レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 自民党の政治家は責任逃れに必死!

自民党の政治家は責任逃れに必死!

【紙面批評】学習院大学名誉教授・藤竹暁 場当たり発言で命脈尽きた首相≪産経ニュース≫

最近麻生首相をはじめ自民党の政治家の責任逃れ発言が続いている。
まずは麻生首相の「郵政民営化実は反対だった」発言。
最近郵政民営化でかんぽの宿譲渡問題などで国民が小泉改革離れをしていると見るや否や寝返りである。
今頃になって郵政民営化反対だったなどと言うのは、自分が売国奴であったと自白するに等しい行為だ。
小泉改革に反対すれば選挙におちる。だから政治家の椅子にしがみつくために本当は国民のためにならない、経団連をもうけさせるための郵政民営化に賛成したということではないか。
政治家としての良心も矜持もあったものじゃない。

与謝野馨経済財政担当相はもっとひどい。以下毎日JPの記事を読んで欲しい。

与謝野馨経済財政担当相は10日の参院財政金融委員会で「この10年間の自民党の政策は外国から輸入したものを無理やりに移植してきたのではないか」と述べ、新自由主義的な経済政策に疑念を呈した。峰崎直樹氏(民主)の質問に答えた。

 与謝野氏は「この10年間の経済界の動きは決して我々が目指している社会ではない」と指摘。「『強者が栄え、弱者が滅びる』という感じは自民党内にはあまりない。自民党は実は社会民主主義の政党だと思っている」と述べた。【田中成之】

今の日本で起きている問題が、外国の制度を経団連の都合のいいところだけ輸入したものだからという発言は私も賛成するが、あとの二つは迷言だ。
「この10年間の経済界の動きは決して我々が目指している社会ではない」というのは先ほどの麻生総理と同じくらいの迷言だ。
与謝野馨議員は麻生首相と同様小泉政権の自民党で政調会長として小泉改革を支えた政治家なのである。
ここ10年の日本経済政策は与謝野馨はじめ自民党が担ってきたのである。
つまり今の日本の経済がむちゃくちゃになっている原因は自民党の政治家にある。
いわば現在の日本でおきている問題の戦犯ともいっていい人間である与謝野馨が、都合が悪くなるとまるで人ごとのようにこんなはずじゃなかったなどと言っている。
最後の「自民党は実は社会民主主義」というところは、いかにも苦しい言い訳だ。失笑するしかない。

当ブログ記事「なぜ麻生太郎は新聞が嫌いなのか?」の最後で私はもっと科学者の声に耳を傾けるべきだと言った。
産経ニュースで学習院大学名誉教授・藤竹暁が命脈尽きたとまで麻生首相を批判している。(一番上のリンク参照)
私は藤竹暁教授の意見に賛成です、皆さんもぜひ読んでいただきたい。
藤竹暁教授のように人文科学者は今日本社会で起きている問題について積極的に責任ある意見表明をしてほしい。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

麻生さんは何を考えているのか分からなくなりました。
話題をまいて注目を狙うのか、政治理念がないのではないか?
小泉さんも、もっと早く言うべきだと思いましたが・・・
ぶれない小泉の事だから、何か行動があるかもねー。

荒野さんへ

小泉さんは政局と権力欲だけの男ですからね。
もう化けの皮ははがれてしまって終わりでしょう。
郵政民営化がらみの汚職でまただれか捕まる気がします。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析