レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーの名作「南部の唄」が封印されたワケとは?


動画 1947年アカデミー歌曲賞 Zip-a-Dee-Doo-Dah(映画 南部の唄)


最近また有馬哲夫さんの著作をよく読んでいます。
その中のひとつ有馬哲夫著「ディズニーランドの秘密」に興味深い話がありました。

ウォルト・ディズニー・プロダクション製作1946年11月12日公開の「南部の唄」という映画があるそうです。
この映画ある事情があってあまり日本では知られていません。
そのせいか、私もこの映画の存在を知りませんでした。
「南部の唄」はアメリカ人ジョーエル・チャンドラー・ハリスの書いた「リーマスおじさん」という本が原作です。
この物語は黒人の口頭伝承に基づいています。
ディズニーランドの人気アトラクション「スプラッシュマウンテン」のテーマ、元ネタにもなった物語です。
日本でも1992年からビデオが販売され30万本売り上げたのち1995年に販売をやめたそうな。

ある事情というのは、アメリカで黒人団体がディズニーに抗議していることから日本のビデオ販売会社が発売をやめてしまったからです。
「南部の唄」が日本の地上波のテレビでも放映されていないのはそういった事情があるからでしょう。
ディズニー側は黒人団体の抗議に際してこう答えてきました。

「アメリカの民話をたどり、それを映画によって保存することのほうが、表明されている懸念(黒人差別のこと)より重要だと考えています。」
この考えにしたがってディズニー側は、この作品が1946年に(アメリカで)初上映されたあとも、1956年、1972年、1980年、1986年と再上映してきました。(有馬哲夫著「ディズニーランドの秘密」172Pより引用)



私はこの話を聞いて日本人はあまりにもアメリカに価値判断をゆだねすぎているのではないかと感じます。
まだアメリカの黒人団体に抗議されてないうちから販売を中止してしまうなんて!
アメリカ、日本で一部の人間、利益団体が表現の自由を独善的な理由で規制できてしまうことに問題を感じました。
ある団体に都合の悪いことを書くとそれは規制されてマスコミで流通できなくさせられてしまいます。
政治力により表現の自由が侵害されて、表現空間、言論空間がゆがめられてしまう。
これも民主政治の副作用、愚民政治のひとつではないでしょうか。
日本では政府、マスコミ一体となった洗脳により規制は正義だと考えている人が多いようですが、規制による弊害があるということも知ってほしいですね。

「南部の唄」ニコニコ動画にアップされているものを見てましたが、おもしろかったですし黒人の間で語り継がれてきた深い内容の教訓を感じました。
ディズニー映画らしく子供に安心して見せられる映画ではないでしょうか。
私は黒人文化をほとんど知らなかったので「南部の唄」でそれに触れることができて良かったです。
私は東洋哲学が好きでその本をよく読んでいるのですが、「南部の唄」を通じて知った黒人の口頭伝承にはそれに匹敵する奥深さを感じました。
こういったすばらしい作品に触れるチャンスが馬鹿らしい独善的な規制のせいで制限されるのは勘弁してほしいものです。


参考動画
ウォルトディズニー『南部の唄』アニメ部分のみPART1
Walt Disney's Song Of The South Part 1
スポンサーサイト

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。