レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 君が代訴訟は米中代理戦争でもある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代訴訟は米中代理戦争でもある。

ひさしぶりにマスコミが表立って言えないタブーを記事にします。
2011年5月30日いわゆる君が代訴訟の第三審最高裁の判決がでて、原告元教諭の申谷雄二さんは訴えがまったく認められず完全に敗訴した。
最高裁の裁判官4人全員一致の判決である。
1審東京地裁では都が申谷さんを退職後に再雇用しなかったことは裁量権の乱用として賠償を命じていた。
しかし2審、3審ではそれすら認められず原告申谷さんの完全敗訴となった。

最高裁の判決では、君が代強制を「憲法が保障する思想と良心の自由を間接的に制約する面がある」としながらも原告の完全敗訴とした。
思想、良心の自由を侵しているのを認めていながら、東京都のあきらかに差別的な再雇用拒否を認めているのはなぜか?

よく言われることだが、下級裁判所である地裁より最高裁のほうが政治的な判決をだすということである。
特に政治的な案件では政府寄り、世論寄り、アメリカ寄りの判決をだすことが多い。
検察が必死にマスコミに捜査情報をリークして世論操作しようとするのはそれが裁判の勝率に影響するからだ。
最高裁の裁判官にまで出世する人はそういった政治的な気配りができる人が多いのかもしれない。
本来あってはならないことだが、日本では裁判官すら強い権力者におもねったものが出世するということだ。

私は今回の最高裁判決にはアメリカV中国といった大国の政治力が裏で働いていたように感じます。
教職員の組合、日教組は昔からソ連、中国といった共産主義国家とつながっており、資金提供を受けていたとも言われています。
逆に霞ヶ関の高級官僚たちは親米が多く、時に民意や政治家を無視してアメリカのために働くことがあります。
つい先日もウィキリークスがあきらかにした米公電のなかに、斎木昭隆アジア大洋州局長がアメリカから自立路線を走ろうとした鳩山由紀夫首相は愚かだとキャンベル国務次官補に語ったというものがあった。
「国家の罠」の著者佐藤優さんは、外務省の高級官僚たちが政治家を無視してアメリカにすりよっていると暴露している。
佐藤優さんは彼と鈴木宗男さんはアメリカに逆らってロシアに近づいたために国策捜査で逮捕されたと主張しています。

どうも日本で活動しているアメリカの工作員ネット右翼の言うことを聞いていると、教員による君が代訴訟を日教組による政治活動ととらえているようだ。
このとらえ方はおそらくアメリカの諜報部隊であるCIAのとらえかたとほとんど同じなのだろう。
アメリカCIAは中国と関係が深く政治力の強い日教組を敵視している。
君が代訴訟はアメリカVS中国の代理戦争という側面を持っている。
最高裁の裁判官が4人とも全員一致で原告の教員を完全敗訴させたのは、アメリカへの忠誠心を見せた政治的な判決ではないのか。
最高裁の裁判官は4人全員一致でアメリカの敵である日教組への政治弾圧を正当化して見せたのだ。
最近大阪の橋下知事が君が代斉唱時の教員の起立義務化条例をつくり、違反者は懲戒免職などと声高に言っているのもつまるところ中国に近い日教組を弾圧して、アメリカにこびを売るパフォーマンスだ。
いまだに日本のイシュタブリッシュメントがアメリカになりふりかまわず忠誠心を公然と示していることに驚きました。
いやむしろ親米であった自民党が下野して、民主党に政権交代してからイシュタブリッシュメントたちのアメリカへの媚び方はさらにエスカレートしている。
日本のイシュタブリッシュメントはアメリカに従うことが日本の国益になると主張しています。
日本人の思想、良心の自由をふみにじってまで、アメリカにこびを売ることが本当に日本の国益になるのでしょうか?
アメリカや中国といった大国の力は、日本の裁判の判決を左右する力を持っているのです。



参考文献
君が代訴訟:合憲初判断 原告側「思考は短絡的」と批判 (毎日新聞)
クローズアップ2011:君が代起立命令は合憲 思想「間接的制約も」(毎日新聞)
外務官僚「日米の対等求める民主政権は愚か」 米公電訳(asahi.com)
スポンサーサイト

テーマ : 今日のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。