レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 君が代の「君」は天皇のことじゃない?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代の「君」は天皇のことじゃない?

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
巌(いわお)となりて
苔(こけ)のむすまで


日本の国歌「君が代」が文献ではじめて確認できるのは、905年に成立した古今和歌集。
古今和歌集は醍醐天皇の勅命による勅撰和歌集(天皇が国家事業としてつくられせた)。
撰者の一人に土佐日記で有名な紀貫之がいます。
作者は「読み人知らず」、誰かわかりません。
ですから、もっと古い時代、例えば奈良時代やそれ以前から日本人にはやっていた可能性があります。

珍説であり、学界には無視されていますが、君が代の「君」は実は「筑紫の君」であるという説がある。
私はこの説を聞いた時にありえる話だなと思った。
「君」という姓は、ヤマト政権に反抗してのちに臣従した大豪族につけられる姓なんだよね。
君で有名なのは磐井の乱で有名な筑紫君磐井だよね。
筑紫君は九州北部の豪族です。
武蔵国造の乱では、ヤマト政権に乱をおこした小杵(おぎ)を影で支援していたのは上毛野君小熊なんだよ。
上毛野というのは今で言う群馬県。今でも総理大臣を多く輩出する県ですね。
君という姓をヤマト政権からもらった豪族は江戸時代でいうところの外様大名に近いかも。
さらに読み人知らず、作者不詳っていうのがさらに天皇以外の有力者をたたえた歌であるという可能性を増すポイント。
万葉集にものっているように歌で権力者をほめたたえるっていうのは古墳時代からあったからね。
ヤマト政権の王である天皇ではない、豪族「君」をほめたたえる歌が日本人に流行していて、それを古今和歌集の撰者が採用したっていうことはありうる。

でも、学界に無視されているってことだから「筑紫の君」説はまゆつばなんでしょう。
いつから天皇のことも君と言うようになったんだろうなあ。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

興味ある記事ですねー。「君臨」というからには、(君,公)が地方の豪族おそらく大王(おうきみ)が一説でしょうね。天皇という称は中国の言葉で天帝のことを指し信仰的印象が強いです。天皇という始まりは日本ではお説の通り7世紀推古朝というのが定説のようです。諸説紛々すると頃が、「神神から天皇へ」の面白さではないでしょうか?☆

荒野鷹虎さんへ

いつも読んでいただきありがとうございます。
君が代は思ったよりも歴史が古く、さまざまな謎がありますねえ。
ヤマト政権がひた隠す神々の時代といわれる日本史の空白期間に思いをはせるのもまたおもしろいものです。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。