レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 田原 総一朗サンプロ 衝撃の告発連発!

田原 総一朗サンプロ 衝撃の告発連発!

2010年1月24日放送のテレビ朝日の田原 総一朗司会の番組「サンデープロジェクト」の「小沢幹事長を検察聴取 激突!最終決戦の行方細野VS町村氏、元特捜 宗像・郷原氏が激論」という企画が放送後話題になっている。(下記に動画リンクあり)
元東京地検特捜部長の宗像紀夫弁護士や経済ジャーナリストの財部 誠一が驚きの証言をしたからだ。
マスコミがインチキな検察リークばかりたれ流しているせいで、小沢一郎幹事長が悪いような印象を持っている日本人の目が覚めるような番組であったことはまちがいない。

元東京地検特捜部長の宗像紀夫弁護士が、佐藤栄佐久元知事が特捜に起訴された収賄事件は、特捜のでっちあげだと批判した。
今までも多くの識者や被害者が検察が国策捜査とよばれるインチキ捜査をしていると告発していたが、元東京地検特捜部長がそれを認める発言をしたのは衝撃的でありきわめて異例だ。
また小沢幹事長に裏金を渡したとされる水谷建設の元会長が、佐藤栄佐久元知事が特捜に起訴された別の収賄事件で偽証していたことがあきらかになった。
検察が小沢一郎幹事長を捜査している根拠としている水谷建設の元会長の信憑性はほとんどないといっていいだろう。
水谷建設の元会長は、仮釈放ほしさに検察に迎合した証言をしてしまったらしい。

ゼネコンを取材したという経済ジャーナリストの財部 誠一は「このご時勢に五千万円も土木屋が政治家にもっていくわけない。古い頭の発想だ。あの検察の見立てはまったく説得力がない。」と検察のストーリーを否定した。
財部さんは嘘丸出しの作り話つくってんじゃねえよと言いたいのでしょう(笑

国策捜査の犠牲者である福島の佐藤栄佐久元知事は裁判でワイロゼロと認定されながらも、有罪とされている。
証拠や法律に関係なく有罪になる、検察がやっているのはまさに国策捜査とよばれるでっちあげ捜査ではないか。
裁判所も検察のいいなりになって判決をだしているのはおかしい。
特捜の検事が「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」と佐藤栄佐久元知事の弟に語ったという。
その言葉通り選挙で選ばれた佐藤栄佐久知事は、検察によって政治生命を絶たれ抹殺された。
『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』の著者佐藤優さんも取調べをうけた特捜部の検事から、「これは国策捜査だ、君に勝ち目はない。」と宣言されたという。
国策捜査という名のおそるべき政治弾圧を検察が白昼堂々おこなっているのはもはやまちがいない。
検察は霞ヶ関の敵をでっちあげ捜査で逮捕してその政治生命を絶っているのだ。
今現在行われている小沢一郎幹事長への一年にわたる検察の捜査も国策捜査という名のでっちあげ捜査である可能性はきわめて高い。



サンデープロジェクト「小沢幹事長を検察聴取 激突!最終決戦の行方細野VS町村氏、元特捜 宗像・郷原氏が激論」
その1 http://www.youtube.com/watch?v=iwG0RgWIsHI
その2 http://www.youtube.com/watch?v=ep2ZUhUVKZM
その3 http://www.youtube.com/watch?v=OjJ0QQF9-DI

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

特捜部検事は、元は、ほとんど東大出身が多かったが今では、他の大学が占めているそうです。東大が優秀とはいわないまでも、こんな小さな問題に、いまだに、起訴もできない検察の能力低下問題があります。
Y,S,N新聞に同期もいてリークされているようです。
行政機関の一部の特捜部も、民主党、特に小澤の官僚人事の介入を怖がっているのでしょう。いまのうちに、命を絶っておきたいのです。それにしても、たいした真相も分からぬ輩が、しったかぶりで報道されたら、一部の国民も、「これは・・・」とおもう人も出てきます。

民主党も最高機密捜査機関を作る必要が出てきます。
そうなれば、危険ですので、この問題を早く、不起訴にして、(起訴しても、公判維持はもたないだろう)という検事もいて小沢さんの政治生命は絶たれることはないと確信できます。国を揺るがす、大事件にだけ熱心にやってくれれば良いのです。後は、警察で間に合うのです。この問題は、国を破滅に陥れる事件ではないでしょう。!「いまの、特捜部はいい加減にしなさい」と思うしだいです。☆

荒野鷹虎さんへ

ごぶさたしております。
今も昔も特捜部というのは、まさに俗に霞ヶ関と言われる官僚主義の権化だと思います。
自分たち官僚がエリートで、われわれ一般市民を見下して洗脳しようとしています。。
まともな感覚を持った検事もいましたが、冤罪を着せられ粛清されました。
鬼検事と言われた三井環さんも検察首脳と対立した発端は検察のずさんな捜査に対する上申書を提出したことにあります。

元大阪高検検事長 逢坂貞夫が、09年3月、大久保秘書が起訴された直後に、西松建設の社外取締役に就いたという。

ありがとうございます。

情報提供ありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析