レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 横行する手抜き裁判、止まらぬ冤罪

横行する手抜き裁判、止まらぬ冤罪

日経ビジネスオンラインで作家黒木亮の「日本の裁判官がおかしい」という記事が興味深い
今でもWEBでみることができるので是非読んでほしい(上記リンク)
黒木亮氏は都市銀行勤務時代に上司の失態から裁判にまきこまれ、裁判官のひどい仕事ぶりに驚かされたという
裁判官が証人の証言中に居眠りしたり、書類や控訴理由書を読まずに裁判にでてきたという

私は簡易裁判をやったことがある。
その時に私の裁判を担当した裁判官も私の提出した証拠をよく見ていなかった(見ているフリはじつにうまかった)
私のやった簡易裁判は調停委員が中心になって和解をまとめたのだが、たまにえらそうにでてくる裁判官がトンチンカンなことをいいだすことがあった
そのたびに調停委員が裁判官に説明した
あまりに裁判官がトンチンカンなことをいうので、被告側の代理人の司法書士も失笑していた
結局調停委員のおかげで納得いく内容で和解をすることができたが、裁判官ってのはいいかげんだなあという印象を持った
その調停委員が審議中に私に「裁判には絶対しないでここで和解したほうがいい、あなたは日本の裁判のひどさを知らない。」と言った
言われた時は私に妥協させるためにこんなことを言うのだろうと思ったが、今考えてみるというとおりにして良かった

日本の裁判所には時代錯誤の根性主義、精神主義がはびこり、慢性的な過剰労働状態であるという
ドイツの裁判官は日本の10倍以上の人数であり、アメリカは5倍以上の人数がいるそうだ、あきらかに裁判官の数が少なすぎる
裁判官の出世は事件の処理件数で決まるので、一番手っ取り早く出世するのは手抜きをして早く判決をだすことだ
悪魔に魂を売った裁判官は冤罪で無実の人がムショ送りになろうが自分の出世のために手抜き裁判をするわけである
ちなみに黒木亮氏の裁判を担当した裁判長は司法試験の選考委員も務める法曹界のエリートだそうだ
手抜き裁判をくりかえして事件の処理件数を水増しして出世したのじゃないだろうかという疑念が湧く
私は日本の裁判官がマンションの耐震偽装問題と同じような構図で腐敗していることに驚きを隠せない

このブログでも何度かとりあげた高知白バイ死亡事件の被告片岡晴彦さんはまさに裁判官の手抜き裁判による被害者ではないか
この事件では裁判官が弁護側の証拠をまったくとりあげなかったことや、裁判官の審理不足が問題になった
裁判官は早く裁判を終わらせるために余計な仕事は増やしたくなかったのではないか?
もし裁判官が事件の処理件数を増やそうとすれば、いちいち弁護側の話など聞きたくないのだ
過労状態の裁判官が心にゆとりがなくなっているということもあるだろう
日本は政治だけでなく裁判制度にも大きな問題を抱えている

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

黒木 亮は「貸し込み」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?USID=&W-NIPS=9982464515
で裁判を扱っていますね。
裁判の経験があったからだったんですね。
面白かったです。

今晩は、三権分立も怪しいくらいで、司法も世間知らずの、頭でっかちです。特に刑法は改革の要ありです。証拠主義といっても、警察の捜査がだらしないから、いい加減な書類が検察にあがり、特捜部以外は余り熱が入っていないようだ。陪審制度は日本には不向きで、とんでもない判決が出る恐れもあります。世の中おかしな方向に向かいつつあり危険を感じます。法律は国会で作るから、自分の都合の悪い法はつくるわけがないし、抜け穴だらけの法律ばかりで、これで日本は正義を守れると思っているのだろうか?鳥居さんに雄弁を振るってもらいたいと期待します。

黒木 亮氏は先週発売のDIMEに出てました。
「貸し込み」のとおり、辞めた自分のせいにされていたらしいです。
ひどいね日本の銀行は。

お返事

>>チャパさん
せちらがらい世の中ですよねえ
日本の会社にはいろんなダークな部分がてんこもりですわ
うかうかしてるととんでもない目にあいますわ

>>鷹虎さん
特捜部はロッキード事件以来の大きな事件をてがけているようですね
陪審制度は結局裁判官の負担が増えたり、いんちきな裁判官の実態があきらかになったりいろいろとありそうです
sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析