レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2008年08月

北京オリンピック報道に東京オリンピック招致ゼネコン工作員の影

北京オリンピックでメダルをとった選手が北京から帰国して、TV出演しているのを何回も見たが、そこで不自然に東京オリンピックへの支援を訴える選手やコメンテーターが多かった。
選手なんかはいかにも誰かに強制されて言わされてるなあという感じの、東京オリンピックへのヨイショコメントを棒読みしてた。
TVのコメンテーターでは、八代英輝が執拗に東京オリンピック招致を言って気持ち悪かった。おそらく八代英輝はゼネコンに抱き込まれたんでしょうな。
あからさまに金で買収されているやつの言うことなんて聞きたくないので、八代英輝のようなコメンテーターはどのTV局も使わないでほしいね。
ゼネコン工作員は北京オリンピックをだしにつかって、メダリストやTVコメンテーターを用意周到にだきこみ、東京オリンピックへの招致をTV放送で効果的にアピールしたのです。

少なく見積もって、10兆円以上の巨額の税金を使って、脳みそ筋肉体育会系のバカリンピックを東京でやるなんて東京沈没必至の陰謀が、着々と進んでいるようです。
この愚かな東京バカリンピックを招致して、忠実な手下のいるゼネコンに金を流そうと必死な石原慎太郎。やつは任期最後に最後っぺとばかりに東京都民の財産を食いつぶそうとしています。
東京オリンピックだけではあきたらずにさらに巨額の費用をかけて都庁の改築などをやろうとしているようです。
石原慎太郎に投票したわけでもないのに、共有財産を食いつぶされる東京都民の一人としてじつに腹立たしい。
あほの石原慎太郎に投票して当選させてしまった東京都民がすべて悪いんですけどね。
東京オリンピックなんてどう考えてもいらない金食い虫イベントですよ。
あほが権力者になると庶民は地獄におちる。選挙はいつものるかそるかの真剣勝負。
東京都民の本当の地獄はこれからだろう。
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : 北京オリンピック全般
ジャンル : スポーツ

自民党のレイプ大臣、国民の税金ネコババ疑惑!!

また、自民党政権の農水相に不正経理問題がおきた。架空の事務所で、経費を水増しして税金泥棒しようとする悪党がまたでたのだ。
太田誠一農相が事務所だと主張している家(秘書の自宅)の、おとなりにすんでいる経済学者の池田信夫教授が自身のブログ「池田信夫blog」でとなりの家(太田の秘書の家)は事務所として使われている気配はなく、実態のない幽霊事務所であると告発している。
もし、これが事実だとしたら太田誠一農相は業務上横領、詐欺などの犯罪を犯したことになる。
安倍内閣のおりにも、赤城元農水相など多数の自民党の政治家に事務所費の不正会計があったが、結局真相は国民に知らされることなくうやむやのまま終わった。
国民は税金のネコババを許さないという姿勢を、自民党に示さなければならないだろう。さもないと、自民党はさらに増長して税金ネコババしつづける。

太田誠一農相は過去に集団で女性を強姦したレイプ魔を「「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい」などと発言した。
太田誠一は集団強姦を奨励する、石原慎太郎もびっくりの危険な人格の持ち主だ。
どうやら、太田誠一の化けの皮ははがれてきて、年貢の納め時が近いようである。
レイプをする人は元気があっていいなんて言う人間が、日本の大臣になるなんて実に情けない。

私は福田首相は嫌いではないが、太田誠一のような男を農水相にしてしまった責任はまぬがれない。
国民はこのままだと、レイプ太田のような邪悪な自民党の政治家にレイプされてしまうだろう。
レイプ太田が奨励した集団輪姦のごとく、国民は邪悪な自民党の政治家たちによってたかってだまされて大事な財産や名誉をレイプされてしまうだろう。
自民党はレイプ太田率いる組織的集団レイプ魔なのである。政治に無関心な国民はこれからもレイプされつづけるだろう。
善良で賢い日本人なら、自民党を支持してはならない。政治家の不正会計をうやむやにすることを許してはいけません。
詐欺と窃盗をヌケヌケとやっている泥棒政治家たちにはしっかりと刑務所でくさい飯を食ってもらいましょう。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

北京オリンピック、古い日本人は敗れ、新しい日本人が勝利した。

星野 仙一率いる日本の北京オリンピック野球チームが準決勝で韓国に負けた。
星野の采配が古い日本の野球スタイルにこりかたまっていたことが、大きな原因だった気がする。
調子の悪い選手を使いづつけることなく、調子のいい選手をもっとだすべきだっただろう。
選手の調子の良い、悪いがわからなければ監督などやめるべきだ。
合理的ではない、根性論と情に支配された日本の古い野球がいかに弱く、愚かしいことか。
星野ジャパンに極右と体育会系、非合理的な根性論に支配された今の日本の政治と同じ愚かさを感じた。合理的ではないシステムは選手や国民の力を発揮させることができずに、地獄へと突き落す。
大リーグであれば、実績がある選手でも調子が悪くなればすぐに2軍落ちである。
勝とうと思えば、調子の悪い選手を使い続る馬鹿はいない。
調子があがってくれば、また1軍にあげればいいだけの話なのだ。調子の悪い選手のプレーを見せられる観客のことを考えれば当然だろう。

日本のスポーツ界といえば、脳みそ筋肉の無法者のふきだまりだ。
大麻、いじめ、強姦、輪姦、リンチ殺人、強制わいせつ、ありとあらゆる犯罪、それらの悪徳が日本の体育会系にははびこっている。
しかし、世界レベルの1流選手を見ると、精神力もすぐれたものもチラホラ見るようになった。
今回の北京オリンピックでいえば、男子100kg超級で金メダルをとった石井慧(いしいさとし)は心技体そろった稀有なスポーツ選手だ。
石井慧は、大会前からNHKのドキュメンタリーで特集されるなど注目されていた。
私は石井が100kg超級では小柄で、非力だろうからいい結果をだすことはむずかしいと思っていたが、予想外の金メダルをとった。
石井はドキュメンタリーで国際柔道へ順応しなければ、国際大会で勝てないということをさかんに言っていた。
「柔よく剛を制す」というが、石井は頭脳も柔らかくつかって、自分より体格の大きな選手に勝ったのだ。
柔道創始者の嘉納 治五郎も石井慧の柔道を見れば感動したに違いない。
よく頑固な年寄りが若者を馬鹿にするが、石井慧に代表されるようなすぐれた若者の爪の垢でも煎じて飲めと言いたい。
あらゆる年代で、日本ではなんと精神が老けてしまった固陋なものの多いことか。
石井と対照的な選手として、古い自分の柔道スタイルに固執したシドニーオリンピック金メダリスト井上 康生がいる。
井上康生は肉体的な才能にめぐまれながら、国内の代表争いに敗れ去った。
谷亮子もTVインタビューで、内股にこだわる自分のスタイルを貫こうとする井上康生にもっといろいろな技をだしていけとアドバイスを送っていた。
柔道の世界は体が強いだけはなく、精神力や知力といったものも鍛えなければ勝てないようである。
ダーウィンの進化論によると、生き残る種はもっとも環境の変化に対応できた種だそうだ。スポーツ選手も生き残るためには、環境の変化に対応できる知性が必要なのだろう。

オリンピックの狂騒をはなれ、ふと現実にかえってみると、われわれの日常生活でもスポーツの世界と同じことが言えそうである。
柔道だけでなく、日本は政治経済どんどん国際化することを必要とされている。
政治で言うなら少子化問題に悩む日本では、アメリカやフランスのように外国人移民を受け入れなければならないだろう。
経済でも、ますます合理化されていく世界経済の中で、日本経済も合理化することを求められる。
こういった問題をうまく解決していくには、われわれ日本人は変わらなければならないだろう。
われわれは変化に適応できれば石井慧のように勝利をつかみ、変化を拒み古いやり方に固執すれば星野ジャパンや井上康生のように敗北するだろう。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 北京オリンピック全般
ジャンル : スポーツ

中国毒餃子情報隠ぺい、国民のためには働かない自民党

中国毒餃子事件で、中国国内で毒が混入したという証拠を日本政府が隠ぺいしていたことが発覚した。
中国政府の隠ぺい要請を受ける形で、日本国民に中国国内で毒餃子事件が再発したことを隠ぺいしたようだ。
中国産の食品の安全にかかわる重要な情報を、自民党と日本政府が国民に隠蔽したことは重大な売国行為である。
食品の安全情報は国民の健康にとって、とても大事であることは言うまでもないだろう。
中国産の食品にどのくらいのリスクがあるか、消費者は判断するための情報を必要としている。
自民党が中国産の食品にたいする危険性を隠ぺいしたために、また日本人に健康被害がでるかもしれない。

自民党が企業の利益を優先したために、多くの罪もない人間をエイズに感染させてしまった薬害エイズ事件。
中国毒餃子事件における自民党の情報隠ぺいは、自民党が薬害エイズ事件をまったく反省していないことを示している。
自民党は薬害エイズ事件をひきおこしてしまったことをもっと反省するべきだ。
企業の成長や、経済効率、経済成長はたしかに大事であるが、人の命より大事なものではない。

中国毒餃子事件にかぎらず、自民党とその支持者たちは国民に知られたくない情報を隠ぺいしている。
当ブログ記事「アメリカのために一生懸命な安倍晋三」でも指摘したが、自民党は日本人のために働こうという意識がないようである。
自民党一党独裁のもとでは、多くの国民はなにも知らされないまま奴隷として働かされるだけである。
奴隷をやめたい人は、民主党支持で政権交代を実現して、日本をより公正な社会にするべきだろう。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

石原慎太郎の天皇の私的政治利用を許すな!

石原都知事:宮内庁に怒る 五輪招致の皇太子さま支援で[毎日JP]
【正論】大原康男 皇室への招致協力要請に反対≪産経新聞≫

とうとう極右勢力の石原慎太郎が天皇と皇族の政治利用を始めようとしている。
天皇という権威の虎の威を借るのは極右勢力の常とう手段なのでいつかはやると思っていた。
どうやら森元首相も石原の走狗となりて、宮内庁に天皇の政治利用を打診したようだ。
オリンピック招致に天皇を利用しようという石原のもくろみは敗れ去ったようだが、一部の政治勢力が天皇を私的に利用するなどあってはいけない話だ。
宮内庁が石原の要請を断ったのは、しごく良識的な判断である。
また石原慎太郎は、「宮内庁ごときが出てきてだな、そんなことを言うことは僭越の限りだ。そういう役人が日本を滅ぼしてきたんだ。国民投票したらいいんだよ。圧倒的に皇太子に行っていただきたいに決まっていますよ」と言っているが、皇太子さまの意志で拒否している可能性も十分あるのに、皇族に対して不敬である。
石原慎太郎は天皇陛下や皇太子さまを政治のコマのように考えている。皇族に対する不敬であるとともに、個人の尊厳を無視し人間性をいちじるしく欠いた発言だ。
天皇や皇族まで、自分の私物のように考えている石原慎太郎の増上慢ここにきわめり。
個人の意思や尊厳を無視して、人を物のようにあつかう人間を都知事にしたことを東京都民は恥じ入るべきだろう。

戦前に極右勢力は天皇を私的に利用して、虎の威を借る狐となりて日本を地獄に突き落したことがある。
低能が思いつくことはは時代が変わってもまったく変わりがないようである。
極右思想というものが一種の精神病理であるからであろう。
きちがいの暴走を許せば、すべてのツケを国民が払うことになる。極右の暴走を許してはならない。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

民主党で公正な市場経済を目指すしかない

これから日本はさらに市場経済主義を導入して、経済効率を高める方向性にいくだろう。
少子化が今よりさらに悪化するだろうし、経済効率を高めなければ、日本人の生活水準はさらに下がってしまう。
必要は発明の母、経済効率を高めるのは日本のまったなしの課題だ。
基本的に市場経済導入の促進は、まっとうに働いているビジネスマンにとってはいいことだ。
今のように談合や学閥、業界を守るための強力な規制、官僚の搾取から解放されるからだ。

競争原理が公正に正常に働けば、人材が適材適所に配置されやすくなる。結果、日本の生産力は上がり、国民の生活力は向上する。
競争原理を正常に働かせることができれば、大分の教員採用不正事件のようなことはおこらない。
ワイロをわたして不正に採用されようという犯罪者が、教員として子供にものを教えるというバカバカしいことはおこらなくなる。
最近、愛国心や公共心を教育でどう教えるかが話題になったが、犯罪者が愛国心を教えるっていうのはアメリカのブラックジョークとしか思えない。
地元の有力者という一種の派閥が、教員というおいしい職業を実質世襲していたことにより、国民にとって絶対になってほしくない人材が教員になってしまっていたのだ。

競争原理を働かせるには、不正の排除が必要だ。
日本は自民党一党支配のもとで、腐りきってしまい経済効率がものすごく悪い。
国民が不景気にあえいでいるときに、必要性の薄い道路に巨額の国費を使おうとする自民党の世襲議員たち。
ツケをはらわされるのはまっとうに働く国民である。
先日、福田政権が内閣改造をおこなったが、自民党が政権にあるかぎり同じことで、くだらないめくらましである。
政権交代という大ナタをふるって不正をできるかぎり排除しなければ、日本という国がたちゆかなくなるというところまできている。
公共工事の談合、銀行の学閥、教員不正採用という不正がはびこればはびこるほど、ツケを払わされるのは日本人自身である。
不正や悪というのは、不経済そのものなのである。

fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析