レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 浦上四番崩れ

浦上四番崩れ

浦上四番崩れという江戸時代から明治時代にかけて、おこった事件を日経新聞から知りました
1867(慶応3)年にはじまる江戸幕府、明治政府が行ったキリスト教の信者に対する弾圧である
欧米諸国による抗議をうけて、1873(明治6)2月24日にキリスト教を解禁するまで弾圧は続く
詳しくは下記のリンクを見てください

国家神道国教化のために、明治政府が他宗教の信者にに対してここまで弾圧していたとは驚きでした
仏教の寺や仏像を破壊したのは知っていました
廃仏毀釈ですね

私のイメージでは明治時代というのは、近代的な国家が樹立されたというものでした
しかし、やっていることは封建時代そのものです
安土桃山時代に、大名が他の大名を侵略した場合に、侵略された側の大名の神社、寺を壊すことがよくありました
当時の大名は、神や仏の権威を使って民衆を支配していました
その権威のよりどころを壊し、新しい支配者の権威を作るわけです
司馬遼太郎さんは「明治維新は日本には珍しい革命の理論にのっとった革命戦だ」と本に書いていたと思うのですが、まゆつばものですね
司馬さんを「嘘つき」という人がいるのですが、こういったことがあるからかもしれません
司馬さんの幕末、明治を題材にした作品は小説なので嘘をついたからといって批判されるいわれはないのですが

☆浦上四番崩れ
http://www2.ocn.ne.jp/~oine/incident/urakami4ban.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索でたどり着きました

明治維新は北海道侵略がいよいよ本格化するという意味で、確かに「近代国家」なのだろうと思います。見事なまでの植民地化です。仰ったキリスト教弾圧というか大虐殺事件というべきか、それもまた「国家神道」なるものをでっちあげた上でのことで、ある意味「近代国家」らしい仕打ちと言えましょう。
武士道つまりは暴力にもとづく封建制と近代国家の両方の残虐さ野蛮さを持ち合わせたのが明治国家であると、わたしはそう考えています。北海道に住んでいると、そのように見えます。

sirokanippeさんいらっしゃい

そうですね。19世紀~20世紀にかけての近代国家は残虐性という点では歴史上頂点にあるかもしれません。
鈴木宗男、石川知裕、小林千代美と北海道の国会議員が3人も検察から政治弾圧を受けていますね。
いまだにこういった差別的待遇を国から受けるのは侵略されたという歴史ゆえかもしれません。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析