レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 愛子様不登校報道は子どもへの虐待ではないか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛子様不登校報道は子どもへの虐待ではないか

SANKEI EXPRESSより引用
学校に行けない愛子さま 宮内庁 異例の発表

皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科(東京都新宿区)2年の愛子さま(8)が今週に入り、通学時に強い不安感と腹痛など体の不調を訴え、学校を休まれていることが5日、分かった。宮内庁の野村一成東宮大夫(69)が定例記者会見で明らかにしたもので、「学校で同学年の複数の男児から乱暴な振る舞いを受けたため」と述べた。


<ここから助兵衛の記事>
愛子様不登校問題で産経新聞が宮内庁の犬まるだしの論調だったのに失笑した。
霞ヶ関の官僚とマスコミが一体となって民間人をリンチにかけるいつもの構図がそこにある。
宮内庁の野村一成東宮大夫(69)の記者会見をうけての産経新聞の報道は学習院の子どもへの虐待ではないのか。
今のところ宮内庁と学習院が発表している事実を見ると、学習院の対応はまったく問題がないにもかかわらず産経新聞は学習院にたいしてイメージダウンするようないやがらせ記事を書いている。
ほとんどなんの罪もないのに産経新聞はじめマスコミによるリンチを学習院の子どもたちは受けている。
宮内庁の野村一成東宮大夫がなぜこんなことを記者会見で言ったのか理解に苦しむ。
70才ちかい年齢の野村一成さんは東宮大夫をするだけの見識や能力がないのではないか。
これほど高齢の人間が国家公務員として高い地位についていることにも驚いた。
宮内庁は日本の社会常識から大きく外れた組織になっている。
まだ事実関係もあきらかになっていないようだし、この問題は記者会見でマスコミに発表すべきものではない。

私は今回の宮内庁の野村一成東宮大夫の定例記者会見での発表は、愛子様の不登校問題の責任を学習院に押し付けたものではないかと感じる。
その宮内庁の手先になっているのが産経新聞だ。
新聞と官僚の癒着が恥ずかしげもなくこれほど露骨になっていることにおどろいた。
今年2月には天皇陛下がノロウイルスに感染するという大事件もあったが、宮内庁が原因を調査したという話は聞こえてこない。
宮内庁の役人は天皇陛下のご威光をいいことに無責任体質が蔓延しているのではないか。
愛子様不登校問題の責任は宮内庁のほうにこそあるのではないか。
スポンサーサイト

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も、ネットで始めてしたくらいで、Y新聞は出ていませよ・・可笑しなマスコミだと思いましたが、東宮太夫の会見も何をいているのかはっきりしませんですよ。・私はこの問題の真相は分かりませんが、真相を公表すべきと思います。背後関係までは疑わないのですが。何があるかわからない世の中です。復、雅子妃の病にも、不思議さがありますねー。、反抗にも思うのですが、大体、いまだに華族の子息が多く女官として君臨している自体がおかしいのです。事業仕分けが必要です。膨大な予算なのです。宮内庁は決して聖域ではないはずです。腫れ物に触る気持ちは間違いだと思います。天皇陛下に対する畏敬の精神こそもっと強く持つべきです。星

荒野鷹虎さんへ

コメントありがとうございます。
保守の論客からも宮内庁の発表を非難する意見がかなりでています。
おっしゃるとおり宮内庁はコネ採用が横行しすぎです、またなぜ69歳の年寄が働いているのか疑問です。
どうも宮内庁は高級官僚たちの老人ホームになっているよう気がします。
だから世の中なめているような仕事しかできないのでしょう。
おっしゃるとおり天皇陛下に畏敬の念を持ち、役人が政治利用できないようにすることが肝心です。

No title

 はじめまして。「人を笑わず人と笑う」の八角(やすみ)といいます。
記事読ませていただきました。その通り、すっきりしました。「美代子の一元ブログ」さんもいい事を書いていらっしゃいます。よかったら、読んでみてください。

私は天皇制だろうが共和制だろうが別にどちらでもいいのですが、それとは別に愛子様自身の気持ちや体調を第一に考えるべきでしょうね。誰であれイジメの対象にされるのは論外です。
また学習院の児童たちに対してのバッシングや保護者に脅迫等があってはなりませんし。事なかれ主義の宮内庁にも問題がありますね。
女系天皇問題や様々な皇室の事象を突き詰めていくと、そこまでして天皇制を継続する意味はあるのか?皇族の方々の犠牲や人間性を無視した要求や振る舞いを求めていないか?
人権蹂躙をしていないか?
等と暗い気持ちになりますね

No title

こんばんは。ATRと申します。

助さんの意見に同感を覚えます。加えて私は日本の皇室を取り巻く、宮内庁やマスコミ等は日本社会が抱える問題の本質を表出させてくれていると感じています。

八角さんへ

コメントありがとうございます。
ご推薦のブログ読ませていただきます。

通行人さんへ

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり天皇制をつづけるために、皇族の方々を犠牲にするのならば天皇制は廃止するべきだと思います。

ATRさんへ

コメントありがとうございます。
日本人は本質から逃げてしまうことが多いです。
そのへん司馬遼太郎が随筆で見事に指摘していました。
しかし国家が危機的状態になりとうとう本質と向き合わなければいけない時が来たようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。