レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 ナショナリズムに狂う日本と中国

ナショナリズムに狂う日本と中国

暴走する愛国主義 米デューク大、王千源さんへの攻撃[産経ニュース]

アメリカにいる中国の留学生王千源さんが言い争うチベット人と中国人の仲裁をする姿が中国のマスメディアによって報道され、ナショナリズムに狂った中国人が王千源さんの実家に糞尿をまいたり、王千源さんの個人情報をネットで公表するなどいやがらせをしているらしい。
王千源さんによると中国の公安しか知りえないプライベートな情報が流出しているので、王千源さんへのパッシングは中国政府が組織的に行っているようだ。
人間がナショナリズムに狂うと猿レベルの品性になるらしい。日本でも右翼団体がいやがらせとして糞尿をまくのをよくやる。チンパンジーなどの猿も興奮するとうんこをなげつけてくる。

王千源事件を聞いて司馬遼太郎の風塵抄(79法)に「子供の喧嘩でも、汚物を投げつければ勝つに決まっているのに、かれらですらそれをやらない。が、選挙では、それをやる場合がある。」というくだりを思い出した。
2008年現在いまだに続く自民党の金権選挙を1992年司馬遼太郎が批判した文章である。自分たちさえ良ければいいという選挙民のナショナリズムをあおって自民党は選挙に勝ってきた。日本の有権者は猿であった。
ナショナリズムにくるった中国政府や中国人も子供以下の品性でありまさしく猿というしかない。
旧ユーゴスラビアやアフリカ、イスラム諸国ではいまだにナショナリズムにくるった人々が時には隣人同士凄惨な殺し合いをしている。
最近政権の座が危うい自民党は小泉政権くらいから日本人のナショナリズムをあおることを強化し、国民はまんまとそれにのって猿化して自民党に投票してきた。
結果、日本は年金もまともに管理できず天文学的な借金を背負った国になった。その国を自民党の安倍晋三元首相は「美しい国」と言った。馬鹿馬鹿しいナショナリズムであり、思考停止に陥っているとしかいいようがない。
日本人はこのまま猿を続けるのかどうするのかよく考えてほしい。福沢諭吉の「脱亜論」が思い出されますな。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析