レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 こんにゃくゼリーをだしにつかって金を国民からまきあげる自民党

こんにゃくゼリーをだしにつかって金を国民からまきあげる自民党

今年9月に1歳男児が食べて死亡したこんにゃくゼリーの製造停止をめぐって、自民党の野田聖子消費者行政担当相の対応がネットのブログや2chで批判されている。
製造停止になったこんにゃくゼリーが食べられないことにたいする不満、こんにゃくゼリーより危険な餅やご飯は規制しないのに不公平ではないかという批判があるようだ。
ひさしぶりにネットの世論がまともなことを言っているのを聞いた気がする。合理的でない規制にはNOというべきである。
自民党の政治家、警察や官僚は自分たちの権益拡大のために、あらゆる屁理屈をつけて必要がない規制を作り出す。
こいつらは金を国民からふんだくるために、一見もっともらしいことを言うからたちが悪い。

Gigazineの記事「「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10」によると、2008年1月から3月だけでもちは77件窒息事故がおきているようです。
食品による窒息事故を防ぐ目的であれば、より危険度の高いもちやご飯のパッケージにも注意喚起を義務づけるべきでしょう。
死亡事故が起きたからと言って、こんにゃくゼリーだけ注意喚起をパッケージにしたところで片手落ちで国民の命と健康を守れないというわけです。
これでは自民党や野田聖子消費者行政担当相の対応が国民に批判されるのは当たり前のことです。
自民党はあたかも仕事をしているふりをするポーズだけはうまいが、本当に中身のあることはぜんぜんしません。
この程度の仕事しかしないくせに政権担当能力があるとうそぶいているのだから、自民党の身の程知らずには困ったものです。

このニュースを聞いて、食品をのどにつまらせて窒息する事故が思ったよりずっと多かったことに驚いた。
1995年以来17人もの方がこんにゃくゼリーをのどにつまらせて亡くなっているようだ。(国民生活センター資料
子供やお年寄りは特に要注意ですね。
子供は国を担う大切な宝、しょうもない規制よりも国民自身が情報をどんよくにあつめ、正しい知識を知ることが一番大事だ。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

お役所仕事はもう信用できません。規制と緩和を分かっていないのじゃないでしょうか。消費者庁を作っても役所の無駄が増えるだけのように思います。兎に角、自公政治にサヨナラをしないと。!!

荒野鷹虎さんへ

おっしゃるとおり、消費者庁も国民の役には立たないようですね。
ちょっと前の環境庁と同じで仕事をしているふり、ポーズばかりで、本当に国民の役に立つ仕事をしませんよ。
そのくせ国民からは金を絞り取るんですからねえ。
だめな自民党政治の典型的な例ですね。

麻生さんはまるで公務員の味方ですねー。深夜遊びほうけているようで何を考えているか信用できません。早く解散してもらいたいです。☆

荒野鷹虎さんへ

株価暴落していて、自民党に人気がないため解散先延ばしのようですね。
麻生首相が「解散と言うな!」とマスコミに言っているのに、自民党幹部が解散は11月とにおわせるようなことを言っているのは不思議です。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析