レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 自民党日本の主権をアメリカに売り渡していた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党日本の主権をアメリカに売り渡していた。

読売新聞より引用
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに

日米地位協定の前身にあたる日米行政協定で、日本に駐留する米兵らの犯罪について、米側に実質的に裁判権を譲るとした日米間の「秘密合意」が存在したことが10日、外務省の調査で明らかになった。
日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた。日本側でこの点が判明したのは初めて。
文書は、1958年10月4日に当時の岸信介首相、藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使らが日米安全保障条約の改定交渉をした際の「会談録」。外務省が昨年、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関して調査した際に見つかった。
この中で、マッカーサー大使は、日米行政協定の改定をめぐって開かれた53年10月28日の日米合同委員会の議事録に、米兵の公務外での犯罪について、「日本側は裁判権の行使を譲る」と記録されていることを指摘。大使は「公にして差し支えないなら、甚だ好都合である」と日本側に公表するよう求めたが、日本側が応じなかった経緯が記録されている。この結果、裁判権の放棄は、秘密合意のまま維持されたとみられる。
駐留米兵の犯罪をめぐる裁判権の所在は、駐留国の主権にかかわる問題ととらえられてきた。韓国でも朝鮮戦争後、裁判権を米軍が事実上握り、米側に有利な状態が続いたことで国民の不満が高まった。
在日米軍をめぐっては、国際問題研究者の新原昭治氏が2008年、米国の国立公文書館で、日本側が日米合同委員会で「日本に著しく重要と考える事件以外では、裁判権を行使するつもりがない」との見解を示した文書を発見した。今回の文書はこれに符合する。
日米間の「密約」を検証した外務省有識者委員会の坂元一哉阪大教授は、「外務省の他の文書などから、この日米申し合わせは、60年の安保改定時も引き継がれたと理解している」と指摘し、60年に発効した日米地位協定下でも適用された、との見方を示す。現在は米兵が日本で起訴される例はあるが、「法務省の統計上、米兵の起訴率は同じ犯罪での日本人の起訴率より低い」との分析がある。
(2010年4月10日14時31分 読売新聞)


<ここから助兵衛の記事>
政権交代による情報公開で自民党のとんでもない売国奴っぷりがあきらかになった。
非核三原則もインチキだったということがわかってきたし、鳩山政権が意欲的に取り組む情報公開により本当の昭和史をあきらかにするという成果を挙げている。
讀賣新聞すげーな、たまにはいい記事書くよ。
日本の裁判権の放棄という密約の公表を求めるアメリカの大使にたいして、日本側(おそらく岸信介首相)が公表を拒否するなど生々しい会談の様子を伝えている。

今回あきらかになったのは、自民党の政治家安倍晋三元首相の祖父岸信介首相が日本の主権をアメリカに売り渡していたという密約だ。
岸信介首相は密約で米兵に対する裁判権を重要事件以外は放棄したのだ。
この米兵に対する裁判権の放棄は自民党政権が続いている限りつい最近まで行われていたのではないか。
自民党の工作員がよく民主党は中国に主権を委譲するつもりだとまったく根拠のない誹謗中傷をしているが、それは心理学で言うところの投影だろう。
自民党の工作員たちは自分たちが売国奴であるから他人も売国奴に見えてしょうがない。
自民党こそ裁判権という日本の主権を外国に売り渡していた売国奴だったのだ。
自民党の犯した犯罪は、沖縄だけでなく日本全国にあるアメリカ軍基地を受け入れてきた地方自治体に対するとんでもない裏切り行為である。
自民党は裁判権を放棄するという主権放棄をいったいいつまで続けていたのか?。
2009年まで続いた自民党麻生内閣までアメリカに日本の主権を売り渡すという売国行為が続いていた可能性はきわめて高い。
自民党は参議院選挙前に自らが2009年まで行ってきた売国的なアメリカに対する主権委譲にたいしてしっかりと説明しなければならない。
自民党が再生するには過去の国民に対する自民党が行ってきた犯罪をまず認めて謝罪することからはじめなければならない。
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。