レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 大和の語源

大和の語源

ヤマトは日本中によくある地名だ。
意味はヤマの入り口、ヤマのへりというような意味らしい。
特に日本史上有名なヤマトは今の奈良盆地のあたりのヤマトであろう。
奈良盆地には古墳時代から奈良時代に大王(おおきみ)の支配する藤原京や平城京といった古代日本の首都がおかれた。
その日本の首都たるヤマトに、当時の日本人は大和という漢字をあてた。
大和朝廷という言葉が有名ですね。

大和という漢字の本来の意味は道教(神道)で、天皇という道教の最高神が支配する天上世界での争いのない究極の平和な世界のことを言うらしい。
古来日本を支配した大和朝廷の権力者たちは、ヤマトという土地に平和の願いや天皇が支配する土地という意味をこめて大和という漢字をあてたのだろう。
西暦2010年現在でも世界中で戦争やテロは続いており、平和とは言いがたく、平和は人類の大きな課題であり願いである。
1400年以上昔の日本人も現代人と同じように平和を願っていたというのは感慨深い。
私は日本人の一人として、われわれのご先祖様がこのような高い精神文化を持っていたことは誇らしい。

かなり時代はくだり、昭和時代の日本で大和は、戦艦の名前にもつけられる。
当時世界最大の戦艦だった戦艦大和だ。
当時の日本は莫大な国費を戦艦大和建造に費やしたが、戦艦大和は戦争でまったく活躍できなかったので日本の三大バカ事業の一つに数えられている。
兵器に大和と名づけるとはおそろしい罰当たりなネーミングだ。
おそらく戦艦に大和と名づけた人は本来の意味を知らなかっただろうね。
戦艦大和をつくった当時の日本人はじつにバカだが、ネーミングセンスもなかったといえるでしょう。
現代人は古代人より物質に恵まれた生活をしていると思うが、心や精神は古代人より豊かであるといえるでしょうか?

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

新年のご祝詞を申し上げます。!

怒さん!私は、貴殿のような論文が広く読まれることを心から願っているものです。真実はひとつだと思います。捻じ曲げられた昨今のマスゴミはいけません。!
田原に支配されるようでは情けないことです。
この方、良い時もありますが、わがまますぎます。
大和の国は、やはり九州じゃなく奈良地方が、朝廷の礎なのでしょうねー。タケルノミコトの東征の記録が証明しているように思います。
戦艦大和は面白い論調だと思います。
怒さんの更なる、突っ込み記事を期待しております。
今年もどうぞお忘れなく、?笑)

あけましておめでとうございます。

荒野鷹虎様、ことしもよろしくおねがいします。
寅年ですので阪神タイガースもきっと活躍すると思います。
私もヤマトタケルノミコトの東征の話は古代日本の英雄たちの物語を仮託したのだと思います。
今年も荒野鷹虎さんの詩をよんで勉強させてもらいます。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析