レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 産科医療を破壊した警察、(大野病院事件)

産科医療を破壊した警察、(大野病院事件)

2004年に起きた大野病院事件で起訴された産婦人科医が1審の福島地裁判決で無罪になった。
警察が起訴されるほどの過失がない産婦人科医を逮捕したせいで、多くの医者が産婦人科医を辞めたらしい。
たしかに過失もないのに逮捕されて、医者としての職を失い、犯罪者として刑務所に入れられる可能性があるとしたら産婦人科医はやっていけないだろう。
ただでさえ、産婦人科医は激務で人手不足なのに、警察の愚かな行為がさらに産婦人科医を廃業に追い込んだ。
産気づいた妊婦が、産婦人科の受け入れ先がきまらず、たらいまわしになるケースがあったが、あれは直接警察の責任だった可能性もある。
警察が日本の産科医療を破壊したのだ。警察の自分たちさえ良ければいいという横暴なふるまいが、日本の大切なインフラを次々破壊している。
日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会が、警察の点数稼ぎ逮捕に抗議して、与党自民党に働きかけたらしく、警察は控訴はしない方針になるらしい。
医師会が強い政治力を持っているから、起訴された産婦人科医は十分なサポートを受けることができたようだ。

警察が点数稼ぎ目的、金目的で不当逮捕する人の中には、組織の十分なサポートを受けることができない人もたくさんいる。
このブログで何回もとりあげた高知白バイ衝突事件の片岡晴彦さん、1,2審有罪判決を受けてしまい、最高裁に上告したが8月22日上告棄却の知らせが届いたそうです。
片岡さんは一年四か月刑務所に入らなければなりません。
今まで警察の点数稼ぎ、金目的による悪質な不当逮捕のせいで、膨大な数の人間が犯罪者の烙印を押され人生をめちゃくちゃにされたにちがいない。
ほぼワイロで100%採用されていたことがわかった教員不正採用試験や昇進試験。それと同じくらい検事や警察官が金欲しさ、点数稼ぎ目的ででっちあげる冤罪事件の多さは日本の大きな病理であるといっていいだろう。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全国500万人のハケン仲間よ、あなたは年間120万円以上ピンハネされています。この現実をどう思う?

毎日、約5千円~9千円ピンハネされている事が厚生労働省発表のデータから分かりました。 登録型では、1日当り15,577-10,571=5,006円 常用型では...

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析