レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 民主党で公正な市場経済を目指すしかない

民主党で公正な市場経済を目指すしかない

これから日本はさらに市場経済主義を導入して、経済効率を高める方向性にいくだろう。
少子化が今よりさらに悪化するだろうし、経済効率を高めなければ、日本人の生活水準はさらに下がってしまう。
必要は発明の母、経済効率を高めるのは日本のまったなしの課題だ。
基本的に市場経済導入の促進は、まっとうに働いているビジネスマンにとってはいいことだ。
今のように談合や学閥、業界を守るための強力な規制、官僚の搾取から解放されるからだ。

競争原理が公正に正常に働けば、人材が適材適所に配置されやすくなる。結果、日本の生産力は上がり、国民の生活力は向上する。
競争原理を正常に働かせることができれば、大分の教員採用不正事件のようなことはおこらない。
ワイロをわたして不正に採用されようという犯罪者が、教員として子供にものを教えるというバカバカしいことはおこらなくなる。
最近、愛国心や公共心を教育でどう教えるかが話題になったが、犯罪者が愛国心を教えるっていうのはアメリカのブラックジョークとしか思えない。
地元の有力者という一種の派閥が、教員というおいしい職業を実質世襲していたことにより、国民にとって絶対になってほしくない人材が教員になってしまっていたのだ。

競争原理を働かせるには、不正の排除が必要だ。
日本は自民党一党支配のもとで、腐りきってしまい経済効率がものすごく悪い。
国民が不景気にあえいでいるときに、必要性の薄い道路に巨額の国費を使おうとする自民党の世襲議員たち。
ツケをはらわされるのはまっとうに働く国民である。
先日、福田政権が内閣改造をおこなったが、自民党が政権にあるかぎり同じことで、くだらないめくらましである。
政権交代という大ナタをふるって不正をできるかぎり排除しなければ、日本という国がたちゆかなくなるというところまできている。
公共工事の談合、銀行の学閥、教員不正採用という不正がはびこればはびこるほど、ツケを払わされるのは日本人自身である。
不正や悪というのは、不経済そのものなのである。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「日雇い紹介システム」構築の検討を開始 厚労省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080803-00000908-san-pol  厚生労働省は2日、インターネットを通じて労働者に短期の仕事を紹介する「日雇い紹介システム...

コメントの投稿

非公開コメント

いつもがんばって正論を展開する、怒りさんの努力に敬服します。何はともあれ、まずは、不正、偽善、不公平を排除しなければ、国民の信頼は、取れません。
原点が腐敗しているので、枝葉は枯れるばかりです。

現政権は、公自政権になり、近く、離婚する結末だと思います。望むところですが。公明さんが、新進党時代のように変革できるかが問題で
す。どこへ行くか、日本の政治ここしばらくの間に、決するはずです。がんばってください、応援☆

荒野鷹虎さんへ

鷹虎さんいつもコメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、日本の腐敗はもはや想像をこえたものになっています。
ブログは適当に楽しく更新しております。無理せず楽しくやったほうが、いいもの書けると思うんですよね。
アメリカさんは民主党に政権交代が濃厚と言われていますが、日本はどうなるでしょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析