レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 警察官ネコババ事件

警察官ネコババ事件

5月21日に裁判員制度が開始される。
日本人は警察、検察は絶対に正しいと思い込んでいる傾向にあるようだが、それは誤った考えである。
警察や検察はとんでもない犯罪を犯すということを知ってもらうために、警察官ネコババ事件をご紹介します。

警察官ネコババ事件は1988年(昭和63年)2月6日におきた。
それは大阪にある堺南警察署の槇塚台派出所に勤めていたN巡査(31)が、具足みち子さん(37)が届けた落し物の15万円をネコババしたというしょうもない事件がはじまりだった。
ところが、三月に栄転をひかえていた堺南警察署の最高幹部であった署長井上正雄、副署長谷口寿一、警ら課長馬場博は警察官の不祥事を隠ぺいするため具足みち子さんに落し物の15万円を盗んだ罪を着せることにしたのだ。
人気ドラマ「踊る大捜査線」の湾岸署のスリーアミーゴスは人情味があるが、堺南警察署のスリーアミーゴスはとんでもない悪だった。
いかにドラマで警察が美化されていて、国民がそれに洗脳されてるかってことを感じますね。
直接事件の捜査に当たった堺南警察署の刑事(巡査部長)は、当時妊婦であった具足みち子さんにたいしてねつ造した証拠や目撃者をでっちあげて脅迫して自白させようとするが失敗する。
また当時具足みち子さんが通院していた岡村産婦人科医院に警察は留置して調べられるように診断書を書くように依頼した、岡村博行院長は「切迫流産しかけたこともあるので(逮捕や留置は)無理」だと答えると刑事は現在は異常ないと書いてくれとさらに頼んだが、岡村博行院長はそんなもの書けないと断ったという。
堺南警察署の捜査は最大八人体制で行われ、刑事の中にはN巡査が真犯人だと主張する者もいたが、井上正雄署長ら最高幹部にはもちろん受け入れられなかった。
その刑事は「Nを調べてみないと、とんでもないことになる。この事件はこわい。(捜査から)降ろしてもらう。」と言って捜査から降りた。

具足みち子さんの濡れ衣が晴れたのは、読売新聞がこの事件を記事にしたことで、大阪府警捜査二課が動きだし独自に捜査した後である。
3月25日大阪府警本部城戸崎実府警本部監察室長は「十五万円の拾得届は確かに出ていた。受け付けた警察官N巡査(発表は実名)が受理手続きを怠り、受付の事実を隠していたことが判明した。明日付で懲戒免職処分に付し、業務上横領容疑で書類を検察庁に送致する。」と述べ、「善意の届出人に誠に申し訳ないことをした。」と謝った。
事件発生から48日目、警察はN巡査がネコババしたことを認め謝罪したのだ。
堺南警察署の最高幹部たちはそれぞれ軽い懲戒処分を受けたが、罪のない一般市民に濡れ衣を着せようとした罪(刑事罰)には結局問われなかった。
警察は組織防衛のために、誣告罪や証拠ねつ造といった罪を犯した堺南警察署の最高幹部たちをかばったのだ。
N巡査(31)も懲戒免職になったものの、一度も逮捕されず十五万円ネコババした刑事罰は問われなかった(不起訴処分)。
具足みち子さんのように弁護士を雇って賢明な対応ができた人はいいが、警察に濡れ衣を着せられて無実を証明できない人もたくさんいるだろうね。
最近、足利事件は証拠品をDNA再鑑定した結果冤罪である可能性が高まっていると報道されました。
足利事件も警察が無罪の人に濡れ衣を着せた事件だった可能性が高まっている。

警察が組織防衛のためには犯罪を隠ぺいする体質は2009年現在健在であり、警察庁や警察がつくった裏金事件ではいまだに誰も処分されていない。
警察は組織を防衛するためには犯罪を平気で犯すのである。
犯罪を犯すはずのない警察が組織的に犯罪を犯した場合は、誰が捕まえ誰がその犯罪を止めるのか?
日本ではその明確な答えはいまだにでずに、警察の組織犯罪は野放し状態なのである。

参照文献 また 引用文献
警察官ネコババ事件 読売新聞大阪社会部 講談社
大阪・警察官ネコババ事件(事件史探求)
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

裁判官も検察も国家公務員の一員です、身内意識の強い、官憲は、くさいものにふたの悪い体質があります。刑事事件の、有罪率が、999・9%という数字が物語っています。
裁判員制度で少しでも、官憲の偏向裁判を正すべきと思います。道警の、裏金問題も、摘発した、道新と元幹部警察官が民事裁判で敗訴しました。

象徴的な、事件です。!

荒野鷹虎さんへ

いつもコメントありがとうございます。
北海道警裏金事件ありましたねえ。
Wikipediaで確認すると、北海道議会で民主党や共産党がこの問題を厳しく追及したようですが、自民党、公明党、フロンティア3会派がすべて否決して追及を妨害したようですね。
起訴された警察官は、検察がすべて不起訴としたようです。
北海道は革新が強いので不正には厳しいんですね。

中川一郎?の不審死も警察は、消極的な姿勢で、本格捜査をしていません。ホテルで殺し屋が目撃されていて、証言もあるのです。政敵の、中川さんは、政権側に、消されたのではないかと、道民は今も、追及しています。酒飲みの息子はこの問題が、原因でのんべいになったのなら、少しは、可愛そうですが・・・・・笑

荒野鷹虎さんへ

こんにちは。
韓国の盧前大統領が自殺されましたね。
昭一の酒はストレスが一番の原因だと思いますよ、政治家にはむいてないんでしょう。
政治家はすごい能力を必要とされますから、世襲なんて本来は無理なんですよ。

パソコン故障で訪問できませんでした。今夜から、新しい機械で再開しました、またよろしく。
応援いたします!

今朝産経新聞(net産経は売国奴である)の静岡知事戦の記事にコメントのブロガーさんのところを開いたら、怒助兵衛さんの記事が出てきました。!注目されているのですねー。!物事を衣着せず、明確なコメントが受けているのでしょうね。!おめでとうございます。

荒野鷹虎さんへ

コメントありがとうございます。
たぶんそれは私がトラックバックをおくったから表示されたのだと思います。
自民党批判の私のブログはIZAではひや飯ぐらいですよ。
産経新聞おすすめのブログというコーナーで他人のブログを誹謗中傷している2chのあらしみたいな人間が紹介されていたのには腹をかかえて笑いました(笑
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析