レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 マスコミはなぜ検察リークを認めないのか?

マスコミはなぜ検察リークを認めないのか?

週刊朝日表紙
画像 売り切れ続出!週刊朝日2010/02/19の表紙

今いわゆる全国紙やテレビ局といった大マスコミの暴走がすごい!
マスコミは検察リークを垂れ流していたという事実をまったく認めようとしないうえに、現在も検察リークを垂れ流し続けている。
公然の秘密である検察リークを認めようとしないマスコミは、まるで核密約を認めず国民に嘘をつき続けた一党独裁時代の自民党のようだ。
マスコミに対する批判やマスコミの犯したあやまちは組織防衛のためにけっして報道しようとしない日本のマスコミの態度は真実を報道するジャーナリズムからは程遠いものだ。

なぜマスコミは検察リークを垂れ流していたことを認めようとしないのか?
それはマスコミにとって検察リークを認めてしまえば大きな責任を問われることになるからである。
検察リークを認めてしまえば、日本のマスコミが嘘を報道していたことを認めざるを得ない。
またマスコミは建前は権力を監視すると言うことになっている、しかし実態は検察の犬となっていたことが国民にばれてしまう。
検察リーク垂れ流しがばれても、検察リーク垂れ流し報道を続けるマスコミは霞ヶ関と一体といってもいい組織ではないのか。
さらに今まで検察の政治弾圧の尻馬に乗って心ある政治家を誹謗中傷してきたことがわかれば、名誉毀損の罪にも問われるし、被害者から損害賠償も求められるだろう。
短期的にはマスコミにとって検察リークを認めることはまちがいなく国民からの信頼度を下げ、さまざまなかたちで謝罪をしなければならなくなる嫌なことだ。

私は先日、横綱朝青龍を引退させたのはマスコミの有力者だろうと思っている。
横綱審議委員会の委員にはずらりとNHKの会長や新聞社の元社長といったマスコミの大幹部たちが五人もいる。
相撲界にマスコミは強力な影響力を持っているのだ。
朝青龍は保守的なマスコミの有力者から嫌われたのだ、品格がないといいがかりをつけられ横綱引退に追い込まれた。
マスコミは自分たちに都合の悪い人間をメディアを使って誹謗中傷することにより、世論操作をして恣意的に抹殺していく。
私は朝青龍引退事件に背筋が寒くなるものを感じた。
マスコミの有力者の好みに合わないからといって、相撲の横綱が引退に追い込まれるとは横暴ではないか。
朝青龍引退事件は大マスコミがその絶大な権力をまざまざと国民に見せつけた事件であった。
民主党の小沢一郎幹事長はマスコミからの攻撃をなんとか耐えているが、モンゴル人である朝青龍には日本のマスコミという巨大な権力に抵抗するすべはなかったのだ。

日刊ゲンダイや週刊朝日といった一部のメディアがマスコミのタブーをやぶって、検察リークを認め検察批判を紙上で堂々と展開している。
検察は週刊朝日に抗議文を送り編集長に出頭をせまるなど圧力をかけている。
週刊朝日はすごい売れ行きで発売日にすぐ買わないと手にいれることがむずかしい。
他の俗悪な週刊誌(週刊新潮、週刊文春、週刊現代)はいつまでも売れ残っているのと好対照だ。
多くの日本人はあきらかに大マスコミの嘘に気づき始めている。
政権交代で日本のかたちが大きく変わろうとしているが、日本人の心もまた大きく変わりつつあるのだとしみじみ感じました。
スポンサーサイト

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

同じゲンダイでも

週刊現代と日刊ゲンダイととではスタンスが違うのでしょうか?
講談社グループなのにね・・・

No title

ちがいますねえ。
朝日新聞と週刊朝日もかなりちがいます。
SPAはフジサンケイグループですけど、かなりリベラルだと思います。
週刊誌といってもそれぞれそうとうちがいがありますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析