レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 検察に脅迫された上杉隆

検察に脅迫された上杉隆

フリージャーナリストの上杉隆が2009年3月のフジテレビの報道番組『新報道2001』に出演した際、いわゆる検察リーク問題で、検察幹部の実名をあげて批判したところ、検察サイドから脅迫を受けたと記事で書いている。(記事リンク 小沢問題で検察リークに踊らされるメディアへの危惧)
以下、上杉隆氏の番組での発言からはじまる記事を引用する。

<記事引用開始>
「私自身、議員秘書経験がありますが、その立場からしても、政治資金収支報告書の記載漏れでいきなり身柄を取るのはあまりに乱暴すぎるように思う。少なくとも逮捕の翌日から、小沢一郎代表(当時)はフルオープンの記者会見で説明を果たそうとしているのだから、同じ権力である検察庁も国民に向けて逮捕用件を説明すべきだ。とくに記者クラブにリークを繰り返している樋渡検事総長佐久間特捜部長は堂々と記者会見で名前を出して話したらどうか」
 筆者は、当然のことを言ったつもりでいた。ところが、番組放送終了後、笹川総務会長が烈火のごとく怒っていた。私に対してではない。番組の幹部に対してである。
「あんなやつを使うな! あんなのとは一緒に出ない」
 昼過ぎ、スタジオを出た筆者の元に検察庁担当の社会部記者から電話が入った。
「お前まずいぞ、(検察側の)実名を出しただろう。『調子に乗りやがって』と、検察は怒っていたぞ。心配して言ってんだ。本当に、気をつけた方がいいぞ」
 彼の話によると、本気でやろうと思えば、痴漢だろうが、交通違反だろうが、あらゆる手段を使ってでも、狙われたら最後、捕ってくるというのだ。たとえば道を歩いていて、他人の敷地に間違えて足を踏み入れただけで不法侵入の疑いで持っていかれるかもしれないということだった。
<記事引用終了>

上杉隆を直接脅迫したのは、検察庁担当の社会部記者ということになっているが、実際は検察がやらせているのだろう。
「心配して言ってんだ」というあたり、脅迫に聞こえないように巧妙ないいまわしをつかった脅迫だ。
検察が直接上杉隆を脅迫するのはリスクが高い行為なので、記者クラブの記者を使ったのだろう。
検察のかわりに脅迫をした記者はその見返りとして、検察リークをもらってそれを記事に書くというわけだ。
記者クラブに入れる記者だから大手マスコミの社会部記者だろう。
検察とマスコミが一体となっている様子がよくわかるエピソードだ。
笹川総務会長が上杉氏の検察リーク批判発言にたいして烈火のごとく番組の幹部に対して抗議したというのもおもしろい、自民党の幹部が検察の手先になっている様子がよくわかる。
検察と自民党はグルなのだ。

上杉氏を脅迫した社会部の記者は検察があらゆる方法で自分たちの敵をほうむってきたと実例をあげている。
その実例の一つとして検察は本気でやろうと思えば、痴漢にみせかけて逮捕するという話をしている。
そういえば植草一秀元教授が痴漢でつかまった件であれは国策捜査であり冤罪だと訴えていた。
私は植草氏のことを信用していなかったのだが、まさかあれも検察のでっちあげなんだろうか・・・・。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析