レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 ムーブで柔整師と自民党の癒着が暴かれた

ムーブで柔整師と自民党の癒着が暴かれた




接骨院不正請求疑惑をスクープしたムーブが全柔協理事長をスタジオに呼び話を聞いた
ムーブによると接骨院による不正請求は、すでに2002年に産経新聞により報道されていたらしい
その時に兵庫県柔整師会が緊急集会を開いた席上で「政治力を使って押さえ込め」と発言する柔整師がいたそうです
柔整師だけに寝技が得意なのでしょうかw
その政治力とやらによる工作が成功したのでしょう、不正請求は2007年現在続いています
自民党、厚生労働省、柔整師会による巧妙な癒着が次々明らかになっています
彼らの不正のツケを払っているのはわれわれ日本人です
自民党の一党独裁が続けば、自民党と癒着している業者が不正に税金をかすめとっていきます
業者はそのあがりの一部を自民党に政治献金するわけです

先日自民党の安倍総裁は消費税値上げをほのめかす発言をしました
消費税15%を目指すのではないかと言われています
自民党と癒着している業者には不正請求させて、一般庶民には大幅増税
です
こうなってしまった責任はひとつはわれわれ日本人の政治への無関心があると思います
われわれ一般庶民は民主政治では意外と権力を持っているんですよ
選挙で自民党と公明党のの候補に投票しなければ簡単に悪い業者との癒着を断つことができます

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

ここに移転なされたのですね。今後も精力的なご活躍を期待しております

しかしこの問題は根が深そうですねぇ。慢性的な肩こりを接骨院で「治療」して3割の窓口負担を払った、っていう話は日常的に聞きますが、これは本当にごく一部悪徳接骨院の話なのでしょうかね。ありえないと思うのですが

ムーブには今後もこの問題を徹底して追及してもらいたいし、他局、他メディアにも追いかけていただきたいです

いらっしゃい ^^

ムーブ関東でも放送してほしいなあ
柔整師の不正など、イスタブリッシュの不正の氷山の一角にすぎないと思います
せめて2度と保険の不正請求ができないようにしてほしいなあ

こんなことは柔整師だけが叩かれる問題ではない。医師だって同じ。X-Pの必要がない捻挫等の軟部組織損傷の患者に対しても継続治療していくうえで何度も撮影したり、必要のない薬を処方したりしている医師もいるのが現状。また、症状が著明なのにも関わらず「●●症の疑いあり」と診断し、必要以上の検査をしているのも事実。医師も同じようなことをしているからしていいというわけでないが、これも必要悪だとは考えている。

勘違いされているので、説明しておきますが、慢性疾患では保険が適応にならないので急性として保険請求している柔整師が多いということ。あれこれとやたらめったら請求しているわけではない。
そもそも、慢性疾患に保険が適応しないのは法改正の遅れが原因。このご時勢、代肩こり、腰痛にならない方は珍しいのではないか?そもそも、10時間近い(もしくはそれ以上)デスクワークでの過剰労働により肩こり、腰痛になる人間もいる。これが労災に認定されないのはおかしい。明らかに労働によるものだと私は考える。
このような柔整師は金儲けをしようとして不正請求を行っているのではないと言える。保障制度の整備の遅れに必然的にこのような結果に至ってしまっている。月々15万程度の年金だけで生活するお年寄りや生活保護を受けている方に対して慢性疾患を2000~3000円/1回 の全額請求などできるわけがない。こんなことをしたら死活問題になる。またスポーツによる慢性疾患の学生にも同様なことが言える。仮に、駅前になるスポーツマッサージ店に言ったとしても3000円/1回 以上は間違いなく請求され、しかもそのようなところは無届、無資格者が多い。スポーツマッサージを営業するにしても、修業年数3年以上の養成所を卒業し国家試験を試験受験し合格した者に与えられるあんま師国家資格が必要であり、保健所への按摩院営業の届出が必要だ。
こん現状で患者はどこに行けばいいのか?患者は行き場を失う。お金持ちは体のメンテナンスができて、一般人は痛いまま、辛いまま生活をし続けるというのか。
これを反社会的、無駄遣い、泥棒扱いする=年金、生活保護で生活している人間に対する排除と言えるだろう。

私たち柔整師を批判する前にもう少し自分の教養、知識、社会に対する視線を広げてから言うべきではないか。

このように医療の現状も知らずに無知な考えを持つ哀れな国民ばかりならば、保険制度なんか廃止して無知な国民が困ればいい。

柔整師さんこんにちは

あんま師さんは接骨院が健康保険の不正請求を使い不当に安い値段でマッサージするので、お客をとられて経営が苦しいようです
接骨院、柔整師の健康保険の不正請求は健康保険に加入している人やマッサージ業を営む人に不利益をもたらしています
私は接骨院、柔整師がこのまま反社会的行為を続ければ、日本社会から退場させられると思いますよ

私は柔整の資格はもちろんあんま師、鍼師、灸師の資格をもっています。
なのであんま師の方々の気持ちもわかります。
私は学生の頃からこのようなことになることはある程度予想できてました。

あんま師さんは接骨院が健康保険の不正請求を使い不当に安い値段でマッサージするので、お客をとられて経営が苦しいようです
>>確かにそうでしょう。しかし、これは正論ではないと言えます。無資格者によるクイックマッサージやスポーツマッサージ、カイロの増加でしょう。民間資格は国家資格でないので医療行為から除外されているので広告制限がありません。これのより「治ります」「格安」「割引します」との表記が許されるわけです。しかし、按摩院の場合は医療機関とみなされるので診療内容(指圧、マッサージ)、所在等の表記しかできないのです。人の心理として、同じ値段なら「治る」「格安」「割引」と書いてある方を選びますよね?
今はあんま師の資格だけでやっている人はそう多くないでしょう。大抵は鍼灸師の資格も持っていて鍼灸あんま院を開業していたり訪問をしいたり稀に病院でも働いている方もいます。
不正請求しているような接骨院でははあんま師を雇っているところも多いようですよ。
それに、心理的に身体に関係のあるものは「高くていいもの」というのがあると思います。例をあげると化粧品や健康食品ですよね。もし、こうだとしたら高くても質が良いのであれば按摩院に行くのではないでしょうか。
それに私のコメントを読んでいただいたならお分かりかとおもいますが、2000~3000円を払えない患者だっているわけです。あなたは「経済的な弱者は治療を受けないで苦しめ」という考えをお持ちだということで解釈してよろしいですね。

>>接骨院、柔整師の健康保険の不正請求は健康保険に加入している人やマッサージ業を営む人に不利益をもたらしています。
とおっしゃいますが、施術を受けるのは患者です。国民です。当然なことながら患者だって健康保険に加入しています。このように医療が多様化しているなかで選ぶのは患者さんです。国民として接骨院の不正請求が無駄遣いで納得がいかないのであれば接骨院に来ないでしょう。

>>私は接骨院、柔整師がこのまま反社会的行為を続ければ、日本社会から退場させられると思いますよ
あなたのような狭い知識で物事を発言するような方に反社会的行為なんて言われる筋合いありません。私を含め不正請求しないでやっている柔整師も居るのです。それは外傷の患者さんが多く来院するからできることであって外傷の患者さんが少なかったら私も不正請求してたでしょう。
ここ数年で学校が増えて柔整師が増加しているので接骨院が増加傾向にあります。この対策として柔整師、あんま師、鍼師、灸師の資格を持っていないと開業できないように制限すれはいいのではないかと前々から思っていました。そして、柔整師が慢性を扱う。そうすれば、生活保護や年金受給者も慢性疾患の治療ができる。
私の考えご理解いただけたでしょうか。

柔整師さんこんばんわ

柔整師さんのお話は接骨院のお話が聞けてとても勉強になります
しかし、おっしゃっていることに納得はまったくできません
負けず嫌いの屁理屈に聞こえます

柔整師が保険の不正請求で不当に有利な条件で営業しているのを正当化するのは無理ですよ
実際今回の接骨院の不正請求問題はあんま師さんも告発しているのです
そもそも慢性的な肩こりは柔整師が治療することは禁止されているはずです
正規の料金が払えない人は、残念ながら治療を受けられないでしょう
貧乏だからといって犯罪を犯して良いわけではありません
福祉財源が有限である以上、制限は必要なのです

はじめまして。偶然このブログを見ました。私も柔整師として一言。
私の地域もムーブは映りませんでしたがみました。大阪はすごいですね!
水増しにキャンペーン・肩こり? ダメにきまってるじゃん。反論しようがないですよ。
全柔協の会長さんもテレビに出られたことは認めるけど内容がちょつと・・・・。
やらせとか言う前にダメなことはダメと認めなくちゃ。白紙委任にしても反論に無理があるよ。自民党が自衛隊を海外派遣するときと同じだね。白紙委任に関しては決して良い事ではないですが保険制度上、現実的に無理があり患者さんに多大な迷惑をかけるために行っていることを説明したうえで患者さんに理解して委任していただけるように柔整師は勤めるべきであって屁理屈を言っても何にも進歩無しだね。
だから、今回のムーブは柔整にとっては絶好の宣伝のチャンスだったのにね。残念
でも、白紙委任=不正請求の報道はもっともらしいが偏見があると思うけどね。不正やるやつは筆跡まねしてでもやるからね。それに職業を差別するような発言には公共の電波(表現が古いかな、笑)に乗っかって仕事している人たちなのに・・・・。
これも、残念かな。   出てきた柔整師やあんま師さんの告発も・・・・・・?ただ何か個人的に怨みがある人が、さも柔整全体が悪だと言ってるように思えました。

萌さんこんばんわ

職業差別発言、私は気づきませんでした
柔整師は国民の批判に耳を傾けなければ、社会から抹殺されるおそれがあると思います
お聞きしたいのですが柔整師のうちどのくらいが不正請求していると思われますか?

>柔整師は国民の批判に耳を傾けなければ、社会から抹殺されるおそれがあると思います。
おっしゃるとうりです。襟をただすよい放送だったとおもいます。
私の思いますのに柔整もある意味2つに分かれます。1つは従来のほねつぎの手技(マッサージとは違います、)を重んじて地域活動に力をいれてみえる職人的な感覚の柔整師。もう一つは金儲けのひとつとして柔整師になった柔整師。両方のかたもみえます。問題なのは後者の金儲けのひとつとして整骨院をやられている方ではないかと私は思います。後者においては100%不正請求していると思ってよいでしょう。それが目的で整骨院をやっているのですから!前者においては水増し・架空請求はおこなっていないでしょう。なぜかといえば、そのような行為が自分で自分の首を絞めることをしっているからです。また前者は慰安的なマッサージ行為は嫌います。変なプライド(笑)をもっているからです。慰安行為は俺らの仕事ではない!とね。私達は保険協定を保険者と結んだ上で施術をおこなっています。彼らは保険協定違反をおこなっているわけで取り締まるべきであって従来の柔整師は国民の支持があったので今まで存続していたと思います。いわゆる新種に在来種が脅かされている状態ですね。特に都市部において新種の増殖がすごいみたいですね。大阪は異常ですよ。患者様一人当たりの全国平均金額も2・3倍請求しているわけで他県では考えられません。新種のやっていることは在来種では理解することができません。駆除されることを願ってます。 (今は支払い側もチェックがとても厳しく不支給になる場合も多々あります。放送のようなことがおこなわれている大阪にびっくりでした。)

萌さんへ

萌さん詳細なご説明ありがとうございます
私の近所の接骨院も昔からあるところと、最近できたところでは広告の仕方がちがいますね
最近できたところは違法な広告をだしています
一般人に目に付くのは違法な広告をだしている接骨院のほうなので、合法的な営業をしている接骨院は一緒にされるといい迷惑ですね
本来は社会保険庁が医療機関の不正請求を払わなければいいだけの話なんですが日本の監査制度は不十分なんです

ありがとうございました。
ブログランキング、連打しておきます。

萌さん こんにちは

恐縮ですv-16

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析