろだったと思います。
私はある薬の副作用からひどいアトピー性皮膚炎をおこして苦しんでいました。
顔や手や目、体中にしっしんができました。
夜ひどいいたみとかゆみで眠れず、外にでるとちょっとした風にふかれるだけで気が遠くなるような激痛を感じました。
関節や指がひどくかぶれのばすことができなくなりました。
目からもアトピーの汁がでてきて、視界がせばまりピントがあわせづらくなりました。
目が良く見えずに関節がうごかしづらくなる、ちょうどお年寄りになったようなかんじだとおもいます。
仕事も休まなければいけなくなりました。
病院にいったもののアトピーをかんぜんになおすことは現在の医療ではできません。


ある夜私は皮膚炎の非常な苦しみにのたうちまわっていました。
眠れない中こんな苦しみが一生続くのだろうかと思いました。
あたまに自殺という文字もうかんできました。
心身ともにかなり追い詰められたそのときです。
この問題の根源は自分の精神にあると直感的に感じたのです。
その瞬間自分はまちがっていたと素直に認められました。
それまでも自分の生き方はまちがっていたのではないかという思いがわいてくることはあったのですが、ガンコに自分のやり方に固執していました。
私は自分のエゴにしがみついていたのです。
悟りをひらいたのちは自分の今までの生き方はなんとむなしい人生だったろうと感じました。
金や名誉をむやみにおいまわし、他人にふりまわされ続けたおろかな生き方をしていました。
自分は世界に一人しかいない存在なんだ、それをつよく感じました。
仏教でいうところの天上天下唯我独尊です。
不思議なことに悟りをひらいたときに色即是空、空即是色という般若心経の一節を思い出しました。
そしてその意味が直感的に理解できたのです。
わたしがはじめて般若心経にであったのは、京都に修学旅行へ行ったときに般若心経が書いてある扇子を買ったときです。
悟りを開くまえは仏教をはじめあまり宗教に関心はありませんでした。
般若心経もほとんど読んだことがなかったのに不思議な体験をしました。
さとり体験をしたのちは東洋哲学の本や宗教書を読んだり寺や教会へ行くようになりました。
宗教書を学んで歴史上の宗教者が体験した悟りや神秘的な体験が自分の体験とよく似ていることにおどろきました。

私は自分のアトピー性皮膚炎の原因は神経質な自分の性格にあったと思います。
それ以来心を抑圧して神経質に物事を考えすぎるのをやめて自分の心を大切に生きるようにしました。
すぐにはアトピーは治りませんでしたが、一年たらずで日常生活が快適にすごせるくらいに治りました。
今でもアトピーは完治しておらず、ヨガをやりすぎたときや疲れがたまったときなどに再発します。
おそらく二十年以上は不健康な精神状態で生きてきたので治るとしてももかなり時間がかかるのかなとおもっています。
悟りを開いて道を知ったからといっても人生ばら色になるわけではありません。
しかし若いときから感じていたもやもやが晴れたことはありがたいことだと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

怒助兵衛さんへ!!

おめでとうございます。!今年もよろしくお願いいたします。
この記事を読んで、まるで私のことかと耳を疑いました。目のアレルギー。顔面神経麻痺。皮膚の湿疹と営業マンとして人の前には出られませんでした。一層止めようかと思ったものでした。
しかし怒助兵衛さんの様な悟りの境地にはいまだになれません。神仏を信仰しているのですが。。汗)
目の視力は眼科ではなんでもなく、メガネを何度も作っても頭が痛くなり結局掛けません。最近も安いレンズ・イズムと言うメガネ屋で作りましたが、帯に短し、襷にながしです。汗)一番つらい状況です。

テレビを見れるようにと中・近両様ネガネを作りましたが、やはり半端です。そのようなわけで、最近はストレスが多くパソコンさえも辛い状態です。なにかい方法がありましたらおしえてください。!今年もよろしくお願いたします。!!☆!!

Re: 怒助兵衛さんへ!!

荒野さん あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。
つたない私の文章を読んでいただきありがとうございます。
荒野さんのブログ楽しく読ませてもらっています。

アレルギーに苦しんでいる人は私の友達にもたくさんいます。
私はヨガで体をやわらかくすると緩和されるようです。
しかし一年ちょっとやっているのですがまだまだ体がやわらかくはならず、逆にちょっと筋肉をいためたのかまたアトピーを再発してしまいました。
なかなか一筋縄ではいきません。

今年は無理せずいろんなことを経験できるといいとおもっています。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析