レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2008年10月

雨宮処凛のするどい右翼評

雨宮処凛という作家を、麻生首相自宅見学ツアー事件で知った。
3人逮捕者がでたあとに行ったフリーター全般労組の会見でも出席されてました。

興味をもったのでWikipediaで彼女を調べると右翼活動をしていた経歴があるとのことでした。
2001年頃からは右翼思想に疑問を感じて距離をおくようになったそうです。
Wikipediaによると、彼女は右翼を評してこう言っている。「(国家や皇族などに対して)依存してるだけで敬意が感じられない。自分が目指していたのはこんなものではない。」
この右翼に対する雨宮処凛の評は短い言葉でよく本質をついている。元右翼活動家であり、多くの右翼活動家と交流があったであろう雨宮ならではの鋭い評論だ。
最近石原都知事が東京オリンピック招致に皇太子を利用しようとして失敗したら、腹いせに皇族に対する不敬を働いたことがあったが、これぞまさしく依存しているだけで敬意がない右翼の典型だ。

こういった右翼団体を裏で動かしている自民党。最近国民が自民党離れをするとわかるやいなや、国民にもかみついている。
自民党の政治家は日ごろ愛国心を語ってはいるが、やっていることは売国行為や国民への背信行為ばかりではないか。
民主党に政権交代を実現して、まだまだたくさんある自民党の犯罪を暴いていくべきである。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

衝撃的な動画!麻生首相自宅見学ツアー事件

フリーター全般労組が企画した麻生太郎首相の自宅見学ツアーで、参加していた3人の男性が公務執行妨害の現行犯で警察に逮捕された。
フリーター全般労組は公務執行妨害の事実もないし、デモではなかったと会見で説明した。
自宅見学ツアー中にスタッフがビデオ撮影を行っていたようで、ツアーに同行していた私服警察官や警察官の顔まではっきりと映っている。
下の動画二つは、上は「事前に警察にツアーの趣旨を説明しているところ」下は「警察に逮捕される瞬間」です。
おそらく、この動画はフリーター全般労組の人がアップしたものでしょう。逮捕の瞬間はとても迫力がありますよ。

私が逮捕動画をみたところ、私服警察官と思われる50代くらいのはげあがった白髪の男が、自分への撮影に腹を立てて公務執行妨害といいがかりをつけて逮捕させたように見えます。
この私服警官は撮影されるのを嫌がり、カメラに暴行を加えたようにも見えます。そのあと、この私服警官はコウボウ(公務執行妨害)だ!と騒ぎ始めて逮捕を指示します。
警察官は自分たちが撮影されるのを極度に嫌がります。なぜなら、犯罪行為や不良行為をしているのをばれた時に動かしようがない証拠になるからです。
時代錯誤の年寄りが、頭に血が上り暴走!不当逮捕をしたのではないでしょうか。警察でも老害がはびこっているわけです。
対照的に事前にツアーの説明を聞いている警察官はとても良識的な印象を受けます。

マスコミはこの事件を無届デモのため逮捕されたと報道していますが、この動画でそれは完全に否定されたでしょう。
マスコミが警察の発表をうのみにして報道しているのがよくわかりました。
これからの展開が目を離せない事件です。これだけの動かぬ証拠がそろっていても、警察は知らぬ存ぜぬでしらを切りとおせるでしょうか?

↓は逮捕された3人の支援者が開いているであろうブログです。事件の詳細のってます。
麻生でてこい!!リアリティツアー救援会ブログ




テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

低能極右が世界を滅ぼす,世界経済危機をひきおこす極右

最近の世界的な株価暴落を見ると、世界的に極右勢力が台頭して政治経済を牛耳ったおかげで、とんでもない報いをうけたなという感じがする。
世界中の低能極右のおろかな政策が次々と大失敗したおかげで、世界経済は大混乱というわけだ。
おろかにも低能極右を支持してしまった一般大衆はこれからいやというほどその報いを受けることになるだろう。

世界の極右勢力の司令塔はアメリカ、ブッシュ大統領だ。この元アル中はサブプライムなどという無謀な不動産融資を国策としてはじめ、多くの知識人の指摘通りにみごとに失敗した。
不動産融資をおこなった銀行が次々に破たんをして、融資を受けた低所得者層も家を奪われて、アメリカ社会は大きなショックをうけている。
また、ブッシュは9.11のテロで頭に血がのぼったアメリカ人を煽って、十字軍気どりで中東のアルカイダを攻撃し始めたが、無鉄砲無計画に戦争をはじめてしまったため、多くのアメリカの兵士が無駄に命を落とし多くの無駄な金が使われて国庫を圧迫した。
アメリカではブッシュのはじめたイラク戦争は無名の師(愚かな戦争)だったというのが定説になりつつある。
日本の自民党の極右政治家が大きな勢力をもつようになったのは、アメリカで極右勢力が勢いが盛んだった影響を受けていたのは間違いない。
先日、麻生首相が国会でアフガン戦争への支援は、9.11テロでなくなった24人の日本人の復讐戦だ!というようなことを言っていた。
麻生首相の発言は、日本がアルカイダにたいして鮮明に宣戦布告をしてしまったに等しい。
アメリカがイラクから撤退しようとしている時に、日本だけわざわざアルカイダを鮮明に敵に回すようなことをいう麻生首相はあほである。
自民党と麻生首相の頭の中は、アメリカのけつをなめることしか考えていないので、国際情勢をまったく把握できていない。

来月11月4日アメリカでは大統領選である。オバマ、マケインどちらの候補になっても極右勢力とは縁遠い人がアメリカ大統領になる。
ブッシュのような低能極右はもううんざりだというのがアメリカ人の心情なのだ。
にもかかわらず、日本ではいまだに麻生首相、その腹心鳩山邦夫をはじめ極右勢力がはびこっている。
先月だったか、麻生内閣の中山成彬国交相という極右の男が、常人には理解しがたい意味不明の妄言を繰り返して政治家引退に追い込まれた。
麻生極右内閣の大臣は、全員精神鑑定を受けるべきである。異常がでればすぐにやめてもらいたい。
日本人が次回の衆議院選挙で極右の多い自民党を勝たせれば、経済復調が大きく遠のくだろう。
来月のアメリカ大統領選、そろそろあると言われる日本の衆議院の解散選挙、どちらの選挙でも世界的に続いた極右の低能政治に終止符を打ってもらいたい。
極右思想かぶれに政治家の仕事はむいていない、良識ある国民は彼らに「君は政治家には向いていない。他の仕事をするべきだ。」とアドバイスするべきだ。
fc2ranking
ブログランキングバナー

「古代日本の王は朝鮮人」説は嘘

最近、弥生時代や古墳時代の日本の王(大王)が朝鮮人だったという歴史本がけっこうあることを知った。
ちょっと読んでみたが、歴史学をまるっきり無視したフィクションとしかいいようがないレベルの本だった。
「縄文と古代文明を探求しよう!」というHPの記事「“もうひとつの皇統譜”、古代日本支配部族と三韓三国関係」に紹介されている「日本書記の暗号」林青吾著というのもまゆつばものだという印象を持った。
「日本書記の暗号」によると、「元々天皇は“金”とか“朴”とかついていたんだろうけど、他の実名は抹消されているので、そこはやはり“神武”とかしか書きようがない」とあるそうだが、朝鮮人が金や朴のような中国風の名前をつけはじめるのは6世紀以降と言われているのでおかしな話だ。
他にも歴史学とは矛盾している記述が次々でてきて、筆者林青吾の歴史知識の浅さがよくわかった。

弥生時代、古墳時代、古代日本の王の歴史を、朝鮮や中国の文献でふりかえってみましょう。
○倭の五王の一人である武は、西暦478年に宋から「新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭王」という称号をもらっている。
○広開土王碑にも391年に倭が百済や新羅を破り臣民としたとある。
○三国史記(新羅本紀)では新羅が紀元前から倭人の襲撃に悩まされているとあり、何度も武力侵攻を受けて首都金城を包囲されている。
これを素直に解釈すれば、新羅など朝鮮南部は倭王の強い軍事的影響下にあったと解釈できる。
つまり歴史の真実では、日本人が朝鮮人(正確には朝鮮南部)の王であったというほうが正しい。

どんな奴がこんな本書いているんだろうと著者紹介を見てみると、ある本の著者は韓国で歴史を学んでいた。
「古代日本の王は朝鮮人」という説の発信源は、韓国なのではないだろうか。
韓国はナショナリズムを高めるために、意図的に歴史を偽造しているのではないか。
私は竹島の違法占拠などもナショナリズムをあおるために韓国がやっていると見ている。

「朝鮮人日本の古代王説」をいろいろと考えていくうちに、『人はなぜ歴史を偽造するのか』(長山靖生)で読んだジンギスカン=義経伝説を思い出した。
日本でも昔モンゴルの英雄ジンギスカンが日本人だったというような嘘八百のプロパガンダをやっていたことがあったのだ。
今そんなあほなプロパガンダをやったら、モンゴルから文句を言われるだろうし、世界の知識人からあざけりを受けるだろう。
日本は明治初期から「ジンギスカン=義経伝説」を世界に宣伝した。
明治初期、イギリスやアメリカから不平等条約をおしつけられ半植民地のような扱いをうけていた日本が国民のナショナリズムを高めるために大ウソをついたのである。
ジンギスカンがヨーロッパの一部をふくむユーラシア大陸の大部分を征服して世界帝国をつくったというところがポイントだろう。
プロパガンダが言いたかったのは日本人は欧米人に劣っていないということだ。
明治初期からおこなわれた「ジンギスカン=義経伝説」のプロパガンダは、イギリス人やフランス人などの欧米人に差別されていた明治初期の日本人が見栄を張るためについた悲しい嘘なのである。

最近自民党や民主党の政治家が、正しい真実の歴史を教えている教科書に偏向しているなどといいがかりをつけている。
約230人の国会議員(自民党197議員、民主党19議員ら計228議員)が、、公共の精神や愛国心を重視した新教育基本法に基づいた教科書検定を行うよう署名を行っているそうだ。
このあほの政治家たちは国旗、国歌強制などの悪いナショナリズムをあおるだけで、子供の教育にはまったく役に立たない有害な連中だ。
邪悪な政治家にとって歴史教育は、自分たちに都合のいいように子供を洗脳するまたとない機会なのだ。
善良な日本人ならこういった悪の手から子供たちを守り、真実の歴史を子供たちに教えることを支持するべきである。
過去に嘘のプロパガンダでナショナリズムをあおった国の国民はすべからく悲惨な目にあっている。
嘘の歴史を教えることは、未来の日本をになう子供たちのアイデンティティ形成には害になるということを忘れてはならない。
正しい歴史を教えることが、われわれにできる日本の子供への最高のプレゼントである。
過去に起こした同じ間違いをまた日本人は繰り返してはならない。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

こんにゃくゼリーをだしにつかって金を国民からまきあげる自民党

今年9月に1歳男児が食べて死亡したこんにゃくゼリーの製造停止をめぐって、自民党の野田聖子消費者行政担当相の対応がネットのブログや2chで批判されている。
製造停止になったこんにゃくゼリーが食べられないことにたいする不満、こんにゃくゼリーより危険な餅やご飯は規制しないのに不公平ではないかという批判があるようだ。
ひさしぶりにネットの世論がまともなことを言っているのを聞いた気がする。合理的でない規制にはNOというべきである。
自民党の政治家、警察や官僚は自分たちの権益拡大のために、あらゆる屁理屈をつけて必要がない規制を作り出す。
こいつらは金を国民からふんだくるために、一見もっともらしいことを言うからたちが悪い。

Gigazineの記事「「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10」によると、2008年1月から3月だけでもちは77件窒息事故がおきているようです。
食品による窒息事故を防ぐ目的であれば、より危険度の高いもちやご飯のパッケージにも注意喚起を義務づけるべきでしょう。
死亡事故が起きたからと言って、こんにゃくゼリーだけ注意喚起をパッケージにしたところで片手落ちで国民の命と健康を守れないというわけです。
これでは自民党や野田聖子消費者行政担当相の対応が国民に批判されるのは当たり前のことです。
自民党はあたかも仕事をしているふりをするポーズだけはうまいが、本当に中身のあることはぜんぜんしません。
この程度の仕事しかしないくせに政権担当能力があるとうそぶいているのだから、自民党の身の程知らずには困ったものです。

このニュースを聞いて、食品をのどにつまらせて窒息する事故が思ったよりずっと多かったことに驚いた。
1995年以来17人もの方がこんにゃくゼリーをのどにつまらせて亡くなっているようだ。(国民生活センター資料
子供やお年寄りは特に要注意ですね。
子供は国を担う大切な宝、しょうもない規制よりも国民自身が情報をどんよくにあつめ、正しい知識を知ることが一番大事だ。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

石原慎太郎「山谷200円発言」、完全にもうろくしたジジイが都知事です。

10月3日の定例会見の中で、人気者の東京都知事石原慎太郎からおそろしい時代錯誤の発言が出た。
「山谷は200円、300円で泊まれる宿がいっぱいある」、石原はそう言った。
まともな常識をもっている善良な国民ならわかるが、そんな値段で泊まれる宿などない。
もともと、常識を疑う発言の多い石原慎太郎だが、すでに76歳ということもあり完全にモウロクしているのがわかる発言だ。
こんなモウロクした精神薄弱のジジイが、銀行を経営しようとすればそりゃ失敗するわな。石原には経済的な常識なんかまるでないんだよ。
まだまだ任期と人気(?)がたっぷり残っている石原慎太郎だから、これからももうろくした頭で考え付いたおそまつな政策で東京都民の財産を見事に食いつぶしてくれるだろう。
いかに年寄りというのは愚劣で醜い存在であるか、石原慎太郎を見ているとよくわかる。
石原慎太郎や中山成彬の発言を聞いていると、年寄りには議員や知事など公職につくような能力はないということがよくわかる。
次回の選挙では60歳以上の年寄りへの投票はひかえたほうがいい。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 石原都政
ジャンル : 政治・経済

橋下弁護士が懲戒請求扇動訴訟で敗訴!

橋下弁護士が懲戒請求を扇動した事件の裁判で、広島地裁は橋下弁護士敗訴の判決をくだし、800万円の賠償金の支払いを命じました。
違法な懲戒請求をあおった橋下弁護士に厳しい判決が下った。この後の展開によっては橋下の弁護士資格はく奪も十分あり得るだろう。
私はすでに彼はレッドカードに値すると思う。違法と知りながら、テレビで違法行為を煽って反省もほとんどなかったわけだから弁護士としての素質に著しく欠ける。
長期間にわたり、違法な懲戒請求扇動に加担した「たかじんのそこまで言って委員会」を放映している讀賣テレビ放送にも法的責任はあるのではないか?

橋下弁護士も悪質ではあったが、彼に踊らされた多くの愚民たちも問題だ。
裁判は弁護士と検察官が対等な立場で、討論することによりより公正な裁きができるのだ。
刑事事件の弁護をひきうけた弁護士が社会から迫害を加えられたら、検察官の言い分に偏った不公平な裁判が横行して、冤罪が多発するだろう。
実際光市母子殺害事件でも、1審弁護士の手抜きがあったと指摘されている。
また、刑事事件での冤罪が多発している。弁護士がまともに仕事をせずに検察の言い分だけが裁判で通るからだ。
おそらく扇動されて懲戒請求をした人間はそんな日本の裁判事情などまったく知らないのだろう。
日本で公正な裁判制度を維持するには、法曹関係者ではない一般市民のリテラシーの高さも重要だとわからせてくれた事件でした。
この事件に限らず日本人は悪人の扇動にすぐのってしまう傾向にあります。
悪人の扇動にのることは、自分で自分の首を絞めるようなもの。自分の行動は自分で責任をもてるよう、よく考えて行動しましょう。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析