レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 道心ある人こそ国の宝なり

道心ある人こそ国の宝なり

EUの金融危機を見ていて思ったのだが、自国の経済が良くない国がいくら集まっても結局それはだめであり崩壊する。
だめなものがいくら集まろうと、だめなものしかできない。
赤字をたれ流す国がいくら集まったところで赤字はなくならない。
悪い素材をいくら集めたところで、おいしい料理はけっしてできない、ことにも似ている。
おいしい料理をつくるには素材が大事なのである。

日本の政治にもこれは言える。
日本人一人ひとりが良くない心を持った人間であるならば、日本がいい国になるわけがないのである。
逆に言うならば、自分がいい心を持った徳のある人間になったならば、それこそ日本という国への最高の貢献になるのではないでしょうか。
いや日本だけに限らず、世界中、宇宙にすらいい影響をおよぼせるかもしれません。
最澄さんのお言葉(安岡正篤さんかも)「一燈照隅 万燈照国」のように、一隅を照らせる人間になりたいものです。



参考サイト
世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」 一燈照隅 萬燈照国
次代を担う子ども達のために 世界に一つだけの花
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析