レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 AIR国崎往人は傀儡子ではないか?

AIR国崎往人は傀儡子ではないか?



AIRという叙情詩のようなアニメに、国崎往人という男がでてくる。
この国崎往人は人形を念で動かすのを芸にして旅しているという設定だ。
私はこのアニメで国崎が人形を動かすシーンに違和感をうけて気になっていた。
なにかそのシーンをみて釈然としない、作者が伝えようとしているところを理解できてない感じがしたのだ。
人形を念で動かすというのも現実的ではない話だし、動かす人形も実にしょぼくれている。
このシーンなんか意味あんの?

最近歴史を学ぶにつれ、国崎の設定は傀儡子(くぐつし)なのではないかとふと思い付いた。
傀儡子は中世日本にはじまった芸能集団のことだか、特に人形をあやつり呪術もおこなっていた。(Wikipedia傀儡子
傀儡子は現在の関西地方に多く分布していたらしい、そして、えた(穢多)、非人といわれた差別されてきた人々なのである。
関東出身である私は傀儡子も縁遠い存在であるし、えた(穢多)、非人にたいする差別感情もない。
関東には関西に比べて被差別部落が少ないらしい。
もしかしたら、AIRの作者は関西出身なのかもしれない。国崎に暗くて貧乏くさいイメージや人々から迫害されて社会から孤立しているイメージを植え付けるために人形を操る傀儡子という役柄を与えたのかもしれない。
関東出身の私にはそれは伝わらなかったので、釈然としなかったのではないだろうか。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析