レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 マスコミがにぎりつぶした舛添議員の発言。

マスコミがにぎりつぶした舛添議員の発言。

3月1日ジャーナリストの江川紹子さんがTwitterで外国特派員協会で自民党の舛添議員の記者会見で村木厚子さんが検察に逮捕された件を質問したことをつぶやていた。
2009年に厚労省元局長の村木厚子さんが逮捕、拘留されたのは、検察が民主党に政治弾圧をくわえるためにでっちあげるためであった可能性がきわめて高いといわれている。

<江川紹子さんのつぶやき>
外国特派員協会で舛添要一さんの記者会見。政治に関する質問が出尽くしたところで、私が村木厚子さんの裁判について質問。村木さんが逮捕された当時の大臣だった舛添さんは「彼女はとても優秀でありいい人だ」述べ「個人的に」としたうえで「無実と思う」と言いました。
<江川紹子さんのつぶやき>


このような検察の国策捜査を否定する発言が自民党の議員からでることはめずらしい。
自民党は霞ヶ関の官僚の犬になることが多い。
わたしは検察のでっちあげ捜査を批判した舛添議員は正義をなしたと思う。
検察のでっちあげ捜査で濡れ衣を着せられて多くの罪もない人々が殺された。
舛添さんは自民党では浮いている存在のように見受けられる、派閥の長たちからは覚えが悪いだろう。
舛添さんは自民党の政治家にしては感覚がまともすぎるのだ。
大手マスコミはこの舛添議員の発言をはまったく報道していないようだ。
もちろん大手マスコミは外国特派員協会での舛添議員の会見は取材しているだろう。
マスコミは検察とマスコミ自身に都合の悪い情報はいっさい報道しないという方針を変えるつもりはないようだ。
日本人は真実を知ることができないので、虚偽の報道でミスリードされてしまう。
自民党の議員からも検察が政治弾圧を行うためにでっちあげで逮捕、拘留しているという告発がやっとではじめたようだ。

日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演していたことで有名な住田裕子弁護士(ヤメ検弁護士)は2009年に「無実の村木厚子さんの解放を求めます」との声明を発表した。(Wikipediaより)
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

検察行政はなんら、反省の態度が感じられませんねー!
話が変りますが、舛添さんは、新党には参加しないようですね。あくまで、自民党『再生』を願い、総裁を狙っているようですね。意外に、慎重居士で、チャンスを逃がす恐れがあると思います。やや煮え切らない態度で、賞味期限が過ぎる感じがします。笑い)

荒野鷹虎さんへ

コメントありがとうございます。
自民党の政治家は目先の利益しか追わないタイプの人間が多すぎです。
舛添さんはそこそこいい政治家だと思いますが、おぼっちゃんで決断力に欠けます。
おっしゃるとおり、彼は好機をいかせなず賞味期限がきれるでしょう。
賢すぎるというのも考え物です。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析