レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 上杉隆と池田信夫が検察リークで公開討論。

上杉隆と池田信夫が検察リークで公開討論。



Ustreamの「検察リークと記者クラブ報道にマジレス」という番組を見たのだが、なかなかおもしろかった。(↑の動画で見れます。)
司会はそらのさんという女性がやって、大学教授の池田信夫さんとジャーナリストの上杉隆さんが検察リークについて討論をするという企画である。
私は池田信夫という人間をまったく信用していないし科学者としても評価していない。
池田信夫のいいところは元NHK職員なのでマスコミの恥部を知っていてなおかつそれを公にしたというところだ。

番組冒頭で池田信夫が上杉隆にたいして「彼(上杉隆)は検察取材もしたことがない素人」と誹謗中傷したことを冒頭で認め取り消した。
教授でありながらいいかげんな情報をもとにこういった誹謗中傷をするなどとんでもない話だ。
上杉隆にも池田の根拠とする情報は信用性の低い3次情報でしかないことを指摘されていた。
池田信夫というのは下劣な男だなあとあらためて感じた。
こういうすぐばれるようなしょうもない嘘を垂れ流すことに罪悪感をまったく感じないのがマスコミの人間なのである。

池田信夫さんが「検察が民主党への政治弾圧をしている」という話はナンセンスと言っていたが、検察が今までにやってきた国策捜査とは政治的な意図をもって捜査することだということを知らないのかな。
池田信夫さんの主張こそがナンセンスであり、彼は検察の国策捜査すら知らない無知なのではないだろうか。
検察の国策捜査の意味すら知らないようでは情報弱者だと言われてもしかたない。
池田さんはまだそんなに老け込む年じゃないと思うが時代の流れについてこれてないと感じる。

池田信夫も認めた読売新聞のあほな検察リーク否定の話は笑った。
読売新聞や朝日、産経、毎日といった新聞の屁理屈は本当に読者を馬鹿にした話だ。
検察リークという公然の秘密を否定する新聞社は霞ヶ関、役人と一体となった組織なのである。
こういった嘘ばかりの新聞の記事を金を払って見るのは馬鹿馬鹿しいことです。


また上杉隆があきらかにした検察リークの生々しい現場の告発は興味深かった。
検事総長や特捜部長といった大幹部たちがほぼ毎日記者クラブの記者に情報をリークしているようだ。
マスコミの記者クラブの記者と検察幹部は国家公務員法の守秘義務違反という犯罪を毎日仲良く行っているくさい仲なのである。
マスコミが青筋たてて検察リークを否定するわけである、検察とマスコミは犯罪の共犯関係にあるわけだから。
また検察の捜査現場をよくテレビが報道しているのを見るが、事前にマスコミにどこにガサ入れするか教えているということも議論の中ででてきた。
この証言も何人もいる国策捜査の犠牲者たちの証言と一致する。

私は池田信夫教授が具体的な話をするのを嫌がるのが彼の人格を象徴していると思う。
彼は自分に都合の悪い事実は絶対認めたくないから、事実から逃げているのだ。
よくいえば保守的、わるくいえば頑迷、ガンコな弱い人間なのだ。
彼は建前や論理といった思い込みや先入観にとらわれて本質が見えてない、または本質を見るのをこわがっている。
彼は典型的な利口バカである。
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析