レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 「消えた年金」被害者をセカンドレイプする記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「消えた年金」被害者をセカンドレイプする記事

株式会社武蔵野の小山社長が書いた記事「袋叩きの社会保険庁を少しだけ擁護する」から産経新聞ばりのセカンドレイプ臭がぷんぷんしてきた。
記事全体から感じるのは見事な政府の犬の書いた文章だなあということである。
少しだけ擁護すると書いてはあるが、アメリカ弁護士並みのアグレッシブな弁護を記事で展開している。
以下記事を引用しながら問題点を列挙していく。

そうである以上、受給者の側も「お上」に任せっぱなしにするのではなく、きちんとした自己管理をするのが当然でしょう。それを怠った責任はやはり免れまいとも思うのです。


なにやらレイプされた女性におまえにすきがあったから悪いんだとののしるセカンドレイプによく似た主張である。
こういうことを言う人間を見ると日本人はつくづくマゾ気質、奴隷根性が抜けないなあと感じますね。
強大な権力を持つ政府自民党が国民をレイプしようとしたらまず逃げられませんよ。
警察や司法に訴えても、彼らは政府とグルになることが多いのです。

今、世間的には社会保険庁は全面的な悪者になっていて、マスコミもそれをあおるような論調が主流です。その一方で、社会保険庁の言い分がほとんど聞こえてこないのがわたしには解せません。


社会保険庁に正当で合理的な言い訳があるんだったらとっくにしてますよ。
言い分がほとんど聞こえてこないのは、言うべきことがなにもないからですよ。
保身は一生懸命がんばる役人がなにも言い訳できないくらいの大失態なのですよ。
 

最後に一言。舛添大臣、ありがとう。そして、もっと頑張ってください。


いったい舛添大臣になにをしてもらってお礼を言っているのか記事からまったく読み取れない。
私の年金記録を消してくれてありがとうと小山社長は言っているのだろうか?
社会保険庁が年金記録を消してしまったためにその分余計に働いて年金を納めた被害者がいることは知っておくべきだろう。
政府に消された年金をおさめるために老骨にむちをうって働いた高齢者が大勢いたのだ。
長妻衆議院議員を含め民主党が年金問題を追及しなければ、社会保険庁や日本政府、自民党はこの問題を隠蔽していたことはまちがいない。
全体的に小山社長の記事の論理展開に無理があり、説得力に乏しい。
コメントをつけた読者の反応も厳しいものが多く、プチ炎上といった感じです。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。