レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 雨宮処凛のするどい右翼評

雨宮処凛のするどい右翼評

雨宮処凛という作家を、麻生首相自宅見学ツアー事件で知った。
3人逮捕者がでたあとに行ったフリーター全般労組の会見でも出席されてました。

興味をもったのでWikipediaで彼女を調べると右翼活動をしていた経歴があるとのことでした。
2001年頃からは右翼思想に疑問を感じて距離をおくようになったそうです。
Wikipediaによると、彼女は右翼を評してこう言っている。「(国家や皇族などに対して)依存してるだけで敬意が感じられない。自分が目指していたのはこんなものではない。」
この右翼に対する雨宮処凛の評は短い言葉でよく本質をついている。元右翼活動家であり、多くの右翼活動家と交流があったであろう雨宮ならではの鋭い評論だ。
最近石原都知事が東京オリンピック招致に皇太子を利用しようとして失敗したら、腹いせに皇族に対する不敬を働いたことがあったが、これぞまさしく依存しているだけで敬意がない右翼の典型だ。

こういった右翼団体を裏で動かしている自民党。最近国民が自民党離れをするとわかるやいなや、国民にもかみついている。
自民党の政治家は日ごろ愛国心を語ってはいるが、やっていることは売国行為や国民への背信行為ばかりではないか。
民主党に政権交代を実現して、まだまだたくさんある自民党の犯罪を暴いていくべきである。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析