レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 なぜ平安時代の地方の開発領主(武士)は田地を荘園に寄進したのか

なぜ平安時代の地方の開発領主(武士)は田地を荘園に寄進したのか

因幡堂縁起
 任国に赴く受領(因幡堂縁起)

なぜ平安時代の地方の開発領主(武士)は、摂関家や皇族といった朝廷有力者、有力寺社の荘園に自分の田地を寄進したのか?
私は学生の時に日本史を勉強したときに、それが気になってしょうがなかった。
寄進と言うとせっかく開墾した自分の土地をあげちゃうのか?、さすがにそれはないだろうなどいろいろ考えた。
日本史の教科書には肝心なところ、なぜ田地を寄進するのか書いてなかった。
最近この謎がとけたので、読者の皆さんにもご紹介します。

どうやら地方の開発領主は摂関家や皇族といった朝廷有力者、有力寺社に自分の田地を寄進することにより国に払う税金や雑役(強制労働など)を免れようとしていたらしい。
摂関家や皇族といった朝廷有力者、有力寺社は税金を払わなくていいという免税特権を持っていたのだ。
合法的な節税のための田地寄進だったのだ。
寄進と言うと、譲渡したようだが、田地の実質的な支配権はもちろん地方の開発領主である武士のままである。
当時の朝廷の法的な所有権が移転しただけだ。
地方領主は摂関家や皇族に無料で寄進して、免税特権を手に入れることはできない。
摂関家や皇族、有力寺社にみかえりとしてワイロを渡す必要がある。
またワイロだけでなく、みかえりに京都平安京で有力者の身辺警護などをすることもあった。
たしか河内源氏の祖源頼信だったと思うが、仕えていた藤原道長が家を新築した時に、京の人が見たこともない豪華な家具(その家で使う家具すべて)を贈ったという話が残っている。
豪華な家具家一式分というワイロがきいたのか、源頼信は熟国(農作物がよくとれる国)といわれる美濃守や鎮守府将軍などの受領に朝廷から次々と任命されている。

朝廷の有力者と主従関係を結んでおくとさらにいいことがある。
地方領主(武士)は、朝廷から派遣された受領(国司)と税金の負担をめぐって争い、時には殺し合いになることもあった。
そういった朝廷の禁じた合戦をしてしまった時でも、ワイロをおくっておくと罪をもみ消してもらえたり、軽い罪にしてもらえることがあった。
摂政藤原道長は家人(家来)である安房の荘園領主藤原某が安房の国衙(役所)を襲って国司を殺すという事件が起きた時に、書類の不備を理由に家人の国司殺しの罪をもみ消している。
天皇が任命した国司を殺すといった、重大な凶悪犯罪でも摂政である道長はもみ消すだけの力があったのだ。

国に税金を払わない田地が急増したので、国の税金収入は減り経営はとても苦しいものになっていき、大和朝廷と天皇の力は急速に弱っていく。
莫大なワイロをもらっていた摂関家藤原氏などの有力貴族も、朝廷自体の力が弱ったせいでその権力は弱まり、ワイロ収入も減っていっただろう。
そして河内源氏である源頼信の子孫である源頼朝が朝廷とは別の政権、鎌倉幕府をうちたてるのである。
武士と呼ばれる地方領主は、貴族より武力もあったが、田地の経営能力も高かったのである。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

怒さんへ!
相変わらずの、忌憚のない、正論、頼もしい限りです。!!

東京一極主義は、驕りの現れです。
まして、都銀の不祥事をごまかして、巨額の、赤字を出してまで、オリンピック招致はありません。
昔お世話になった、南米に恩返しすべきです。

荒野鷹虎さんへ

毎回ブログ読んでいただきありがとうございます。
東京一極主義は私も変えなければならないと思っています。
民主党が政権をとりましたら、公正な社会実現をかかげる小沢党首が必ず公正な分配に手をつけるでしょう。
オリンピックやる金があったら、経済弱者にまわしてほしいものです。

黒歴史

これを読んで日本の富と権力ついての歴史は
非常に汚いものだと思いました!
富と権力のためには人殺しまで簡単にヤっちゃうのが
人間という生き物なのですね!
権力者は富と権力が欲しいだけというのが
どうやらニンゲンという生き物の本質のようですね。
サル山のサルと同じという感じで。
私はニンゲンのそういうところが嫌いなのに、
だってその人以外のみんなを不幸にしてしまうから。
そういうのには絶望しています。

にゃにゃわんこさんへ

コメントありがとうございます。
日本は学校の歴史教育でショッキングな汚い部分を避けて教えない傾向にあります。
そういった部分を教えないと歴史を学ぶ意味がないと思うのですが。
たしかに安房の国司を藤原家の家人が殺したのは事実なのですが、国司がえげつない搾取で荘園領主を追い込んだという側面もあります。
いかに人間同士が殺しあわないで助け合って暮らしていけるのかというヒントが歴史にあると思っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析