レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 医者不足は、日本医師会のせい?。

医者不足は、日本医師会のせい?。

私が愛読している池田信夫ブログ「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」で、麻生総理のいわゆる「医者は常識がない」発言に絡んで、実は医者の数を減らすように圧力をかけていたのは日本医師会であることが指摘されている。
なぜ、日本医師会が医者の数を減らすように、自民党、政府に圧力をかけていたのか?それは医者の数を少なく抑えることによって、今営業している医者の既得権を守るためにである。
医者の数が増えてしまっては、今営業している医者は新規参入してくる医者にどんどん患者をとられてしまい儲けがすくなってしまう。それを医者たちは恐れたのだ。
日本医師会副会長を務めたこともある宮崎秀樹議員(元自民党副幹事長)は1993年に参議院文教委員会で下記のように医学部の定員削減を求めている。(池田信夫ブログより引用)

次は、大学の医学部、医科大学の学生定員の問題でございます。これに関しましてはいろいろ定員削減という方向で文部省と厚生省との話し合いができておりまして、一〇%削減、こういう目標を立ててやっているのですが、実際にはそこまでいっていない。[・・・]例えば昭和六十三年には十万対百六十四人だった。これが平成三十七年には三百人になるんです。三百人というのはいかにも医師の数が多過ぎる。


今の日本全国にわたる医者不足は完全に自民党の政策が失敗したせいであるのはあきらかだ。

医療問題をとりあげた、社会派マンガ「ブラックジャックによろしく」で、私立の医学部の学費が高く、研修医の給料が安いのは貧乏人を医者にしないために意図的にしているという描写がある。
現在日本では、自民党と日本医師会の癒着により意図的に医者の数が少なく抑え込まれ、多くの国民が十分な医療を受けられずに困っており、亡くなられる方も多い。
今年になって比較的医療において恵まれているとされる東京都で、妊婦が受け入れ病院が決まらずに死亡、重体という事件が2件起きている。
日本医師会という業界団体のいいなりになって、おろかな政治を続けた自民党。
われわれは、自民党のおろかな政策のせいで多くの救えたはずの日本人が無残に死んでいっているという事実を忘れてはならない。
今回の麻生総理の「医者は常識がない」発言は、総理の国語能力の低さにより真意が国民にあまり伝わっていないようだが、国民に自民党と日本医師会の癒着を暴露しためずらしく中身のあるいい発言なのではないだろうか。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

そう捉え方もありますねー。
以前歯医者の、粗製濫造を思い起こします。

医師の配置をうまくやれば増やさなくてもよいと思っていました。

荒野鷹虎さんへ

このネタは池田信夫教授の指摘です。
医者にしろ、弁護士にしろ、既存勢力の利権を守りすぎですよ。
絶対数が少なすぎるから、田舎では数が足りなくなります。

ということは、私立の学費を安く、研修医の給与を高くすれば貧乏人でも医者になれますね…って、そうする金がないんじゃないですか?医師会を擁護するつもりはありませんが、これについては医師の数を減らして医療費を安く抑えたい厚生省とたまたま目的が合致したからと思いますが。今起こりつつある問題は「金持ちしか医者になれない」ではなく、「金持ちぐらいしか物好きに医者になるやつがいない」になりつつあることではないですか。

Re: 通りすがりさんへ

医療制度に投入できる予算は限られており、接骨医も含め医療関係者はそれの奪い合いです。
わざわざ世襲で医者になってるのはおいしい利権だからですよ。実際町医者の平均年収はおどろくほど高く、平均年収3000万以上はあると言われています。
彼らに正当な競争をさせて単価を安くする必要があります。
問題なのは競争に負けた敗者に対するセーフティーネットが日本ではきわめて不十分いうことです。
競争させるができないために、既得権益は守られます。無理に競争させれば生活できなくなるほど追い詰められた敗者が自殺や犯罪に走るでしょう。
競争させて単価を下げる、さらに医者の大学での教育期間を短くするなどすれば貧乏人でも医者にすることは十分可能です。

要求、厳しいですね。

はじめましてです。
イザのTBから飛んできました。

20年くらい昔を思い出して下さい。
将来は医者余りになるという話が、一般的ではありませんでしたか?
結局、医師亡国論のために厚労省が創作した
医師余りの将来像を予測させる資料に
医師会が(国民全てが)ダマされたと言う話だと思いますが。
それを持って医師会が賛成したからと言うのは
詐欺にあった被害者をむち打つようなものかと。

もし、将来人余りになることがわかっていながら
人員調整で削減方向に舵を切らないとしたら、
その業界団体は存在意義を疑われます。

今のようにネットが発達し、
官僚は嘘つきだという前提で、
資料がネット上で詳細に検証される時代ではありませんから、
情報を一手に握っていた官僚にダマされたのは、
まあ、しかたないんじゃないかとおもいますが、
あえて言うなら、
マスコミ、お前ら何のためにいるの?

PS.開業医が美味しい職業というのは、すでに都市伝説だと思ってよろしいかと。
私は知りませんが、先輩方によると
そーゆー時代があったのも事実のようですけどね。
今は、他の業界と同様、経営手腕が優れていれば儲かるという
当たり前の話です。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析