レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2008年06月

秋葉原通り魔事件、犯人Kは日本の精神主義の被害者である。

今月8日におきた秋葉原通り魔事件で、犯人Kは犯行に及ぶ前に携帯サイトの掲示板に多数の書き込みをしていた。
事件は8日おきたが、携帯サイトは5日から書き込まれている。下記にその一部を抜粋する。(引用元

6月6日
03:09 彼女がいれば、仕事を辞めることも、車を無くすことも、夜逃げすることも、携帯依存になることもなかった/希望がある奴(やつ)にはわかるまい
03:10 で、また俺は人のせいにしてると言われるのか
 同  いつも悪いのは全部俺
6月7日
09:14 隣の椅子(いす)が開いてるのに座らなかった女の人が、2つ隣が開いたら座った/さすが、嫌われ者の俺だ
6月8日
11:45 秋葉原ついた
 同  今日は歩行者天国の日だよね?
12:10 時間です (このあと20分後に2トントラックで交差点横断中の歩行者をはねる。)


犯人Kのこれらの書き込みを見て、司馬遼太郎の「文学の基本が、人間本然(ほんねん)の悲しみの表出であることは、いうまでもない」というくだりを思い出した。
私はKの書き込みにはまさしく「人間本然の悲しみ」に満ちていると感じた。
Kの書き込みからは、彼がつよく孤独を感じていることが感じられる。
2chで彼の書き込みに共感する人が多かったのは、「人間本然の悲しみ」がそこにあったならば当然だろう。
Kは人間が誰でももっている悲しみにのまれてしまった。
彼女がいてもいなくても友達がいてもいなくても、人間は孤独からは逃れられない。
Kが人間が誰でももっているような孤独の悲しみにのまれてしまったのは、彼が親から虐待をうけて育ち精神的に追い込まれた状態にあったからである。
親や日本社会から間断なくストレスを受け続けたKは、本人に自覚症状がないまま異常心理におちいり、いわゆる「ゆでがえる」となってしまったのだ。

最近頻発している凶悪事件の犯人たちは、親から虐待を受けていた可能性が高い。
附属池田小事件の宅間や、光市母子殺害事件の犯人の少年も親から虐待を受けていたという報道があった。
今でもそうだが、日本ではしつけの名のもとに苛烈な虐待が子供になされる場合が多々あった。
今では児童虐待にたいして児童相談所が親権停止など積極的に指導しているが、昔はしつけという美名のもとに児童虐待が野放し状態だった。
先日宮崎県の東国原知事が「げんこつ条例」で体罰を条例化して公認するというむねの発言があった。これが条例化されれば日本は児童虐待が法令化されている児童虐待先進国だ。
凶悪犯たちは日本の児童虐待文化、精神主義の被害者と言えるだろう。
体罰や児童虐待をやめる勇気を日本人が持っていたら、こんな凶悪犯罪がおこらなかったと思うととても残念だ。
日本人には凶悪犯も被害者であるという事実があまり知られていない。

参考サイト 『佛大通信』Vol.484(平成18年1月号) 月々の名言
fc2ranking
ブログランキングバナー
スポンサーサイト

テーマ : コラム
ジャンル : 小説・文学

だまされるな!グリンピース逮捕は警察と政府の報復である。

政府が税金で補助金をだしている調査捕鯨で、乗務員による鯨肉の横領が行われていると告発したグリンピース職員が逮捕された。
本来鯨肉は市場で売却して調査捕鯨の資金にあてられるべきものである。これを会社と乗務員が勝手にもちかえっていたのだから、横領であることはまちがいない。

今回グリンピース職員逮捕にいたった一番大きな理由はNPO法人の政府への監視に、自民党や汚職を日常的に行っている役人(たとえば警察官)が脅威を感じたからである。
このブログでも何度も指摘しているが、警察官は全員もれなく裏金を受け取っている。
他にも自民党の政治家や高級官僚が国費を不正に横領している事件は後を絶たない。
こういった自民党や警察がグリンピースのような政府の不正を監視するNPO法人に脅威を感じて弾圧をはじめたのが今回の事件だ。
そもそも日常的に税金を不正な手段で裏金として横領し続けている警察官が政府の不正を告発した正義のグリンピース職員を逮捕する資格があるのか疑問である。
善良な日本人はグリンピースを支援して、どんどん政府の不正を暴いてもらいましょう。
もし警察と自民党、政府の暴挙を許してしまえば、NPO法人は政府への監視を行うのに及び腰になるのは間違いない。
今回のグリンピースの告発はNPOが政府の不正監視にとても効果的な組織だということをあらためて示している。(最近NPO法人が積極的に地方公共団体や国を監査している。)
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

がんばりすぎると競争に負ける、あわてる乞食はもらいがすくない

最近人生を豊かにすごすには、ゆとりが必要だなあとしみじみ感じます。
なんでもがんばりすぎると、必ず結果は悪いものになります。私も若いころはがんばりすぎて空回りすることが多かったです。
これはがんばりすぎると脳がオーバーヒートして異常行動をおこすからでしょう。これでは自分の力が発揮できません、ベストの力がだせないわけです。

最近秋葉原で通り魔がありましたが、あの事件の犯人はおそらくがんばりすぎて脳が異常な状態にあったのだと思います。
彼が長男であったことも重要です。長男は両親が虐待をする人間の場合、年下の兄弟を守るために防波堤のようになることが多いといわれています。
ゆでがえるの例えにあるように、人間ゆっくりと長くいじわじわストレスにさらされていると気づいたら手遅れな状態まで脳が異常な状態におちいっていることがあります。
彼がゆとりをもって人生をすごすことの大切さを知っていたら、あんな不幸な結末にはならなかったでしょう。
ストレスがかかりつづければ誰でも彼のような異常心理におちいる可能性はあります。

私は人生の中で苛烈な競争社会を勝ち抜いた勝者を何人か見てきました。
一部上場企業社長やプロスポーツ選手や高級官僚、意外に彼らが精神的にゆとりをもって人間的に生きていることに気付きます。
競争に勝ち抜いた人間はもっとギスギスした人間かなあと思っていたのですが、勝者は精神的にゆとりをもって生活しています。
人間が今のような文明を築けたのは、豊かな海のめぐみや農耕で生活にゆとりができたからだと言われています。
人生はゆとりをもって幸せにすごすことが一番大事なわけです。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

GONZOのアニメ ドルアーガの塔がおもしろい

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~

今ならGYAOで全話無料で見放題ですよ。GYAOはIEでしか見れないのでご注意。
あと1話で終了みたいだけど、最後は夢おちで終わるような気がします。
絵がうまいし、人物の性格の描写がよくできています。
ここまではおもしろかったけど、あと1話でどうまとめるんだろうなあ・・・・、やっぱり夢おちしかないような気がする。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

若者よ!選挙にいかないと奴隷になるぞ

私が若いころ政治的アパシー(無関心)という言葉がさかんに言われた。
1990年代政治に無関心な若者が増えている現象を学者が「政治的アパシー」と指摘したのだ。
現在の世代別投票率を見ると、20代は25%程度、30代でも31%程度しかない。
60歳以上の投票率はおおむね70%以上である。じつに3倍以上の開きがある。
いまだに若者の政治的無関心は続いているようです。

最近若者が過酷な労働条件で働かされているという報道をよく聞く。
残業代が支払われなかったり、労災が適用されなかったり、若者は権利を無視されて働かされている。
権利を認められないということは、奴隷扱いされているに等しい。

「人間は政治的な生き物だ。」という言葉がある。逆に言うと政治的でない生き物は人間ではない。
よく民主政治は国民が主人公だといわれる。主人公であるということは政治に責任があるということだ。
よくマスコミは政治が悪いことを政治家のせいにするがこれは間違いだ。政治が悪いのは主人公たる国民が一番の悪の源泉である。
日本国憲法第12条には「 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」とある。
主人公たる国民が努力をやめてしまっては、政治が悪くなるのは当然である。

私は若い日本人は政治に無関心で選挙にすらいかなくなったために、権利を奪われてしまったのだと思う。
選挙にこない人間の意見など政治家はまったく気に掛けない。働かざるもの食うべからず。
比較的投票率が高いといわれている高齢者層の言うことを、政治家がよく聞くのを見ればわかることだ。
国民に不評だった75歳以上の後期高齢者医療制度を政府・与党はすぐに見直すと言っている。
これで高齢者の負担は減らされるだろうが、若者への負担はまたずっしりと重くなるだろう。
若者よ、権利を取り戻したければ選挙に行くのだ。政治に参加しなければますます経済的にも苦しくなるし、名誉や権利も奪われていくだろう。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

悪徳接骨院(柔整師)問題をムーブと朝日新聞が特集!




悪徳接骨院問題を朝日新聞が特集するようです。(接骨院・整骨院、保険対象外も請求? ケガ数など不自然<asahi.com>)
上記のYoutubeでムーブの番組が見れます。
全国的に接骨院が不正請求で日本人の虎の子の健康保険を食い物にしている実態があきらかになっている。
自民党の政治家は接骨院とグルになっていて、会計検査院や厚生省の不正請求への指摘を無視して不正請求をすべて支払ってきた。
悪徳接骨院は不正請求で大儲けしているそうですよ。接骨院はいいうちたててるそうですよ。

自民党は朝日新聞への取材を拒否するそうですが、接骨院の不正請求問題をつっこまれた報復でしょうな。
自民党はようするに詐欺師の集団だと思っておけばまちがいありませんよ。「自民党は詐欺師の集団だ!」なんて本当のことを言ってるとすぐ逆ギレしてきます。
自民党はいまだに30%強の支持率をほこっているそうですが、まだまだ詐欺師にだまされるおつむの弱い人が大勢日本にはいるんですねえ。
善良な日本人は自民党を支持していいことなんてこれっぽっちもありませよ。
自民党とグルになっている接骨院の柔整師は肥え太り、まじめに営業しているマッサージ屋は損をする。まさに今の自民党政治を象徴するような出来事ですな。
汚いことをする悪いやつを肥え太らせる自民党政治に賛成の諸君は自民党へ投票してください。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

殴るけるの体罰を推進する橋下徹知事

橋下知事「35人学級」明言避けるも「所得に応じた学校を選ぶのは当然」と主張<iza>

izaの記事(↑の魚拓で全文見れます)によると橋下知事が体罰を推進する教育論を唱えているという。
これで日本を代表する東京、大阪という2大都市の知事が子供への虐待、体罰を推進派という異常事態になった。
再三当ブログで指摘しているが、日本では子供への暴力、体罰がなかば公認されている。
最近児童ポルノ規制についての議論が高まっているが、そんな微妙な問題より子供への体罰、虐待を推進する人間が多いことのほうが問題だ。
以下にizaの記事から橋下知事の発言を抜粋して紹介する。

さらに(橋下知事が)「先生が殴るけるなどの指導ができないのは、府教委が厳しくし過ぎているからだ」と訴えるなど、独自の教育論を展開した。


東京の石原慎太郎知事、大阪の橋下徹知事も推進する子供への体罰と虐待。これが深刻な凶悪犯罪を生む温床になっている。
例えば暴力による体罰が正当化されている体育会系、とくに橋下知事もやっていたラグビー。
去年2007年関東学院大ラグビー部員の部員の多くが大麻を吸引するという事件をおこして警察に逮捕された。また全国の高校生、大学生のラグビー部員が女性をレイプ未遂や強姦で捕まる事件が多発している。
なぜラグビー部員がレイプや大麻といった犯罪に走るかといえばそれは暴力を先生や先輩から日常的にふるわれてストレスを受けていることが原因である。
毎日はげしいストレスを受ければ自覚症状が薄いまま脳が異常行動を起こして犯罪に走りやすくなる。
こういった暴力による虐待を認めれば今多発しているいじめの問題もますます増えていくだろう。
暴力をふるうことに快感を覚える異常な教師が生徒を殴ることを公認すれば、ストレスを受けた生徒は弱いものへとはけ口を求めるだろう。
こういった暴力や虐待を奨励するような政策をおこなえば、まちがいなく弱い者、女性や子供たちにしわ寄せがきて犠牲になってしまう。
橋下徹知事がやろうとしている体罰推進政策は、レイプ魔増産政策と言い直しても良いだろう。とてもじゃないが教育論などと呼べるものではない。
fc2ranking
ブログランキングバナー

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析