レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 岩手17歳女性殺害事件、警察の悪質なミス隠し

岩手17歳女性殺害事件、警察の悪質なミス隠し



昨今警察や検察がでっちあげで逮捕、捜査する冤罪事件が社会問題としてマスコミでも大きくあつかわれるようになってきた。
そんな中で今度は岩手県警がとんでもない冤罪事件をおこしているとジャーナリストの黒木昭雄さんが指摘している。
上の画像は2008年6月に発生した岩手17歳女性殺害事件で岩手県警が100万円の懸賞金をかけて指名手配している小原勝幸容疑者である。
岩手17歳女性殺害事件は事件発生直後、ワイドショーでもさかんに報道されて私もそれを見た覚えがあります。
私は岩手県警により犯人扱いされている小原勝幸さん実は警察と真犯人に殺人犯という濡れ衣を着せられているだけで、すでに殺されているのではないかと思っている。
ジャーナリスト黒木昭雄さんの記事を読むとそうとしか思えない。
17歳の被害女性はクビを締められて橋から突き落とされて殺害されていると見られているが、小原勝幸さんは当時右手が使えない怪我を負っていたと彼を治療した医者が証言している。
岩手県警のずさんな捜査に怒りをおぼえるというより、もはやあまりにもお粗末すぎてあいた口がふさがらない。
いっこくもはやく真相があきらかになって真犯人が逮捕され小原勝幸さんの名誉が回復されることを祈ります。
くわしくは黒木昭雄さんのブログ「黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」」をご覧になってください。
週刊朝日に3週にわたって掲載された黒木昭雄さんの記事を読むと事件の全貌を簡単につかめると思います。(↓にリンクあります。)


参考サイト&動画
ブログ 黒木昭雄の「たった一人の捜査本部
私がこの事件を追及するわけ
初めにお読み下さい/岩手県警の捜査結果に絶対異議あり!
週刊朝日:2009年7月3日号(第1弾)【三陸ミステリー「疑惑の指名手配」・同姓同名の悲劇「彼女は私の身代わりで殺された」
週刊朝日:2009年7月10日号(第2弾) 【少女殺人事件の陰に隠された真相・「あの恐喝事件をなぜ、県警は握りつぶすのか」
週刊朝日:2009年7月24日号(第3弾) 【殺人事件のキーマンを直撃・被害届取り下げのナゾと「真犯人」


FNN スーパーニュース08.11.6
「岩手17歳女性殺害事件」
http://www.youtube.com/watch?v=63FwPYR2UZI
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析