レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 アメリカも認めざるを得ない市場原理主義の敗北

アメリカも認めざるを得ない市場原理主義の敗北

アメリカは今サブプライムローン問題から深刻な金融不安におちいっている。
ブッシュ政権は金融システムの抜本的な改革に着手でざるをえなくなっている。
そのための議論が白熱しているのだが、従来の市場原理主義者(新自由主義)VS新しい金融システムという構図になっているらしい。
世界大恐慌以来戦後最大とも言われる金融不安に襲われたアメリカは進路を変更しようとしている。
なんでも民間にまかせればいいという市場原理主義は間違っているのだ。
時代遅れの市場原理主義が今回の信用危機を生んだというのが今のアメリカの通説である。

小泉首相がアメリカから取り入れ日本で猛威をふるった市場原理主義(新自由主義)が本家のアメリカで否定された。
日本で小泉首相が推進した市場原理主義、小さな政府政策は経済的社会的弱者に重すぎる負担を強いることになった。
最近日本では生活が行き詰った中小企業経営者や自営業者の凄惨な一家無理心中が多発している。
これはまちがいなく自民党の小泉元首相が推進した社会福祉予算削減の影響である。
もともと貧弱なセーフティーネットをさらに縮小させたせいで、これからこういった凄惨な事件はますます増えていくだろう。
私は自民党小泉政権の経済政策にたいして評価を迷っていたが、現実を分析すると間違いであった可能性はきわめて高そうだ
アメリカの言うことを鵜呑みにしてしまったのが日本人の敗因である。
日本の経済政策はよくよく日本人が考えなければいけないといういい教訓になっただろう。
日本も市場原理主義、新自由主義政策をはやく放棄しなければ大変な不況に陥る可能性は高い。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析