レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 2007年03月

国旗国歌強制を推進するキャノン会長御手洗氏の真の目的

国旗国歌強制しようとしている勢力を見ていると、戦前にあった「極右勢力、暴力団と大企業」VS労働組合の争いを思い出す
戦前は労働組合を結成しようとする労働者と企業の間で争いが絶えず、企業が暴力団を雇い労働組合を結成しようとする労働者を襲わせることが横行した
ちょっと前に中国で用地買収したい共産党が、用地買収に反対する農民を武装勢力に襲わせているとするスクープ映像がNHKニュースで放送されていた
日本でも昔はそういったことが頻繁におきていたのである
今起きている国旗国歌強制問題も「極右、ネット右翼と大企業、政治家」VS労働者、一般市民といった構図ではないだろうか

キャノンの偽装請負が社会問題として取り上げられている
経団連会長の御手洗富士夫氏が会長を勤めるキャノンが偽装請負で行政指導を受けたのだ
偽装請負とは、労働者を違法に安いコストで働かせるために企業が実体と異なった契約を労働者としていることである
偽装請負により労働者は不当に安い賃金で働かされることになる

この経団連会長、キャノン会長である御手洗氏は熱心な君が代、日の丸強制推進論者である
御手洗ビジョンというものをだしている
私は御手洗氏の狙いは不当に安い賃金でも、文句を言わずに働くように子供を学校で教育するのが目的ではないかと思っている
国旗国歌を学校で強制することで、子供たちに不合理なことでも服従するように洗脳するのだ
大企業と政府のおそろしいコラボレーション、連携プレーである
これ以上ないというくらい見事な官民の癒着である

私は2台キャノンのプリンタを買ったことがあるが、ほとんど使用していないのに2台とも1年程ですぐ壊れた
それ以来キャノンのプリンタは買わないことにしている
キャノンは利益をだすことばかり考えて顧客サービスをおろそかにしているのではないか?
そんな企業が長続きするのか疑問である

同じく国旗国歌強制を推進する東京都知事である石原慎太郎氏は戸塚ヨットスクール校長の戸塚宏氏を応援する会会長である
戸塚ヨットスクールの戸塚宏氏はヨットスクールの訓練生を5人も角材で殴って、死においやり傷害致死罪で有罪になった人物である
石原さんはいったい戸塚宏氏のどこを応援しているだろうか?
教え子を5人もいきすぎた体罰で殺した教育者を応援する理由はいったいなに?
私には石原氏は暴力団と同じように、人を暴力で屈服させるのを好む一種の神経症を患っているようにしか見えない

国旗国歌強制しようとしている人間をよく観察してみると、暴力や不法行為とのつながりがでてくる
国旗国歌を国民に強制しようとしている勢力に邪悪な意図を感じるのは私の考えすぎだろうか?

来月4月8日に統一地方選があります
私のところにも投票券が郵送されてきました
日本国民が将来に向かってどういう決断をするのか注目している
スポンサーサイト

石原慎太郎氏の人格と知的レベルに問題あり

戸塚と石原


戸塚ヨットスクール事件 を皆さんご存知でしょうか?
戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長が5人の訓練生をヨットの部材(角材)で殴打し、殺したり死に追いやった事件です
戸塚宏校長は懲役6年の判決を受けたあと、現在も戸塚ヨットスクールを運営しているようである
戸塚宏校長は5人もの訓練生を死においやっておきながら、いまだに体罰を肯定している

その「戸塚ヨットスクールを支援する会」 というものがある
そこの会長が石原都知事、そう石原慎太郎氏なのである
上記のリンクを開くと、笑顔の石原慎太郎氏の画像がある

2006年10月に戸塚ヨットスクールでうつ病の訓練生が溺死している
戸塚サイドは「彼は精神科に行ってさえなければ助かっていた。精神病院に行けば大量に薬を飲ませ症状が悪化する」「薬を減らして成果が上がっていた」とコメントしている
精神科医が薬を飲まなければいけないと判断したうつ病患者に対して、戸塚ヨットスクールが素人考えで薬を減らしちゃって結果うつ病の訓練生は自殺したのだ
この例からみても、戸塚宏校長の教育理論は科学的とはいいがたい
単なる個人の思い込みといったレベルだろう

石原慎太郎氏はそんな戸塚宏校長の教育論に心酔しているようである
累は友を呼ぶというが、戸塚宏校長と石原慎太郎は人格が似ている
二人とも科学的な思考ができないという点だ
5人もの訓練生を死に追いやって反省しない戸塚宏校長、外国人や女性を侮辱する発言をしながらまったく謝罪しない石原慎太郎氏、よく似ている

私はこんな問題のある人物に心酔している石原慎太郎氏の人格と知的レベルに疑問を持っている
石原慎太郎氏が都知事に再選されれば東京都の教育は石原慎太郎氏の応援している戸塚宏氏の教育理論で行われる可能性もある
私は東京都民として、青少年にそんな教育を受けさせるのは反対である

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

日本の権利が危ない!!

中国の地上げ

この写真は中国のものです

重慶の開発業者が、立ち退きを拒む住人の家のまわりを9m掘り下げました
>>「家の持ち主が移転しようとしないので、開発会社が強制的に移転させるためまわりを全部掘ってしまいました。」
>>「200万元(約3000万円)の補償金で納得するか、あるいはいつまでもあの家から出られずにいるかのどちらかです。」
>>とWeilian不動産会社の社員は語った

権利意識の低い中国ならではの光景です

最近日本の安倍政権では国民の権利を合理的な理由なく制限しようとしています
伊吹文明文部科学大臣がNHKに出演していた時に「日本人は権利のメタボリックになっている。権利というのは卵と一緒で栄養があっていいものだが、とりすぎると体に害がある」などとわかるようなわからないようなことを言っていました
現行憲法でも、国民の権利は公共の福祉のためという合理的な理由なら制限可能です
なぜわざわざ伊吹文明文部科学大臣のようなわかりづらい表現を使う必要があるのでしょうか?
私は国民の権利を合理的な理由なく権力者の都合よく制限するための詭弁だと感じました

先日最高裁判所が国旗国歌訴訟問題「卒業式で国歌の演奏を拒否した女性教諭に対する懲戒処分」を認める判決を下しました
最高裁判所の長官、判事は内閣が直接任命するので政治の影響を受けやすいです
安倍首相の意図を最高裁判所はくみとったのではないでしょうか
石原慎太郎都知事が学校に対する国旗国歌の強制を押し進めているわけですが、彼が国旗と国歌を国民に強制する合理的な理由を説明したのを聞いたことがありません
国民の権利である「思想良心の自由」を制限するわけですから、合理的な理由を説明する義務があるのです
石原都知事に国旗国歌強制の理由を記者がたずねても、いつもの人を馬鹿にした態度であいまいなことを言うばかりです
今年の東京都知事選で石原都知事が再選されれば、安倍晋三、石原慎太郎という極右政権がますます自分たち権力者に都合のいいように国民の権利を制限しはじめる可能性は高いでしょう

われわれ日本人の多くは生まれたときから権利が保証されており、毎日空気を吸うがごとく当然に恩恵を得ています
権利がない国のニュースに接して、はじめて自分たちの権利の尊さに気づく人もいるかもしれません

そういえば安倍晋三首相の後援会「安晋会」会長のアパグループ元谷外志雄会長が耐震強度偽装問題をおこしましたね
アパグループの耐震強度偽装はイーホームズ元社長の藤田東吾氏によって告発されたにもかかわらず、国土交通省はなかなか調査しようとしなかった
アパグループも中国のWeilian不動産会社と同じ不動産開発業ですなあ
よくよく考えてみると日本も中国も権力者や大企業といったイスタブリッシュメントが国民を搾取する手口というのは驚くほど似ていますね
ただ、日本は中国ほどひどい搾取はされません
日本が上の写真の中国のようにあからさまに国民が搾取されないのは権利があるからなのです

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析