レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 麻生首相また大ボケ!渡辺喜美を美智雄と 言い間違え。

麻生首相また大ボケ!渡辺喜美を美智雄と 言い間違え。



首相VS記者団:今年後半、「よく戦ったかな?という感じ」 12月26日夜≪毎日新聞≫
上の動画は兵庫のおじさんという人が作った麻生ネタの動画です。

衆院解散要求決議案に賛成、自民党に造反した渡辺喜美元行政改革相。
ちょっとした時の人である渡辺喜美のことを、ぶら下がり取材で麻生首相は渡辺美智雄と言い間違えた。
今やほとんどの日本人が知っているであろう渡辺喜美の名前を言い間違えるとは、いかに新聞を読んでいないかということである。
しかも福田内閣の時は麻生太郎と渡辺喜美は同僚である。同僚の名前を忘れるなよ。
新聞や本を読まずに国語力が極端に低い麻生首相は、記者の質問に適切にに答えられないことが多く、今までのぶら下がり取材でも失言を繰り返している。
これだけ漢字が読めなかったり、物忘れがひどかったりするのは老人性痴ほう症の疑いもある。今すぐ麻生太郎は精神鑑定を受けるべきだ。

麻生太郎は現在の行き詰った自民党を象徴する人物として、悪い意味で歴史に名を残す政治家になる気がする。
長老と呼ばれる老人議員が派閥の長として君臨する自民党。麻生太郎は麻生派という少数派閥のボスである。
無能なくせに権力欲だけ旺盛な時代遅れのジジイどもが自民党を牛耳っている。
労働者には派遣切りなど苛烈な競争を強いているのに、自民党はいまだに無能な年寄りが幅を利かせて競争原理が働いていない。
麻生太郎はまさにそういった自民党の愚かさを象徴している人物だ。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析