レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2009年02月

【歴史】脱税するために「~兵衛」と名乗る百姓

助兵衛、半兵衛、権兵衛、官兵衛、江戸時代以前の日本の歴史上の人物には「~兵衛」という名前が多い。
最近この話でまたおもしろいことを聞いたので皆さんにご紹介しよう。

実はこの名前が流行った理由が農民の「脱税」目的だというのだ。
律令時代である奈良時代、農民が兵衛府で何年か一番下っ端の兵衛として兵役につくと税金免除の特権をもらえたのです。
つまり本当は兵役をしていないのに、兵役をしたようによそおって脱税する目的で「~兵衛」と名乗っていたわけです。
私は「~兵衛」という名前が一般の農民にはやったのは、朝廷の官職名がかっこいいと農民が思ってまねしたからだと思ったのですが、そんな風流な理由じゃなかったんですね。
いつの時代も庶民は生きるのに必死なわけです。

農民が税金を払わないので、律令制度は崩壊していきます。
そこで台頭してきたのが、農民から税金を取り立てる実力を持った武士の存在です。
藤原、源、平、といった名前だけ名門のふりをした武士団が、税金取り立てを荘園主から請け負ったのです。
最終的にはその武士団が貴族や寺社の荘園を名実ともに乗っ取るわけですねえ。
余談ですが、イタリアのマフィアというのも同じような歴史的経緯で成立しています。

fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

君が代の「君」は天皇のことじゃない?

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
巌(いわお)となりて
苔(こけ)のむすまで


日本の国歌「君が代」が文献ではじめて確認できるのは、905年に成立した古今和歌集。
古今和歌集は醍醐天皇の勅命による勅撰和歌集(天皇が国家事業としてつくられせた)。
撰者の一人に土佐日記で有名な紀貫之がいます。
作者は「読み人知らず」、誰かわかりません。
ですから、もっと古い時代、例えば奈良時代やそれ以前から日本人にはやっていた可能性があります。

珍説であり、学界には無視されていますが、君が代の「君」は実は「筑紫の君」であるという説がある。
私はこの説を聞いた時にありえる話だなと思った。
「君」という姓は、ヤマト政権に反抗してのちに臣従した大豪族につけられる姓なんだよね。
君で有名なのは磐井の乱で有名な筑紫君磐井だよね。
筑紫君は九州北部の豪族です。
武蔵国造の乱では、ヤマト政権に乱をおこした小杵(おぎ)を影で支援していたのは上毛野君小熊なんだよ。
上毛野というのは今で言う群馬県。今でも総理大臣を多く輩出する県ですね。
君という姓をヤマト政権からもらった豪族は江戸時代でいうところの外様大名に近いかも。
さらに読み人知らず、作者不詳っていうのがさらに天皇以外の有力者をたたえた歌であるという可能性を増すポイント。
万葉集にものっているように歌で権力者をほめたたえるっていうのは古墳時代からあったからね。
ヤマト政権の王である天皇ではない、豪族「君」をほめたたえる歌が日本人に流行していて、それを古今和歌集の撰者が採用したっていうことはありうる。

でも、学界に無視されているってことだから「筑紫の君」説はまゆつばなんでしょう。
いつから天皇のことも君と言うようになったんだろうなあ。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

G7で様子がおかしい中川財務相



渦中を「うずなか」と読むなど、麻生首相同様能力の低さを露呈している中川財務相。
上記の動画はG7の模様だが、なにか様子がおかしい。
脳卒中や酒に酔っているのではないかなどネットでは憶測が流れているが、大丈夫なんだろうか。
次から次へとマイナスニュースを国民に量産し続ける麻生内閣であった。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

自民党の政治家は責任逃れに必死!

【紙面批評】学習院大学名誉教授・藤竹暁 場当たり発言で命脈尽きた首相≪産経ニュース≫

最近麻生首相をはじめ自民党の政治家の責任逃れ発言が続いている。
まずは麻生首相の「郵政民営化実は反対だった」発言。
最近郵政民営化でかんぽの宿譲渡問題などで国民が小泉改革離れをしていると見るや否や寝返りである。
今頃になって郵政民営化反対だったなどと言うのは、自分が売国奴であったと自白するに等しい行為だ。
小泉改革に反対すれば選挙におちる。だから政治家の椅子にしがみつくために本当は国民のためにならない、経団連をもうけさせるための郵政民営化に賛成したということではないか。
政治家としての良心も矜持もあったものじゃない。

与謝野馨経済財政担当相はもっとひどい。以下毎日JPの記事を読んで欲しい。

与謝野馨経済財政担当相は10日の参院財政金融委員会で「この10年間の自民党の政策は外国から輸入したものを無理やりに移植してきたのではないか」と述べ、新自由主義的な経済政策に疑念を呈した。峰崎直樹氏(民主)の質問に答えた。

 与謝野氏は「この10年間の経済界の動きは決して我々が目指している社会ではない」と指摘。「『強者が栄え、弱者が滅びる』という感じは自民党内にはあまりない。自民党は実は社会民主主義の政党だと思っている」と述べた。【田中成之】

今の日本で起きている問題が、外国の制度を経団連の都合のいいところだけ輸入したものだからという発言は私も賛成するが、あとの二つは迷言だ。
「この10年間の経済界の動きは決して我々が目指している社会ではない」というのは先ほどの麻生総理と同じくらいの迷言だ。
与謝野馨議員は麻生首相と同様小泉政権の自民党で政調会長として小泉改革を支えた政治家なのである。
ここ10年の日本経済政策は与謝野馨はじめ自民党が担ってきたのである。
つまり今の日本の経済がむちゃくちゃになっている原因は自民党の政治家にある。
いわば現在の日本でおきている問題の戦犯ともいっていい人間である与謝野馨が、都合が悪くなるとまるで人ごとのようにこんなはずじゃなかったなどと言っている。
最後の「自民党は実は社会民主主義」というところは、いかにも苦しい言い訳だ。失笑するしかない。

当ブログ記事「なぜ麻生太郎は新聞が嫌いなのか?」の最後で私はもっと科学者の声に耳を傾けるべきだと言った。
産経ニュースで学習院大学名誉教授・藤竹暁が命脈尽きたとまで麻生首相を批判している。(一番上のリンク参照)
私は藤竹暁教授の意見に賛成です、皆さんもぜひ読んでいただきたい。
藤竹暁教授のように人文科学者は今日本社会で起きている問題について積極的に責任ある意見表明をしてほしい。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

なぜ麻生太郎は新聞が嫌いなのか?

なぜ麻生太郎をはじめとする自民党の極右は科学や教育や新聞社を目の敵にするのか。
自民党の極右が科学的に見ておかしいことばかりするので、教育者や新聞はとうぜんそれを批判する。
傲慢な自民党の極右どもはそれにたいして逆ギレ、逆上して、自分たちを批判する教育者や新聞社を目の敵にしているのだ。
あほの極右は批判に対して真摯に耳を傾けようという気などいっさいない。

去年秋ごろ自民党の中山成彬が日教組や成田空港拡張工事への反対派を誹謗中傷する発言をして、国交相を辞任、今季限りで衆議院議員引退に追い込まれた。
おどろくべきことに中山成彬代議士は小泉内閣では文部科学相をつとめている。
こんな問題のある人物を大臣にした小泉純一郎元首相は任命責任を問われるべきだ。
誹謗中傷を連発するような人間が、一番良識を求められる文部科学相にしていいわけがない。
中山成彬のような公共心や良識のない男は文部科学相にもっともしてはいけないタイプの人間である。
余談ではあるが小泉元首相と言えば郵政民営化だが、最近オリックスへのかんぽの宿譲渡問題が浮上しており、郵政民営化は国民のためではなくごく一部の金持ちを儲けさせるためのものであったことがあきらかになっている。
中山成彬は愚かな自民党の極右政治家代表ともいえる人物だ。
極右政治家はすべて愚かであり、非難されて当り前の人間なのである。

とうとう極右勢力を主な支持基盤にする麻生内閣の不支持率が80%超を超えてしまった。
麻生首相や中川財務相が簡単な漢字すら読めない程度の知能レベルだということが国民を驚愕させている。
また麻生の定額給付金や郵政民営化についての発言が支離滅裂で国民の間では不安が広がっている。
日本株式会社は低能極右にのっとられているのだ。日本はきわめて危険な状態であり、もっと国民は危機意識を持つべきである。
もちろん極右の麻生首相は「あえて新聞を読まない」と国会の答弁で言うほどの新聞嫌いだ。
麻生はあたかも新聞が自分を誹謗中傷しているかのごとく言うが、もはや麻生の言うことが正しいと思う人間はほとんどいないだろう。
あそこまで麻生が支離滅裂で愚かな発言を繰り返していて、新聞がそれを指摘しなかったらそれは新聞の怠慢である。
新聞や科学者、教育者の言うことのほうが正しくて、自民党の政治家の言っていることは屁理屈なのだ。

日本国民の皆さん、自民党の邪悪なプロパガンダにだまされてはいけません。
耳を傾けるべきは、新聞や教育者、科学者の意見であって、自民党の政治家の屁理屈ではありません。
オバマ大統領もサブプライムローンの失敗もあってか、科学者の声に耳を傾ける重要性を国民に訴えていた。
日本人も不景気をのりこえるには科学者の声に耳を傾けることが大切である。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

あほであるうえに嘘をつく麻生太郎

定額給付金:麻生首相「もらう意思ない」【毎日JP】
首相の受け取り発言否定に疑問の声【日刊スポーツ.】

自公連立麻生内閣が推進してきた定額給付金だが、なぜか麻生首相が受け取りを拒否発言をしたり、受け取りを明言しないあいまいな態度をとっている。
麻生首相は2月2日の自民党役員会で「受け取る意思はない」と明言しておきながら、5日の衆議院で否定したのだ。
麻生太郎は日本国民に対して嘘をついているのだ。前代未聞の事態と言っていい。
自分の内閣が推進してきた2兆円も使う政策を自己否定するような行動をなぜとるのだろうか?
常人では理解できない行動であり、麻生総理の精神状態は異常なのではないか。
小学生レベルの漢字が読めないことで80%近い有権者から不支持の麻生首相であるが、国民に対して嘘をつくなど倫理的人間的にも大きな問題があることがわかった。

国民に対して平気で嘘をつくような政治家をけっして許してはならない。
心ある国民は打倒麻生内閣へむけてすこしでもなにか運動をするべきである。


fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

また体育会が性犯罪!有名テニスコーチわいせつで逮捕

テニススクール経営 大阪市 釜口 明治さん(55)≪読売新聞≫

★テニススクールの教え子の女子高校生にわいせつな行為をしたとして、大阪府警住之江署は4日、大阪市住之江区御崎6、「大阪テニスアカデミー」経営、釜口明治(あけじ)容疑者(59)を児童福祉法違反(禁止行為)の疑いで逮捕した。【毎日新聞】

★調べでは、2002年3月~03年4月、住之江区の自宅や車の中で、当時16歳の女子高生に服を脱ぐように命令したり、キスをさせたりするなどわいせつ行為を繰り返した疑い。自宅敷地内に事務所とテニスの女子寮を構えており、女子生徒はこの寮で生活。釜口容疑者は「テニスのコーチをする」と言っては生徒を自室に招き入れ、全裸にさせて胸にタッチするなどの“個人授業”を展開していた。【サンケイスポーツ】

また体育会系の性犯罪が発覚したようだ。
週刊現代の告発スクープ(超名門テニススクール「大阪テニスアカデミー」合宿所は「陵辱の館」)から警察が捜査にのりだしたらしい。
釜口明治(あけじ)容疑者は有名テニスコーチで、「サイバーテニスの申し子たち 」という本を書いている。
大阪・私立長尾谷高校の女子硬式テニス部をインターハイで3連覇に導いている実績がある。
日本では美化されがちな体育会系の恥部がまたひとつあきらかになった。
日本では体罰が美化されているので、こういった教師や指導者から女子児童へのわいせつ行為が隠ぺいされていることがよくある。
私は体育会でこういった性犯罪が多発する原因の一つとして、スポーツが人間にすごいストレスを与えるからだと思っている。
ごく一部のエリートがすべての富を奪っていくスポーツ界、その非人間的で苛烈な競争が人間の精神を狂わせているのだ。
美化されがちなスポーツだが、こういった負の一面があることを日本人は知るべきである。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 性犯罪・わいせつ事件
ジャンル : ニュース

かんぽの宿譲渡問題で思い出す尾去沢銅山事件

日本郵政立ち入り検査へ 総務省、「かんぽの宿」問題≪NIKKEI NET≫

日本郵政によるオリックス不動産への「かんぽの宿」一括譲渡問題が最近よく報道され物議をかもしている。
「かんぽの宿」という我々日本人の共有財産というべきものが、オリックスという私企業に不当に安く売られるとしたらこれは大問題だ。
郵政民営化は国民をだます方便で、実は自民党が一部の私企業を不当に儲けさせる口実にすぎないのではないだろうか。

私はこの「かんぽの宿」一括譲渡問題のニュースを聞いたとき、尾去沢銅山事件を思い出した。
1871年(明治4年)、明治維新直後の日本で尾去沢銅山事件というものがおきた。
この事件は当時の官界の有力者であった井上馨という長州藩出身の男が、南部藩所有の尾去沢銅山の私物化を図った事件である。
井上馨は尾去沢銅山に「従四位井上馨所有」という高札を掲げさせた。
従四位というのは天皇からもらった官位であり、井上薫は天皇の権威まで利用して南部藩の鉱山を略奪しようとしたのだ。
南部藩の所有するいわば公共物であった尾去沢銅山を私物化して儲けようとした井上薫と、オリックスへの「かんぽの宿」一括譲渡問題はよく似ている。

鳩山邦夫総務相が「かんぽの宿」一括譲渡に関してはまったをかけているようである。
私もこの問題に関しては鳩山邦夫総務相を支持する。
鳩山邦夫総務相は国民のためにいい仕事をしたのではないだろうか。
国民の共有財産が一部の私企業に不当に安く売り渡されることなどあってはならないことだ。
郵政民営化自体を白紙にもどすことも含めて、なにが国民のために一番いいのかをここで考えなければならない。
すべて民営化して市場原理にまかせればそれで済むというのはあきらかなまちがいである。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析