レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 「古代日本の王は朝鮮人」説は嘘

「古代日本の王は朝鮮人」説は嘘

最近、弥生時代や古墳時代の日本の王(大王)が朝鮮人だったという歴史本がけっこうあることを知った。
ちょっと読んでみたが、歴史学をまるっきり無視したフィクションとしかいいようがないレベルの本だった。
「縄文と古代文明を探求しよう!」というHPの記事「“もうひとつの皇統譜”、古代日本支配部族と三韓三国関係」に紹介されている「日本書記の暗号」林青吾著というのもまゆつばものだという印象を持った。
「日本書記の暗号」によると、「元々天皇は“金”とか“朴”とかついていたんだろうけど、他の実名は抹消されているので、そこはやはり“神武”とかしか書きようがない」とあるそうだが、朝鮮人が金や朴のような中国風の名前をつけはじめるのは6世紀以降と言われているのでおかしな話だ。
他にも歴史学とは矛盾している記述が次々でてきて、筆者林青吾の歴史知識の浅さがよくわかった。

弥生時代、古墳時代、古代日本の王の歴史を、朝鮮や中国の文献でふりかえってみましょう。
○倭の五王の一人である武は、西暦478年に宋から「新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭王」という称号をもらっている。
○広開土王碑にも391年に倭が百済や新羅を破り臣民としたとある。
○三国史記(新羅本紀)では新羅が紀元前から倭人の襲撃に悩まされているとあり、何度も武力侵攻を受けて首都金城を包囲されている。
これを素直に解釈すれば、新羅など朝鮮南部は倭王の強い軍事的影響下にあったと解釈できる。
つまり歴史の真実では、日本人が朝鮮人(正確には朝鮮南部)の王であったというほうが正しい。

どんな奴がこんな本書いているんだろうと著者紹介を見てみると、ある本の著者は韓国で歴史を学んでいた。
「古代日本の王は朝鮮人」という説の発信源は、韓国なのではないだろうか。
韓国はナショナリズムを高めるために、意図的に歴史を偽造しているのではないか。
私は竹島の違法占拠などもナショナリズムをあおるために韓国がやっていると見ている。

「朝鮮人日本の古代王説」をいろいろと考えていくうちに、『人はなぜ歴史を偽造するのか』(長山靖生)で読んだジンギスカン=義経伝説を思い出した。
日本でも昔モンゴルの英雄ジンギスカンが日本人だったというような嘘八百のプロパガンダをやっていたことがあったのだ。
今そんなあほなプロパガンダをやったら、モンゴルから文句を言われるだろうし、世界の知識人からあざけりを受けるだろう。
日本は明治初期から「ジンギスカン=義経伝説」を世界に宣伝した。
明治初期、イギリスやアメリカから不平等条約をおしつけられ半植民地のような扱いをうけていた日本が国民のナショナリズムを高めるために大ウソをついたのである。
ジンギスカンがヨーロッパの一部をふくむユーラシア大陸の大部分を征服して世界帝国をつくったというところがポイントだろう。
プロパガンダが言いたかったのは日本人は欧米人に劣っていないということだ。
明治初期からおこなわれた「ジンギスカン=義経伝説」のプロパガンダは、イギリス人やフランス人などの欧米人に差別されていた明治初期の日本人が見栄を張るためについた悲しい嘘なのである。

最近自民党や民主党の政治家が、正しい真実の歴史を教えている教科書に偏向しているなどといいがかりをつけている。
約230人の国会議員(自民党197議員、民主党19議員ら計228議員)が、、公共の精神や愛国心を重視した新教育基本法に基づいた教科書検定を行うよう署名を行っているそうだ。
このあほの政治家たちは国旗、国歌強制などの悪いナショナリズムをあおるだけで、子供の教育にはまったく役に立たない有害な連中だ。
邪悪な政治家にとって歴史教育は、自分たちに都合のいいように子供を洗脳するまたとない機会なのだ。
善良な日本人ならこういった悪の手から子供たちを守り、真実の歴史を子供たちに教えることを支持するべきである。
過去に嘘のプロパガンダでナショナリズムをあおった国の国民はすべからく悲惨な目にあっている。
嘘の歴史を教えることは、未来の日本をになう子供たちのアイデンティティ形成には害になるということを忘れてはならない。
正しい歴史を教えることが、われわれにできる日本の子供への最高のプレゼントである。
過去に起こした同じ間違いをまた日本人は繰り返してはならない。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

なぜ、こういう歴史観が誕生するかというと、邪馬台国論争が大きな影を落としておる。

邪馬台国が何なのか?本居宣長は、卑弥呼を九州に追いやってしまったために、日本は古代史の大半を失い、その結果、その曖昧になった日本史の隙間に、こういうトンデモ史観が付け込む隙ができた。

まるさんへ

学者の権力争いのために、日本の考古学が遅れた面はあるでしょうね。
日本人が犯人とされた閔妃暗殺も濡れ衣ではないかという説があるようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析