レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 自民党のゴネ得、屁理屈を許すな!

自民党のゴネ得、屁理屈を許すな!

最近、ここ1、2年くらいだろうか、毎日新聞や朝日新聞といった革新系と言われる新聞社が、自民党の政治家や極右系政治団体にいいがかりとも思われるヒステリックな批判をされているのをよく目にする。
毎日新聞や朝日新聞はTV局も保有する大規模な会社であり国民への影響力が大きい。自民党の政治家はマスコミに批判され支持率が落ちるのを嫌がりなりふりかまわず朝日新聞やNHKなどに言論弾圧を加えている。

自民党の政治家や極右政治団体が反発をしている新聞記事や報道を見てみるとだいたい至極当然でまっとうな批判が書いてある。
自民党の政治家はまっとうなマスコミの批判に逆上しているのだ。大阪の橋下知事など朝日新聞にちょっと批判されたくらいでヒステリックに反応していてその幼稚さにあきれるばかりだ。
先日TVで自民党の最大派閥のドンである町村信孝が麻生批判に対して「人が困っている時に足をひっぱるのはまともな人間じゃない」と発言していていた。
麻生を批判する人間が悪いような言い方であるが、首相である以上愚かな言動をすれば国民から批判されるのは当たり前である。
町村信孝の言っていることはナンセンスな屁理屈である。
麻生は高給をもらっているのだから、それにみあったいい仕事をするのが当然である。
政治は遊びではない、国政いかんによっては国民の生活は破たんしてしまうかもしれないのだ。
国民は慎重に政治家の能力を見極めなければならない。あほな政治家に投票し続ければ報いをうけるのは自分たちである。
首相であってもお金をもらって仕事をしているプロである以上、合理的な批判にはしっかりと耳を傾けなければならない。

麻生太郎のような男を総裁に選んでしまったことで自民党に政権担当能力がないことは証明された。
このまま自民党を政権の座につけることは、あほうのゴネ得を許すことになる。国民のためにまともに仕事をできない自民党は下野させなければならない。
最近自民党内に造反の動きがあるようだが、心ある自民党の政治家はぜひ自民党から飛び出て国民のために政権交代を実現してほしい。
これからの日本の政治は「移民問題」や「国民のための公正な金融システムの構築」など今まで以上に高い論理性が求められる。
国民からの合理的でまっとうな批判に逆上をしたり屁理屈をこねるような政治家はもう日本にはいらないのである。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがりのものです.森永さんのコラムから飛んできました.
色々と気になったのでコメントさせて頂きます.
新聞社の至極まっとうな批判と言いますが本当に至極まっとうな批判でしょうか?テレビ,新聞の政治の話を見てまず思うことが「自民党の批判」が多いということです.もちろん批判される政策もありますが「批判されるべきでない政策」,「批判する意味が分からないもの」も多く含まれます.

「批判されるべきでない政策」の1つとして有名なものでは外国人参政権があります.これは日本に住んでいるのだから参政権をくれというものですね.これをマスコミが報道すると日本に住んでいるのだから当然の権利で「外国人に参政権を与えるべき」という印象を受けます.

ですが私は国民の義務(日本国民が払う税金を全て払うこと等)を行っていない,ただ住んでいるだけの外国人に参政権を与えるなどおかしな話だと思います.義務を果たさず,権利だけもらうことなどあってよいのでしょうか?

2つ目に「批判する意味の分からないもの」についてはこれも有名なところでは「麻生総理の漢字の読み」についてです.これは全く政策に関係ないですよね?確かに「こんな漢字も読めない人が総理をやってるなんて」という印象は受けますが政治の力に直接関係してるかどうかと言われれば微妙ですよね.

こういった意味でマスコミの批判というのはまっとうに見えるような批判に報道してるようにしか見えないのです.ましてや毎日新聞や朝日新聞はまっとうな新聞ではない最たるものだと思っています.この2紙は捏造報道の多い新聞なのだから・・・。

ちなみにあまり関係のない話ですがこの2紙の売り上げが落ちたり,ネットで批判を受けてるのは,過度な政治批判ではないことはなく,その捏造報道が原因なんですけどね.

藤さんへ

こんばんわ。
日本で働いている外国人は税金払ってますよ。

麻生さんが読めなかった漢字は小学生レベルのものも含まれ、経済を語る上で欠かせない基礎用語が多数ありました。
総理大臣であるまえに、政治のプロとして完全に失格です。
間違いなく総理としての資質には欠けていると思います。彼は報道どおり、新聞や本などはほとんど読んでないでしょうな。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析