レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 諱 其の三

諱 其の三

また諱、字(通称)ネタを2つばかり書き留めておきます。
歴史的人物は日本史で諱で習うことが多い。
しかし例外として字(通称)のほうが有名な歴史の人物がいることを思い出しました。
それは坂本龍馬と、長谷川平蔵です。
竜馬の諱は直陰のち直柔(なおなり)、平蔵は宣以(のぶため)です。
坂本龍馬は司馬遼太郎「竜馬がゆく」、長谷川平蔵は池波正太郎「鬼平犯科帳」で有名になりました。
小説は当然日常生活を描きますから字(通称)で呼ばざるを得ません。
まあそんなわけで字(通称)が有名というわけです。
日本史の教科書も坂本龍馬で教えていたおぼえがあります。

江戸時代庶民に「~兵衛」「~衛門」とかいう名前がはやりました。
私の助兵衛という名前も「すきもの」と「~兵衛」をミックスして江戸時代に生まれた名前です。
うっかり八兵衛なんてのもいましたねってこれはちがうか。
これ朝廷の低い官職の名前からとっているんです。
身分の高い人が官職で呼ばれていたのを庶民が真似したのではないかと言われています。
兵衛府(ひょうえふ)という天皇を警護する朝廷の役所があり、その一番下っ端の兵隊が兵衛と呼ばれる官職だったのです。
鎌倉幕府を開いた源頼朝がこの兵衛府の佐(すけ)という従五位上の官職についていました。
これは兵衛府のナンバー2、次官クラスの官職です。
というわけで貴人は官職で呼ぶ法則により頼朝は佐(すけ)殿と呼ばれていました。

明治時代初期戸籍制度が始まった頃このての朝廷の官職名を戸籍に登録するのを禁じられました。
なぜかというと朝廷の官職を庶民が勝手に名乗るのはけしからんというわけです。
徳川将軍家が大政奉還して、天皇の権威が相対的に上がったことにより庶民の字(通称)にも影響がでたわけです。
明治政府としてはそうやって庶民に天皇の権威を示し政権交代したことをアピールしたのでしょう。
逆に言うと江戸幕府は自分達がだしている官位ではないので庶民が権兵衛みたいな名前をつけても文句を言わなかったのでしょう。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

興味深い話題大好きな部門です。姓と氏にも興味有ります。
為るほど助兵衛さんの名前は由緒あるのですね!
私は討幕派ですが、鷹虎は軍師の藤堂高虎からヒントを得ました。軍隊に憧れていますので,本当は黒田官兵衛が良かったなーと後悔(笑)
しています。面白く読ませていただき有難うございます。では又。

荒野鷹虎さんへ

藤堂高虎は司馬遼太郎の作品にもたまにとりあげられる人物です。
藤堂高虎はたたき上げの知将というイメージがあります。
そういうタイプの賢い戦国武将は江戸時代にも生き残りました。
7本槍の片桐旦元も江戸時代を通して所領を保ち続けました。
黒田孝高(官兵衛)、竹中半兵衛なども典型的な官職詐称系の通称ですなあ。

>官職詐称系の通称とは面白い表現です(笑)
歴史詳しいですねー
何でも詳しいですが歴史が好きな私はとてもだいすきな記事です。又時々頼みます。

荒野鷹虎さんへ

荒野鷹虎さんこんばんわ。
江戸時代になると藩の家老クラスでも官職詐称です。
忠臣蔵の大石内蔵助は詐称です。しかし、主君の浅野内匠頭は朝廷から官位をもらっていると思います。
ちなみに歴史カテゴリーの記事の内容は司馬遼太郎先生のパクリがほとんどです。
私は「この国のかたち」を今読んでいます。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析