レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 鳩山首相のクビ取り狙う記者の心理

鳩山首相のクビ取り狙う記者の心理

BS11 INsideOUT 権力とメディア 世論誘導の実態(2010年02月24・25日放送分)より書き起こし
小西克哉 (国際教養大学客員教授) でもメディアは意図してそういうこと(魔女狩り報道)をやっているとは口が裂けても言わないだろうし、おそらくそういうことはやってないんだろうけど。結果としてそういうことになりかねないということですか。

金子秀敏 (毎日新聞論説委員) いや気持ちはそうでしょ。できるだけ自分のとってきたニュースを大きく扱われたい。社会的影響を大きくしたい。だったら一番大きいのは辞任ですよね。いわゆるクビ取り報道。たとえば総理大臣辞任。これは最高。こんなおいしいものはない。


<ここから助兵衛の記事>
BS11のINsideOUT「権力とメディア 世論誘導の実態」で金子秀敏(毎日新聞論説委員)の話がとても興味深かった。(上記参照)
金子さんによるとマスコミの記者は自己顕示欲と出世欲をみたすために大げさでセンセーショナルな記事を書いて世論操作をねらうという。
記者がニュースの社会的影響を大きくしたいというのはまさに世論操作をしたいということだ。

今の鳩山首相はまさに視聴率を稼ごうとするマスコミの魔女狩り報道によって誹謗中傷されている。
多くの日本人がマスコミによって鳩山首相と小沢一郎幹事長にマイナスイメージをもつように洗脳され、民主党と内閣支持率が下がっているのは残念なことだ。
マスコミはセンセーショナルな報道をするためなら、火のないところに煙をたててみせる。
まさにマッチポンプ。
マスコミが今狙っているのは鳩山首相のクビ取り報道。
それは金子秀敏 (毎日新聞論説委員)によると、マスコミの記者にとって「これは最高、こんなおいしいものはない」わけだ。
鳩山首相にマスコミがやめろ、やめろと連呼しているのはそのためだ。
私利私欲のために日本の政治を無用に混乱させるマスコミの記者たち、まさに佞人である。
マスコミの記者のようなねじけた心をもつ佞人に日本の政治を牛耳られてはならない。
デマ報道ばかりのマスコミは日本の健全な世論形成にとって有害な存在である。
選挙で選ばれた国民の代表である総理大臣がマスコミの汚い世論操作により失脚させられるようなことはあってはならない。
われわれ国民にできることはマスコミのデマに踊らされないことだけのようだ。

動画リンク BS11 INsideOUT「権力とメディア 世論誘導の実態」:三井環氏(3)
http://www.youtube.com/watch?v=J8EVEBOW0hM&feature=related
スポンサーサイト

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析