レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 日本の権利が危ない!!

日本の権利が危ない!!

中国の地上げ

この写真は中国のものです

重慶の開発業者が、立ち退きを拒む住人の家のまわりを9m掘り下げました
>>「家の持ち主が移転しようとしないので、開発会社が強制的に移転させるためまわりを全部掘ってしまいました。」
>>「200万元(約3000万円)の補償金で納得するか、あるいはいつまでもあの家から出られずにいるかのどちらかです。」
>>とWeilian不動産会社の社員は語った

権利意識の低い中国ならではの光景です

最近日本の安倍政権では国民の権利を合理的な理由なく制限しようとしています
伊吹文明文部科学大臣がNHKに出演していた時に「日本人は権利のメタボリックになっている。権利というのは卵と一緒で栄養があっていいものだが、とりすぎると体に害がある」などとわかるようなわからないようなことを言っていました
現行憲法でも、国民の権利は公共の福祉のためという合理的な理由なら制限可能です
なぜわざわざ伊吹文明文部科学大臣のようなわかりづらい表現を使う必要があるのでしょうか?
私は国民の権利を合理的な理由なく権力者の都合よく制限するための詭弁だと感じました

先日最高裁判所が国旗国歌訴訟問題「卒業式で国歌の演奏を拒否した女性教諭に対する懲戒処分」を認める判決を下しました
最高裁判所の長官、判事は内閣が直接任命するので政治の影響を受けやすいです
安倍首相の意図を最高裁判所はくみとったのではないでしょうか
石原慎太郎都知事が学校に対する国旗国歌の強制を押し進めているわけですが、彼が国旗と国歌を国民に強制する合理的な理由を説明したのを聞いたことがありません
国民の権利である「思想良心の自由」を制限するわけですから、合理的な理由を説明する義務があるのです
石原都知事に国旗国歌強制の理由を記者がたずねても、いつもの人を馬鹿にした態度であいまいなことを言うばかりです
今年の東京都知事選で石原都知事が再選されれば、安倍晋三、石原慎太郎という極右政権がますます自分たち権力者に都合のいいように国民の権利を制限しはじめる可能性は高いでしょう

われわれ日本人の多くは生まれたときから権利が保証されており、毎日空気を吸うがごとく当然に恩恵を得ています
権利がない国のニュースに接して、はじめて自分たちの権利の尊さに気づく人もいるかもしれません

そういえば安倍晋三首相の後援会「安晋会」会長のアパグループ元谷外志雄会長が耐震強度偽装問題をおこしましたね
アパグループの耐震強度偽装はイーホームズ元社長の藤田東吾氏によって告発されたにもかかわらず、国土交通省はなかなか調査しようとしなかった
アパグループも中国のWeilian不動産会社と同じ不動産開発業ですなあ
よくよく考えてみると日本も中国も権力者や大企業といったイスタブリッシュメントが国民を搾取する手口というのは驚くほど似ていますね
ただ、日本は中国ほどひどい搾取はされません
日本が上の写真の中国のようにあからさまに国民が搾取されないのは権利があるからなのです
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析