レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2007年04月

裁かれる極右マスコミの誹謗中傷報道!

「朝鮮半島出身は捏造」 土井たか子氏、出版社側提訴

この土井たか子氏を誹謗中傷する記事を書いたのは花岡信昭産経新聞客員編集委員。
現在はなんと拓殖大学大学院教授、すごい人を拓殖大学は教授にしてるね(笑)
この人今でも日本経済新聞系列の雑誌でたまに記事書いてるね(笑)
これだけの悪質な誹謗中傷事件をおこしておいて、いまだに花岡信昭が堂々と記者をやっていられるってすごいね。
日本のマスコミが常日頃からいかにデマばかり流していて、それをまったく反省していないことがよくわかる。
花岡のような人間を使っているとは、全国紙の中で一番まともといわれる日経だがじつはそうでもないかもね。

ネタ元である月刊誌「WiLL」の編集長花田 紀凱氏は、1995年男性誌マルコポーロで「ホロコースト虚構説」を特集し雑誌を廃刊に追い込まれている(マルコポーロ事件)
花田 紀凱氏の得意技は朝日新聞批判。
ネット右翼、極右、ヤクザと同じ主張です。
反社会的なところが両者の共通点だ。

こういった捏造記事を書いて国民に故意にデマを流せば、国民の判断基準がゆがんでしまう。
国民が理性的な判断をするには、マスコミからの正しい情報は不可欠だ

社民党元党首の土井たか子氏が朝鮮人であり北朝鮮と深い関係にあるといった誹謗中傷プロパガンダをネット右翼は2chはじめネット上でさかんにしていた。
ネット右翼に知性、理性、良心があるなら土井氏に謝罪するべきだろう。

花田 紀凱氏は雑誌クラッシャーと言われ次々廃刊においこまれている
こういう捏造、誹謗中傷記事が昔はうけたのかもしれないが、今はもう時代遅れなのだろう
日本人が昔よりは知的になったということか
日本人は悪意を持った勢力の誹謗中傷プロパガンダに騙されず、正しい情報を基に誰に投票するか判断して欲しいものだ

(2010/02/11追記)
土井たか子さんの勝訴が2009年09月に確定していますね。
2010年2月現在マスコミはいまだに自分たちに不利益なことをする政治家への誹謗中傷を続けています。



2009/09/29のスポーツ報知より引用
★土井たか子元議長の勝訴確定

 元衆院議長の土井たか子・社民党名誉党首が、月刊誌「WiLL」の記事で名誉を傷つけられたとして、
発行元のワック・マガジンズ(東京)と花田紀凱編集長らに慰謝料1000万円などを求めた訴訟の上告審で、
最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は29日、出版社側の上告を退ける決定をした。
200万円の支払いを命じた一、二審判決が確定した。

 一、二審判決によると、ワック社側はWiLL2006年5月号で北朝鮮による拉致問題を取り上げた際、
土井氏について虚偽の内容の記事を掲載、土井氏の社会的評価を低下させた。

スポンサーサイト

テーマ : ジャーナリズム
ジャンル : 政治・経済

バイクの駐輪場を整備せずに、苛烈な駐車違反取り締まり

バイクどこに止めれば、都内で駐車場不足 【日本経済新聞】

バイク、自転車が都内に駐車できる場所が少なくなってきている
駐車取り締まりが強化されたからだ

駐車できる場所が少なければ、バイクや自転車で移動できづらくなる
国民への権利侵害である

バイクや自転車は低所得者が使っていることが多いと思う
苛烈な駐車禁止規制は彼らの足がなくなってしまうことを意味する

私も自転車を使っているのだが、東京都内で駐輪できる場所が少なくて困ったことがある
自転車乗りを意図的に排除しているのではないかと疑いを持った

こういった片手落ちな交通行政が行われる原因は二つあると思っている
ひとつは国民の権威意識の低さ、法律や国の制度に対する無知である
日本国民はいくら搾取されようとも、抗議しない

もうひとつは警察行政に問題がある
警察にすれば、交通違反の違反金を国民から徴収するのはおいしい収入源なのだ
であるから、できるだけ国民が交通違反を犯すように交通行政をしていく
そういった意識が、駐車違反の規制だけ厳しくして駐車場は作らないという国民の利便性を無視した交通行政をさせている
駐車するところがないライダーが駐車違反をするように仕向けておいて金をまきあげるというのは盗賊だ
警察のトップ警察庁長官が官僚出身で、民意を反映していないのも警察の国民搾取に歯止めがかからない原因のひとつだ

私が以前から指摘していたことだが、警察とマスコミの癒着がある
マスコミは警察からの情報が欲しいあまり御用報道をするのだ
マスコミが警察の太鼓持ちをやるみかえりに、警察から情報を提供してもらう
今回日本経済新聞が国民の立場から警察行政批判記事を書いてくれたのを私は評価したい
交通行政は日本国民の生活に直接重大な影響を与える
現在のような警察が国民を搾取する意図が見え見えの交通行政は変えなければならない

テーマ : 検察・警察の腐敗
ジャンル : 政治・経済

笑えた選挙ポスターへのいたずら書き

太田


↑クリックで拡大!


いたずら書きというと、「おま〇こ、ちん〇」、「セックスしたい」などとお下劣なものが多い
書いた人の品性を疑いたくなるようなものが多い
そんな世知辛い世の中で心癒される落書きに出会いました

公明党のプリンス太田昭宏さんのポスターにいたずら書きがされてました
太田さん、少女漫画チックにされてます
ものすごいいい人そうに見えるなあ
さすがプリンス^^
ポスターへの落書きはたぶん公職選挙法違反です^^;
良い子は真似しちゃだめだぞ

公明党 衆議院議員 太田昭宏 Website
http://www.akihiro-ohta.com/

テーマ : 選挙に行こう
ジャンル : 政治・経済

小泉、安倍首相、大臣任命のやり方の違い

「キリギリス」の国にするのか!=休暇促進案に財務相反発-6日の諮問会議 【時事通信】

尾身大臣があきらかに閣内不一致発言をしていいる
尾身大臣の言っている「長時間労働をすれば経済力が上がる」というのは日本の年寄りの信じる典型的な迷信だ
最近安倍内閣の大臣の失言が多い
小泉首相の時はここまで失言や不祥事がおこらなかったのではないか

安倍首相自身が失言が多いので大臣にあまり強く言えないのか

小泉首相が大臣を任命する時には必ず人物を事前に腹心の飯島秘書官が調査したそうだ
飯島秘書官が田中真紀子外務大臣を更迭する前に調査すると、田中真紀子の事務所の秘書が短期間で次々辞めていることがわかったという
田中真紀子の事務所では職員の定着率が低かったのだ
一般的に職員の定着率が悪い政治家の事務所は政治家に問題があることが多いという
企業でも問題のあるところは従業員の定着率が悪い
飯島秘書官の報告をうけて、小泉首相は田中真紀子外務大臣の罷免を決断した
優れた人材を大臣に任命するといった点では小泉首相のほうが安倍首相より優れていたのではないか

総理大臣が大臣を任命する前に事前に調査をするというのは、株式投資にも通じるものがある
株も買う前に企業を調査するのが大事であるo(^-^)o

テーマ : 安倍晋三
ジャンル : 政治・経済

データでふりかえる平成19年東京都知事選挙

石原慎太郎氏が都知事に再選されました
石原さんは得票率約54%で、当選
石原さんの開票区別の得票率を見ると、けっこうおもしろい
石原さんの文京区の得票率が47.98%、世田谷が48.57%、杉並区が47.16%と比較的低い得票率
比較的読書人の多そうな区が得票率が低いのかなと思った
新聞や本をよく読む人は石原氏再選の危険性を理解しやすいはず
テレビや漫画しか読まない人は石原さんの危険性をなかなか理解できないだろう
世田谷区は下北沢の再開発をめぐって地域住民との対立があったのが影響しているのかも
石原さんは他の区は56.76%の墨田区をはじめ50%以上の得票率を得ている
管直人の地元である武蔵野市、小金井市、府中市、三鷹市なども石原さんの得票率は比較的低い
離島での石原さんの得票率はとても高く、70%以上だ
ただし、小笠原村では46.86%と比較的低い
空港建設問題や超高速客船『テクノスーパーライナー(TSL)』の就航断念が影響しているのかも
離島は投票率が高く、70%前後だ
離島の住民は都会より忙しくなく生活にゆとりがあるのが高い投票率につながっているのではないだろうか

平成19年 東京都知事選挙 投票結果
http://megalodon.jp/?url=http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/h19tijisen/tiji_kekka/h19chi_tou_2200.html&date=20070410232449

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

非義勅命は勅命に有らず

非義勅命は勅命に有らず
幕末の薩摩藩士であった大久保一蔵(大久保利通)が西郷吉之助へあてた書翰の中で「非義勅命は勅命に有らず」という言葉がある
勅命とは朝廷がだす命令である
下記は大久保の書いた書翰の現代訳である

至当の筋を得、天下万人がご尤もと承知してこそ勅命と申せるのであり、非義勅命は勅命にあらず故、このことこそ、従わないとする理由であります。

大久保は長州再征の勅命が幕府の私利私欲、保身からでたものであると考えこれは非義(不正義)であると言っている
この発言から大久保の公共心の広さ、合理的思考が見てとれる
封建時代の武士とは思えない能力である

「至当の筋を得、天下万人がご尤もと承知してこそ・・・」というのは、社会学でいうところのコンセンサスだ
一部の勢力が狭い公共心で私利私欲に走り国権(勅命)を発動するべきではないのである
合理的な政策を天下万民が理解して、承知した上で国事はなされるべきなのである
大久保は政治の本質をシンプルな一文で表現していると思う

参考サイト 幕末備忘録

http://www2.odn.ne.jp/kasumi-so/bakumatu/index.htm

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

砂町銀座で石原慎太郎にばったり

砂町銀座


石原


石原慎太郎氏の演説に砂町銀座でばったりであいました
横田基地の民間利用と東京五輪開催を訴えるも聴衆ののりはいまひとつ
さくらがタイミングよすぎるところで声援と拍手をしていてばればれ
さくらは東京五輪開催のくだりでやたらと訓練されすぎた声援をおくっていた
選挙応援の見返りに仕事欲しいゼネコン関係者じゃないかと疑いを持った
さくらに影響されずに、聴衆は冷静に石原氏の話を聞いていたような印象を受けた
黒シール事件の時に現行犯逮捕された第一秘書、栗原俊記も選挙を応援しているのだろうか?
彼は鹿島の社員とHPに書いてあったが本当なのだろうか
本当みたいですね^^;

写真上 演説を聴く聴衆とTVカメラ
写真下 選挙カー上で演説する石原氏

テーマ : 選挙に行こう
ジャンル : 政治・経済

掲示板のあらしの心理

ネット掲示板であらしといわれる人がいる
彼らはさまざまな嫌がらせを掲示板で行う

あらしに対する対処として、「あらしは放置」とよく言われる
あらしに対して返信してしまうと、あらしが掲示板をあらすのをやめない傾向にあるのだろう

幼児虐待のひとつにネグレクトというものがある
日本語訳は育児放棄である
幼児は親にかまってもらわないと、他人にたいして悪いレスポンスでもいいからリアクションを求めるようになる
悪戯やいやがらせをしてでも、人の気をひこうとしてくるのである
そういった行動様式を幼児期にみにつけてしまうと、大人になってもそのままのケースが多い
ネット掲示板のあらしはそういった行動様式を幼児期にみにつけたまま大人になってしまった人なのだろう

あらしをするような人は他人とうまく付き合えず孤立してしまうだろう
彼らは他人にかまってほしくて、必死に掲示板に書込みしているのである
子供のときに獲得した行動様式だから、ほとんど本能的な欲求で人にいやがらせをしているのだろう
いやがらせをすれば他人から嫌がられて遠ざけられるので、あらしの人はその行動様式を変えない限り永遠に欲求不満で苦しむことになる
ネット掲示板であらしを見るたびに、うぜえなこいつと思うと同時に寒々とした気持ちになってくる
彼らがあらしをやめるのは、彼らが自分と向き合って自分がなぜそういう行動をとるのか理解した時である

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析