レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 自民党と一体化している産経新聞

自民党と一体化している産経新聞



画像 産経新聞公式Twitter問題発言

産経新聞社会部が2009年衆院選自民党惨敗が決定したあと、公式アカウントのTwitterで「産経新聞が初めて下野なう」「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ。」とつぶやいて話題となった。
当時多くのブロガーが「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ。」という産経新聞の記者の発言を新聞の中立性に反すると批判した。
私はその前の「産経新聞が初めて下野なう」のほうがはるかにやばいと感じる。
下野したのは自民党であって、産経新聞ではない。
つまりこの発言は産経新聞が与党であった自民党と一体であると言ってるようなものだ。
Twitterは手軽につぶやけるゆえについつい口がすべり舌禍事件や情報漏えいがおきやすい危険なツールであると言われる。
Twitterでつぶやいた産経新聞の記者もけっして社外にもらしてはいけない秘密をうっかりもらしてしまったのだ。
私は記者が個人の良心にのっとって責任ととるつもりで記事を書くぶんには中立ではない記事を書いてもいいと思う。
しかし、新聞社や記者がある特定の政党と一体となって精神の独立を失ってしまったらそこにジャーナリズムはない。
産経新聞の記者のTwitterでのつぶやきは、私に日本の新聞社が自民党と一体となってブラックプロパガンダ(嘘をまじえたプロパガンダ)を行って国民をだましてきたという黒歴史を思いださせた。
いまだに産経新聞は自民党のブラックプロパガンダ機関として活動していると思わせる低俗な誹謗中傷記事が多い。
産経新聞は精神の独立をみずから放棄した自民党の犬なのではないか?
多くの人々から抗議をうけた後産経新聞公式Twitter最後の発言「これまで同様に客観的な事実に基づき、中立的な立場に立った上で、公正な報道をするよう、さらなる努力をしていきます。」がなんとも空々しい。
スポンサーサイト

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

産経は一時は学生に人気があったのですが、早大の弁論部が政権をになってから、保守的に成りましたねー。早稲田は意外に保守的なんでしょうかねー。革マル派ガ最後まで学生運動で頑張っていたのですがねー。
新聞も今に、淘汰される時代が来ると思いますよ・・・テレヴィも!

荒野鷹虎さんへ

いつもコメントありがとうございます。
産経新聞はすでに新聞であることをやめた感があります。
斜陽産業ゆえの悲しさでしょうか。

読まない

私の周りでは、「産経」を読んでいる人はいません。
例えば、母と母の友も「産経」は読むところがないと言っています。そこで私が「産経はメジャー4新聞の中では、ダントツに発行部数が少ない」という話しをすると、母は「やっぱり」と頷いていました。
今の注目は、いつ「廃刊」するか・・・です。

産経
=惨傾・・・新聞業界では、販売部数で【惨敗】し、経営が【傾いている】新聞。
=散詣・・・検察などの【詣で】をして、民主党、小沢幹事長などの低俗な誹謗中傷記事を【撒き散らし】たりしている3流で、軽薄な新聞。

周りさんへ

産経新聞は読むところがないということにすごく共感しました。
ほとんどが誹謗中傷が入った記事なので、金払って読む気にはまったくなりません。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析