レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官ネコババ事件

5月21日に裁判員制度が開始される。
日本人は警察、検察は絶対に正しいと思い込んでいる傾向にあるようだが、それは誤った考えである。
警察や検察はとんでもない犯罪を犯すということを知ってもらうために、警察官ネコババ事件をご紹介します。

警察官ネコババ事件は1988年(昭和63年)2月6日におきた。
それは大阪にある堺南警察署の槇塚台派出所に勤めていたN巡査(31)が、具足みち子さん(37)が届けた落し物の15万円をネコババしたというしょうもない事件がはじまりだった。
ところが、三月に栄転をひかえていた堺南警察署の最高幹部であった署長井上正雄、副署長谷口寿一、警ら課長馬場博は警察官の不祥事を隠ぺいするため具足みち子さんに落し物の15万円を盗んだ罪を着せることにしたのだ。
人気ドラマ「踊る大捜査線」の湾岸署のスリーアミーゴスは人情味があるが、堺南警察署のスリーアミーゴスはとんでもない悪だった。
いかにドラマで警察が美化されていて、国民がそれに洗脳されてるかってことを感じますね。
直接事件の捜査に当たった堺南警察署の刑事(巡査部長)は、当時妊婦であった具足みち子さんにたいしてねつ造した証拠や目撃者をでっちあげて脅迫して自白させようとするが失敗する。
また当時具足みち子さんが通院していた岡村産婦人科医院に警察は留置して調べられるように診断書を書くように依頼した、岡村博行院長は「切迫流産しかけたこともあるので(逮捕や留置は)無理」だと答えると刑事は現在は異常ないと書いてくれとさらに頼んだが、岡村博行院長はそんなもの書けないと断ったという。
堺南警察署の捜査は最大八人体制で行われ、刑事の中にはN巡査が真犯人だと主張する者もいたが、井上正雄署長ら最高幹部にはもちろん受け入れられなかった。
その刑事は「Nを調べてみないと、とんでもないことになる。この事件はこわい。(捜査から)降ろしてもらう。」と言って捜査から降りた。

具足みち子さんの濡れ衣が晴れたのは、読売新聞がこの事件を記事にしたことで、大阪府警捜査二課が動きだし独自に捜査した後である。
3月25日大阪府警本部城戸崎実府警本部監察室長は「十五万円の拾得届は確かに出ていた。受け付けた警察官N巡査(発表は実名)が受理手続きを怠り、受付の事実を隠していたことが判明した。明日付で懲戒免職処分に付し、業務上横領容疑で書類を検察庁に送致する。」と述べ、「善意の届出人に誠に申し訳ないことをした。」と謝った。
事件発生から48日目、警察はN巡査がネコババしたことを認め謝罪したのだ。
堺南警察署の最高幹部たちはそれぞれ軽い懲戒処分を受けたが、罪のない一般市民に濡れ衣を着せようとした罪(刑事罰)には結局問われなかった。
警察は組織防衛のために、誣告罪や証拠ねつ造といった罪を犯した堺南警察署の最高幹部たちをかばったのだ。
N巡査(31)も懲戒免職になったものの、一度も逮捕されず十五万円ネコババした刑事罰は問われなかった(不起訴処分)。
具足みち子さんのように弁護士を雇って賢明な対応ができた人はいいが、警察に濡れ衣を着せられて無実を証明できない人もたくさんいるだろうね。
最近、足利事件は証拠品をDNA再鑑定した結果冤罪である可能性が高まっていると報道されました。
足利事件も警察が無罪の人に濡れ衣を着せた事件だった可能性が高まっている。

警察が組織防衛のためには犯罪を隠ぺいする体質は2009年現在健在であり、警察庁や警察がつくった裏金事件ではいまだに誰も処分されていない。
警察は組織を防衛するためには犯罪を平気で犯すのである。
犯罪を犯すはずのない警察が組織的に犯罪を犯した場合は、誰が捕まえ誰がその犯罪を止めるのか?
日本ではその明確な答えはいまだにでずに、警察の組織犯罪は野放し状態なのである。

参照文献 また 引用文献
警察官ネコババ事件 読売新聞大阪社会部 講談社
大阪・警察官ネコババ事件(事件史探求)
スポンサーサイト

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

カーティス教授のマスコミ批判を掲載しないマスコミ

産経新聞、朝日新聞、時事通信といったマスコミ各社は4月24日民主党の「政治資金問題をめぐる政治・検察・報道のあり方に関する第三者委員会」の第3回会合に出席したカーティス教授のコメントを報じた。(記事一番下に産経記事全文があります。)
一番下の産経新聞の記事全文を見てもらうとわかるのだが、記事ではカーティス教授の「小沢代表、民主党、検察」へのそれぞれ批判コメントがのっている。
私はその産経の記事をみて違和感を感じたので、「政治資金問題を巡る政治・検察・報道のあり方に関する第三者員会」HPに掲載されているカーティス教授のコメント全文を読んでみた。
するとマスコミが隠ぺいしようとしたであろう事実を発見した。
カーティス教授のコメント全文見たい人は→のリンクよりとんでください。(カーティス氏との意見交換会速記録
カーティス教授の発言全文を読んでみると、産経新聞の記者が隠ぺいしたと見られるコメントを発見した。
それは下記のコメントだ。
ぜひ読んでいただきたい。一読すればなぜ産経新聞はじめマスコミの記者がカーティス教授のコメントのこの部分だけを紹介しなかったのかすぐわかります。
産経新聞だけでなく、朝日新聞や時事通信もある特定の部分だけカーティス教授のコメントをおそらく意図的に削除している。


≪カーティス教授のコメント マスコミ未掲載箇所抜粋≫
最後に、これ(小沢代表秘書の政治資金規正法違反疑惑)に関する日本のマスコミの取り上げ方、対応の仕方は、問題が大きいというか、気になるところがある。
日本には、本来あるべきものではない記者クラブ制度があって、検察の記者クラブの人たちは検察に対して厳しい質問をせず、検察の出先機関のように検察がリークしたことを事実として新聞に載せて、 世論を操縦しているような状態であり、検察の狙いのために利用されている。
これに対して日本のマスコミは反省すべきだと思う。
若い新聞記者は、自分の ジャーナリストとしてのPrincipleに基づいて、勇気を出して客観的な立場から特に国家権力を持っている検察には厳しく追求する。
そういう気持ちが なければ本当のジャーナリストの資格はない。
≪カーティス教授のコメント マスコミ未掲載箇所終了≫

読んでいただければわかるとおり、産経新聞はじめ日本のマスコミの記者たちはカーティス教授のコメントでマスコミを痛烈に批判した部分だけばっさり削除しているのである。
カーティス教授は、記者クラブ制度や日本のマスコミがまるで検察の出先機関であるかのようにいいなりになって、世論を操作する目的で民主党小沢党首を誹謗中傷していることを批判していたのだ。
カーティス教授のコメントで自分たちマスコミを批判した部分だけ巧妙に全部カットして、自分たち以外の組織への批判は全部のせるっておそろしい情報操作だよな。
この産経新聞の記事の題名は「小沢氏は首相の資格ない」であるが、皮肉にもカーティス教授は会合で信念を持たずに国家権力に追従する日本のマスコミの記者にジャーナリストの資格なしとはっきり言っているのである。
カーティス教授が会合で酷評したのは小沢代表というより日本のマスコミというべきだ。
マスコミが記者クラブという既得権益談合組織をいかに守りたいか、また検察のいいなりになって報道しているという事実をいかに国民に隠ぺいしているかということがよくわかる出来事です。



小沢氏は首相の資格ない」カーティス米教授が酷評
≪2009/04/24 1産経新聞より引用≫
民主党の「政治資金問題をめぐる政治・検察・報道のあり方に関する第三者委員会」(座長・飯尾潤政策研究大学院大教授)の第3回会合が24日午前、ジェラルド・カーティス米コロンビア大教授を招き都内のホテルで開かれた。
小沢一郎民主党代表の違法献金事件について、同氏は「代議士会で続投に合意を得ただけでは国民は納得しない」と指摘。さらに「国民とのコミュニケーション能力に欠ける人は首相になる資格はない」と述べた。
 また、「党内に代表は辞任すべきだという人がいなければ、政権交代は遠くなる」とも述べ、民主党の現状を批判した。
 検察当局に対しては「政治的な影響が大きい。逮捕のタイミングについて説明しなければならない」とし、「マスコミがもっと検察を厳しく追及すべきだ」と述べた。



fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。