レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 美少年の男色家バイエルン国王、ルートヴィヒ2世

美少年の男色家バイエルン国王、ルートヴィヒ2世

ローエングリン


ハイビジョン放送の世界の歴史的建物紹介番組がおもしろいのでよく見ています
NHKのハイビジョン放送でノイシュヴァンシュタイン城を建設したルートヴィヒ2世(バイエルン国王)についてやっていた
ルートヴィヒ2世若いときの肖像画を見てすごい美少年だなと思ったけど、男色家だそうです(ソースwikipedia
ルートヴィヒ2世は芸術大好きなモーホー王様で、ノイシュヴァンシュタイン城など多くの壮麗で豪華な城を建設し歌劇で有名なワーグナーを庇護しました
ノイシュヴァンシュタイン城はディズニーランドにある眠れる森の美女の城のモデルになったお城です
城の内部にドイツに伝わるゲルマン神話に登場する伝説の騎士の絵が何枚か飾ってあるのですが、この伝説の騎士は白鳥にボートをひかせて登場します(↑の画像はノイシュヴァンシュタイン城の壁画
この白鳥にボートをひかせて登場するさまがマヌケで笑えました、ぜんぜん強そうじゃないじゃん
ルートヴィヒ2世はこのドイツの伝説の騎士に心酔していたようです
たしかに幻想的で美しい城なのですが、ベルサイユ宮殿を模倣していたりと俗っぽいところがあります
ドイツ人の田舎くささを感じました

ルートヴィヒ2世の芸術への浪費が国民を苦しめ、ついにはバイエルン公国は恐慌に陥ってしまいます
国民を苦しめて憎まれた彼は最後には逮捕され精神病者として暗殺されてしまいます
日本でも歴史上大名や天皇などの権力者でもあまりに臣下にうとまれると、「殿ご乱心」などと言われキチガイ扱いされて殺されてしまいますね
天智天皇も暗殺された説があるし、徳川家康の父はキチガイで臣下に殺されました
このへんはドイツでも日本でも変わらないわけです
洋の東西を問わず権力者っていうのもなかなかリスキーな職業だったんですよ

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析