レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 相次ぐ自衛隊不祥事の原因は体育会系特有の精神主義だ!

相次ぐ自衛隊不祥事の原因は体育会系特有の精神主義だ!

先日イージス艦が漁船と事故をおこし漁師2人が死亡する事故をおこした。
防衛省は情報を公開していないが、マスコミの取材によると事故当時当直士官がいなかった可能性が指摘されている。
つまり運転手がいない状態(自動操縦)でイージス艦は航海していたというのだ。
イージス艦という最新鋭の艦艇でこれだけずさんな運転がされているということに、ほとんどの日本人が自衛隊はなにかが狂っていると不安を感じるだろう。

最近イージス艦乗組員による不祥事が頻発している。
先月の2月29日にはイージス艦の機密情報漏洩事件で事情聴取を受けた海自舞鶴地方総監部の1等海尉(34)が失踪したことがわかっている。
横須賀基地勤務の3等海佐はすでに秘密保護法違反容疑で逮捕されており、自衛隊幹部に腐敗が広がっているようだ。

イージス艦は自衛隊の最新兵器であるから、おそらくエリート隊員が搭乗しているはずである。
それでこれだけ不祥事が頻発するということは自衛隊の体質そのものに問題があるということだ。
私の知り合いにも自衛隊員がいたが、苛烈ないじめを受けたと言っていた。
海上自衛隊の船乗りは一度出航してしまえば半年以上戻ってこれない場合も多いらしい。
航海中は逃げ場がないからいじめを受ける側は相当なストレスを受けやめていくものも多い。
2004年に護衛艦で起きた暴行事件ではエアガンで2曹らが後輩をうっていたいじめが裁判で明らかになった。エアガンでうつといういじめの手口は相撲界でのいじめの証言と一緒である。
自衛隊でも相撲界同様体育会系伝統の弱いものへのリンチがあるのは間違いない。

自衛隊は体育会系代表のような職業だが、根性主義や精神主義を改める必要があるだろう。
もっと隊員の労働環境を改善するべきだ。上官による理不尽なしごきはやめるべきだ。
人間には我慢の限界というものがある。これを超えれば人間は異常行動をとりはじめる。
隊員に不必要なストレスを与えないような職場作りに取り組むべきである。
一連の自衛隊の不祥事は体育会系特有の非科学的な精神主義や根性主義が大きな要因になっているのではないだろうか。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

自衛隊の人気も下がりますね。旧海軍は陸軍と違い
根性主義、精神主義は採らなかったそうですがこの種の
やり方はあまりプラスにならないと思います。
いずれ国軍と為るでしょうが少し心配ですね。
文民統制を確りと維持して欲しいです。

荒野鷹虎さんへ

先日はいろいろとご教授くださりありがとうございました。
海軍は陸軍に比べればましだとよく言いますね。
海という厳しい世界に生きねばならないせいかもしれません。
いくら根性主義で海と張り合っても死ぬだけですから。

自衛隊や大相撲と違って「さわやか」なんて言われている高校野球だって・・・。
「高校野球 リンチ」で検索すればわかることですがね。
左翼系の皆さんは自衛隊や警察内の時は叩くけど、それ以外の「体育会系」の
場合は、というと・・・・。
そういえば、明治大学応援団内のいじめ自殺事件はどうなったかな?
自衛隊や警察の時に比べると叩き方が甘すぎるような・・・・・。
いじめ方だけ見ると管理者様がご指摘の海自以上に「悪趣味」だと思いますが。

明治大学応援団のいじめ報道のほうがすごかったですよ。
ワイドショーで連日報道です。自衛隊の格闘訓練中の死亡事故よりぜんぜん扱いは大きいですよ。

そうだったんですか?私が知らなかっただけなのかな・・・。
でも、自衛隊や警察の時みたいに「だから明治大学は」「だから応援団は」
なんて感じで叩かれたなんて話は聞かないし・・・・。
同様に、「自衛隊の格闘訓練中の死亡事故」の陰に隠れてしまった感のある
東北高校野球部集団暴行の件、それ以前にPL学園野球部の部員が金属バットや
パイプ椅子で後輩に重傷を負わせるなんて事件があっても
「だから高校野球は」「だから東北高校は」「だからPL学園は」
なんて叩かれるかというと・・・・。

公務員でなければ構わないのでしょうか?

宗教界の場合は・・・・

話がまた自衛隊から外れてしまいますが、「僧堂 いじめ」「僧堂 暴力」
で検索してみて下さい。

自衛隊、警察、大相撲の次は日本仏教界?

護衛艦ときつかぜさんへ

すごいお名前ですな。
お坊さんの世界はすごいみたいですな。
禅宗の高僧が、修行中に肺炎になって寝ていたらふとんからひきはがされて殴られたって言ってました。

悪いところはどこも同じ?

>私の知り合いにも自衛隊員がいたが、苛烈ないじめを受けたと言っていた

それに対抗して、こういう事が行われていたのでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/19990218.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q139969678?fr=rcmd_chie_detail

いくら自衛隊が許せないからといって、こういうことしてたら元も子もないと思うのですが・・・・。(学校のいじめ自殺や高校野球のいじめ・暴力問題には何もしないくせに)
こうなったら自衛隊に頼らずに国益を守る方法を考えましょうか?警察か海上保安庁にでも・・・・。でも、警察でも神奈川県警厚木署集団警ら隊の新入隊員いじめや熊本県警剣道部いじめ自殺事件があったりしたくらいだし・・・・。警察でも何やら自殺者が多いらしく、あるブログでは「いじめが背景では?」なんて論じてましたし、じゃあ海自が何かやらかすと必ず批判してくる海保はというと、「船内の生活に嫌気が差した」とか何とかいう理由で巡視船を「脱走」し帰宅した海上保安官がいた、なんてどこかのサイトに書いてありましたし・・・・・。 
「航海中は逃げ場がない」のは巡視船だって同じだろうし・・・・。
そのうち「巡視船○○○いじめ自殺裁判」なんてあったりして・・・・。


P.S.>お坊さんの世界はすごいみたいですな

故・ポール牧さんも、コメディアンになる以前僧侶になろうとあるお寺に修行に行ったところ、そこの先輩の僧からの暴力がひどかったらしく「仏教に絶望して」そこを夜逃げしたそうです。
晩年、「再得度」して再び仏門に入りましたが、最後には・・・。

参考までに

昨今の自衛隊における不祥事に関しての考察を述べた資料を紹介します。

http://gunken.jp/blog/
「軍事研究」09・2月号より

国家の国防教育の欠落
防衛省改革の決め手(2)陸曹の素質
かつても問題隊員はいたが、昨今のような特異な事件・事故はなかったように思う
高井三郎


まあ、これは陸自OBの人の文章なので、管理者様のようにお知り合いが自衛隊でイヤな目にあったという方からすればチャンチャラおかしい、と思われるかもしれませんが、地元の図書館に所蔵してあればご参考までに・・・・。

話が前に戻りますが・・・・

>旧海軍は陸軍と違い根性主義、精神主義は採らなかったそうですが
>海軍は陸軍に比べればましだとよく言いますね。

私がどこかで聞いた話だと、海軍もそれなりに、あるいは陸軍以上に暴力(体罰?)
がひどかった、なんてことですが・・・・。映画「男たちの大和」の中で、中村獅童さん扮する下士官が上官から尻を棒で叩く体罰、いわゆる「ケツバット」を受けるという場面がありましたが、同じあの映画に出演していた元プロ野球の長島一茂さんは、自伝によれば立教大野球部時代に先輩からその「ケツバット」をされたとか・・・。他にもタバコの火を手に押し付けられる、などの「ヤキ」を入れられまくったとか。また、同じ元プロ野球の江川卓さんを描いた劇画「実録たかされ」によると、氏がいたころの法政大野球部では、ここで私が書くのもはばかる位のヒドイいじめが行われてたそうで・・・。現役大リーガーのイチローでさえ、週刊誌によれば愛工大名電時代にバットを2本足に挟んで正座させられたとか、プレーはうまいのにいじめで退部する者が何人もいたなんて書いてあったし・・・・。

だから、軍事ジャーナリストの清谷信一さんの著書の中で

「大日本帝国陸海軍の後継者は、自衛隊ではなく学校の運動部かもしれない」

なんて書かれちゃうんでしょうな。

護衛艦ときつかぜさんへ

いつもお世話になっております。
護衛艦ときつかぜさんは物知りな方ですなあ。
自衛隊員のお子さんに対する教師のいじめはいけませんね。
現在でも日本で行われている犯罪者の子供に対する差別やリンチと同じですな。
子供にはなんの罪もないのに。

立教大で長嶋さんがしごかれたのは知っていましたが、そんな陰惨ないじめにあっていたのははじめて聞きました。
立教というと、お洒落で文明的なイメージがありますが、運動部はどこも一緒ですな。
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析